恋愛経験ゼロ男子、編集長Shinnojiと愉快な仲間達が繰り広げる、日本一振り切った、キミを笑顔にする恋愛メディア。

大体さぁ、考えすぎだって女の子はw 素直に話して下さいよw by草食系男子

脈なし? デート代を奢ってくれない男性の心理と本音

脈なし? デート代を奢ってくれない男性の心理と本音

デート代を奢る事の意味

女性も男性と対等にお金を稼ぐ昨今ですが、「デート代は男性に奢ってもらうもの」と考えている人もまだまだいます。

確かに食事やレジャーにお金をかけてくれるのは愛情表現として最もわかりやすいものです。

結婚式でもお祝いの気持ちをご祝儀として包むように、お金で思いを表すというのは一つの手段として成り立っています。

・でも本当にお金だけを判断基準にしてもいいものでしょうか

愛情をお金で測って不安になる前に、デート代を奢る男性の心理を今日も一緒に考えていきましょう。

「お金=好意」の時代は過去のもの

最近の男性がデート代を奢ってくれない最大の理由は「お金がないから」です。

ひと昔前の男性であれば財力がある事をアピールする為に毎度のデート代を払ってくれたでしょう。

しかし世の中は不景気、残業代やボーナスのカットされた会社も増えています。

そうした社会の様子を無視して「あの人は奢ってくれないからケチ」とレッテルを貼ってしまうのは少し考えものかもしれません。

もう一つの理由は「対等な付き合いをしたい」という考え方。

・最近は恋人関係に限らずフラットで対等な人間関係を好む人が増えていますから、お金に関しても平等な負担をしたいと考える男性が多くなっています

奢るにしても交互にお金を出すという付き合いが好まれる傾向にありますから、一方的に奢り続ける付き合いに不平等感を感じる男性も少しずつ増えています。

お金が好意のバロメーターになる時代はもう過去のものです。

時代遅れな考え方はやめて男性に歩み寄る姿勢を身につけなければいけないのかもしれません。

男性が見ているのは奢った後の態度

それでも男性にも意地や見栄がありますから、奢ってくれる事もあるでしょう。

でも、男性の目的は財力のアピールでも相手の関心を引く事でもありません。

・奢る時の男性の本音は、ズバリ「奢られた後の女性の態度のチェックをしたい」です

「ここは僕が出すよ」と言えば笑顔で「ありがとう、ご馳走様」と言ってくれるかどうかを見ています。

さらに前述の通りフラットな関係を望む男性なら、食事の後に寄った喫茶店で「さっきは出してもらったから、コーヒー代は私が出すよ」という一言があるかどうかを見ている、なんて事も。

打算的というとそれまでかもしれませんが、男性はお金を出す事で女性の人間性を測っている事があります。

・「奢ってくれたから脈アリだ」と考えるのは早計。「奢った結果、この女性とは次はナシ」と判断される事だってありうるのです

初デートでは奢ってもらえたのに次第に奢ってもらえなくなった。そういう場合は自分の態度を見直し、傲慢な振る舞いをしていないか振り返ってみましょう。

深いテーマですが、次からもっと深く考えていきましょう。

相手と自分の立場を考える

相手と自分の立場を考える

女性は仕事をしているけれども男性は学生、という事もあるでしょう。

二人とも働いていても、女性の方が収入の高い事も珍しくなくなりました。

そして、相手が年下か年上かによっても、持っているお金は変わってきます。そうなれば男性が奢ってくれない理由も明確ですね。

この場合、多くの男性は「僕がこんな立場だから奢ってあげられなくてごめんね」という気持ちを隠し持っています。

「あの人はデート代を奢ってくれなかった」と不満を感じているのなら、一度相手の立場をよく考えてみましょう。

収入は高くてもローン等で月々の支払いがあるのかもしれません。

・それこそ、三十代前後なら友人の結婚式が続いてご祝儀が嵩んでいるのかもしれません

自分のお財布事情を振り返ればわかる事ですが、お金というのは自分の想像もしないところに飛んでいくものですよね。

ましてや他人のお金の行先なんてわからないのです。お金の増減というわかりやすい現象の背後には複雑な事情が絡んでいます。

相手の立場を思いやる想像力を持つ事も必要です。

奢るかどうかよりお金の使い方を見て

前述の通り社会情勢や求める人間関係像の変化を受けて、「デート代を奢るか奢らないか」は相手の好意を測る基準ではなくなってきています。

・それよりも注目すべきは相手のお金の使い方です

割り勘の時に一円単位で計算するような男性はどうでしょうか。

几帳面なのは良いのですが少し細かすぎて窮屈な思いをするかもしれませんね。

逆に、送別会や歓迎会等の場で気持ちよく主役に奢ってあげられる人はどうでしょうか。お金をかけるべきところがよくわかっている、真心ある人です。

ボーナスの時期なら「何に使う?」という話もしやすいでしょう。「貯金する」という人は結婚してからの安心感があります。

入ったお金をギャンブルにつぎ込んでしまうような人とのお付き合いは少し遠慮したいところかもしれません。

・「デート代を奢るか奢らないか」というのはお金の使い方のほんの一部、大切なのはもっと総合的に相手のお金の使い方を見る事です

男性のいろいろな部分をお金の使い方という側面から見てみると、お金以上の人格的な要素が見えてくるはずです。

ケチな彼氏と結婚したくない! ケチ彼の特徴

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

【PR】

《『意識してる人はいるけど……』 夏に一人ぼっちなんて絶対嫌!! 奮起して告白した彼女を勇気づけたモノ》

「知り合って1年になる想い人の彼となかなか進展がなく最近焦りを感じてました。この気持ちは私だけなのかな……。と半ば諦めかけていましたが、友達にココを教えてもらい、思い切って相談してみました。お互いに意識はしてるけどもう一歩が足りない、彼はきっかけを待ってるというアドバイスをもらって、このままモヤモヤしてるのも嫌だと思って、思い切って告白!!(しかもLINEで笑) チョー緊張したけど彼は ”オレの方こそ、好きなのに言えなくてゴメン”って……!! 今度はじめて”恋人として”一緒に映画デートします! これを知らなかったら、ずーっとモヤモヤしてたのかな?? お礼の言葉が見つかりません。ありがとうございました!」

《診断してみる》

  • そっとシェアしてやってくれ

無理にとは言わないから

365 劇場

【365劇場#52】初デートで告白するのはあり?なし?

365 Twitter

  • 365編集長 Shinnojiとは?
  • あの金は愉吉だ!
  • 宇宙人ぺとらのダイエット企画!
  • ぺとらちゃんの銀河系広報の人気に嫉妬
  • ここにバナー?お問い合わせぞよ
  • 編集長Shinnojiがガチの恋愛相談したらこうなった(自腹)
365がぁるとは?

PAGE TOP