恋愛経験ゼロ男子、編集長Shinnojiと愉快な仲間達が繰り広げる、日本一振り切った、キミを笑顔にする恋愛メディア。

独身が不安でたまらない女子がすぐに取るべき行動

独身が不安でたまらない女子がすぐに取るべき行動

ずっと独身はやっぱり不安!

周りの友人はどんどん結婚していき、気づくと自分だけが独身。

将来の事を考えたり、「今はまだいいけど、30代に突入したら、私だけ結婚できなかったらどうしよう……」と、不安になってくる女子も多いのではないでしょうか。

20代に入ると女子の間でも徐々に増えてくる結婚の話題。ノリや勢いだけで彼氏とお付き合いできるのは若い頃だけ、昔は気にしなかったのに、彼のステータスが気になる、なんて事もあるでしょう。

・それでも、自分が幸せになる為には少しずつ行動し、新たな世界を切り開いていかなければいけません

では、独身女性にとって、幸せな結婚に向かう為にできる行動には、どんなものがあるのでしょうか。

「これ」と言った正解って、普段生活していても、あまりわかりませんよね。

でも貴女の周りの独身女性、中には幸せに向かってやっている人もいるかもしれません。

まだ結婚に焦っているわけじゃないけれど、独身で居続けて、周りが結婚しはじめたらやってくる不安に対して、独身女性が取れる前向きな行動はピックアップです。

SNSを辞める、控える

独身女性で居続ける事がふと不安になる原因のひとつには、FacebookやInstagram、Twitter等のSNSで通知される、友人知人の結婚、出産報告があります。

スマホひとつでお手軽に友達の近況を知れるようになった昨今。大切な友人なら、直接結婚の報告をしてもらえる事は嬉しく思いますが、それほど深いお付き合いというわけでもない友人の場合、赤ちゃんの写真や、ウェディング姿の写真がアップされているのを見て、SNS経由で近況を知るのも珍しくはありません。

ふと暇つぶしに眺めていたInstagramやFacebookで突然、友人が幸せそうに婚約指輪の写真をアップしている姿や、既に出産を終え、子育てに奮闘している姿を見てしまうと、自分と比較し、なんとなくその既婚者の女性がキラキラして見えたりして、焦りや不安を感じてしまうものです。

・SNSには人と人の繋がりという面では良い働きをしますが、それを見る事によって知らず知らずのうちに人と自分を比べてしまうという弊害もあります

SNSを辞める事によって、結婚できるわけではありませんが、人と比べる事を自然に辞める事ができ、自分自身の独身に対する不安が少しは和らぐはずです。

実際にSNSを辞めると、今まで無意識に見栄を張っていた事や、何かに縛られていた事に気づき、気持ちが楽になる事に気付くという人も多く、SNS疲れからSNS離れに拍車をかけています。

独身の不安を払拭する為、完全にSNSを辞める必要はありませんが、繋がっている事で常に相手の事を気にしなければいけないのも考えもの、閲覧頻度を見直してみるといいでしょう。

女友達だけの集まり

独身、既婚に関わらず、女性だけで集まって、恋バナや近況を報告し合う女子会。そんな楽しい女子会も、独身でいる事が不安な女性にとっては、あまり生産的ではありません。

もちろん、仲のいい友達と近況を連絡し合うという意味で女子会は大変有意義なものですが、毎回大人数で、同じようなメンバーでワイワイと集まっていても、恋愛がはじまるわけでもありません。

女子会に参加するいくらかの時間を、堅実に婚活パーティ等に割いて、自分の出会いと幸せのために婚活に励んでいる女性も、近頃は増えてきました。地道な努力ができるのとできないのとでは、いずれ来る結婚ラッシュに大きな差が出てしまうかもしれません。

・女子会だけでなく婚活パーティにも参加している女性は、男性と話す機会もあり、異性の目を自然と意識するようになるので、より女性らしさを磨く事ができます

もし。その時の婚活パーティでいいご縁に巡り合えずとも、次に活かすために勉強できる事は多々あります。

相対的に見て、女子会にばかり参加している女性と、地道に婚活も行っている女性となら、後者の方がいい出会いに巡り合える可能性は必然的に高くなります。

最近は婚活を意識する女性は多く、のほほんと女子会ばかりを繰り返していたら、そこに誘っても来なかった付き合いの悪い女子からどんどん結婚していく、なんて事もあるようです。

次からもっと深く考えていきましょう。

結婚相談所・婚活サイトに登録する

結婚相談所・婚活サイトに登録する

結婚相談所や婚活サイトに登録すると言うと、ハードルが高く、抵抗を感じる女性は多いかもしれませんね。

それに、登録したからと言って結婚できるという保証も、もちろんありません。

それでも結婚相談所や婚活サイトの利用をおすすめする理由は、少しでも結婚に対して真剣な異性と出会う機会を増やすため。

合コンの場合だと、相手の職業や年代も、出会いの意図も様々ですよね。貴女が結婚を前提にできる人を探していても、相手はただ彼女が欲しいだけ、という事もよくあります。

そういう意味で、確実に結婚を視野に入れて活動されている異性と出会う事ができる結婚相談所と婚活サイトは、真剣な女性ほどおすすめなのです。

自分の予算に合わせて低価格で始める事もでき、さらに今の自分に対して的確にアドバイスをもらう事もできますので一石二鳥です。

・婚活は、どんなに小さくても行動する事が何より大切です

さらに、それをだらだらと続けるよりも、独身に不安を感じているようであれば、毎週「この時間だけでも」と、しっかり集中する時間を決めて、しっかり婚活する方がいいでしょう。

相手の状況が簡単に知れるSNSはそれはそれで便利ですが、それがストレスになったり、意地を張ってしまっては意味がありません。

また女子会も、頻繁に行う事で、自分の為の時間が少しずつでも削られてしまっている場合があります。

女性の20代後半~30代はあっという間と言われます。

婚活でも恋愛でも後悔せずにいきたいですね。

【PR】

《『意識してる人はいるけど……』 夏に一人ぼっちなんて絶対嫌!! 奮起して告白した彼女を勇気づけたモノ》

「知り合って1年になる想い人の彼となかなか進展がなく最近焦りを感じてました。この気持ちは私だけなのかな……。と半ば諦めかけていましたが、友達にココを教えてもらい、思い切って相談してみました。お互いに意識はしてるけどもう一歩が足りない、彼はきっかけを待ってるというアドバイスをもらって、このままモヤモヤしてるのも嫌だと思って、思い切って告白!!(しかもLINEで笑) チョー緊張したけど彼は ”オレの方こそ、好きなのに言えなくてゴメン”って……!! 今度はじめて”恋人として”一緒に映画デートします! これを知らなかったら、ずーっとモヤモヤしてたのかな?? お礼の言葉が見つかりません。ありがとうございました!」

《診断してみる》

  • そっとシェアしてやってくれ

無理にとは言わないから

365 劇場

【365劇場#52】初デートで告白するのはあり?なし?

365 Twitter

  • 365編集長 Shinnojiとは?
  • あの金は愉吉だ!
  • 宇宙人ぺとらのダイエット企画!
  • ぺとらちゃんの銀河系広報の人気に嫉妬
  • ここにバナー?お問い合わせぞよ
  • 編集長Shinnojiがガチの恋愛相談したらこうなった(自腹)
365がぁるとは?

PAGE TOP