恋愛経験ゼロ男子、編集長Shinnojiと愉快な仲間達が繰り広げる、日本一振り切った、キミを笑顔にする恋愛メディア。

編集長Shinnojiが自腹で電話占いに挑戦!ガチの恋愛相談をやってみました企画

本当に当たった!占いで未来を予言!?

本当に当たった!占いで未来を予言!?

さて、スピリチュアルの時間です

占いについて、深く突き詰めていきますと、「占い」と「予言」は違うのか? それとも、同じなのか? という事について、疑問に思う事もあると思います。

それは、「占いとは一体何なのか?」という事にも関わる、とても深い疑問です。

占いと予言とは、同じものでしょうか。もしそうなら、自分の運命の相手も、予め決められているという事でしょうか?

占いで、未来を予言するという事が、あり得るのでしょうか? 今日もShinnojiがプロの占い師さんに教わって参りました!

そもそも「占い」とは

そもそも、占いというものは、個人の悩み相談のために存在したわけではありませんでした。

このあたりは、誰もが歴史の教科書で習うものですが、世界中どこにでも、人間の文化のごく初期の時代にはいつも、占いと祭祀がありました。

国の長であるものは、祭祀者であり、じつに有能な占い師でありました。

・日本はその中でも、特殊な場所なのかもしれません。というのは、世界の大多数では(ごく小さな国や地域を除きますが)、大抵は祭祀者であった国の長は、何らかの権力闘争や、武力によってとうの昔に駆逐されてしまっています

どこか外国の先進国で、「自分は神様の末裔」と言い出す人がいれば、たちまちマユツバの目線で見られてしまう事でしょう。

ところが、日本という場所では、いまだ特殊な一族として息づく天皇家が存在しています。

・あまり広く知られている事ではないようですが、天皇の大切な役割は国民に手を振るいわゆるご公務だけではありません。宮中では今でも、いくつかの重要な祭祀が行われています

彼らの祖といわれるのは天照大神であって、このような国は先進国ではまず日本だけでしょう。この島国では、世界トップレベルの近代化が進む一方で、占いと祭祀のパワーが深く息づいているのです。

占いは国の未来を担っていた!?

余談になりましたが、ですから、占いとは本来は、国の未来を左右する預言の力そのものでした。

日本の中世においては未だ、政治を左右する力がありましたが、

・近代に至って占いはその力を失い、力を失うと共に庶民のものとなったのです

ですから、西洋諸国では日本よりもかなり前に、占いの政治的な意味は失われ、庶民化が進んでいたと考える事もできます。

掘り下げれば、いわゆる「魔女狩り」といったような、神秘的なものが許されない時代もありましたので、庶民でさえも軽々しく占いに触れる事のできなかった歴史もある事でしょう。

現在も占いが在り続ける理由

現在も占いが在り続ける理由

しかしそれでもなお、占いが今に至るまで、私たちの間で息づいているのは、それが「当たるからだ」と言っても過言ではないからです。

・これが全然当たらなければ、とうの昔に、世界中で占いというものが廃れていた事でしょう

それを「予言」と呼ぶかどうかは人それぞれですが、個人の事を占ってさえ、未来のどの時期に、どのような事が起こるかを、言い当てる占い師は数多くいるのです。

例えば、地震や、自然災害を予言する占い師もいます。これは、占いの根源的な利用方法と考える事ができるでしょう。

・つまり、占いが政治家のものであった時代は、自然災害の予言は非常に大切な事だったからです

現在は、自然災害を予言する事は誰からも頼まれる事がありません。

・占い業界でも、イベントで例えば「来年のできごと」を占うとしても、自然災害についてはコメント不要、という、パニックを警戒して忌避する傾向もあります。

ですから、災害を占っている占い師は少ないと思います。大体が、地球環境がこう不安定になっては、自然災害を占う意味は最早なくなっているのかもしれませんね。

では自分達の人生については?

大抵は、依頼されるのは個人の未来、恋人との未来、結婚や妊娠の時期等です。これらについても、才能さえあれば初心者でも占いで的中させる事は可能です。

・例えば中学校で、担任の先生が独身で結婚したいと騒いでいると、その時、1年生の生徒が、「先生の今期は3年後」とタロットで予言しました。その先生は、彼女が高校1年生になったときに無事、幼なじみと結婚したそうです

こうした予言は、経験を積めば尚更的中率は高まります。

同時に、占いで大切なのは、予言を必ずしも的中させないよう、アドバイスを行う事です。このままでは不幸な未来を招くといった場合には、その道を回避するためのアドバイスは占いでは欠かせないもの。

その道を探るのもまた、占い師としてのスキルのひとつだという事は、占い師も、また占いを受ける側も、決して忘れてはならないのです。

いかがでしたか?

少し歴史のお勉強みたいになってしまいましたが、今なお占いが日本に文化として根付いているのは、それで救われたり、当たった! という人がいるからです。

あなたもたまには気分転換に、自分がこれからどうなっていくか占ってもらうのも一興ではないでしょうか?

【PR】
復縁希望の女性の方へ。

「4年付き合って別れた彼の事が忘れられず、復縁したいと思い相談しました。

別れてから数ヶ月、心のもやもやは晴れず、思いは募るばかりで、1人でとても苦しい毎日を送っていました。

お互いのマンネリだったのですが、別れた時のことを話し終わると、彼との楽しかった日々がフラッシュバックし、思わず涙が溢れて、こんなにも思いつめていたのかと自分でもビックリしました。先生は「辛かったですね」と、私が落ち着くまでずっと優しい言葉をかけてくれました。

「彼も倦怠期にあなたと安易に別れてしまったことを後悔しています、きっかけがなくてどうしたらいいかわからなくなってしまっているみたいです」とアドバイスしてもらい、もっと前向きになっていいんだと思うと、スッと気持ちが軽くなりました。

電話なので、時間も気にしなくていいし、恥ずかしいとかもないですし、何よりプライバシーが守られてすごく相談しやすかったです。

恋人同士への復活はまだですが、今は元彼と毎日LINEできるようになりました。一人で彼の事を悩んでいる人は相談した方がいいと思います!

口コミどおり効果はすごかったです」(23歳/医療・福祉/専門職)

《あなたの復縁叶えます》

  • そっとシェアしてやってくれ

無理にとは言わないから

365 劇場

【365劇場#52】初デートで告白するのはあり?なし?

365 Twitter

  • 365編集長 Shinnojiとは?
  • あの金は愉吉だ!
  • 宇宙人ぺとらのダイエット企画!
  • ぺとらちゃんの銀河系広報の人気に嫉妬
  • ここにバナー?お問い合わせぞよ
  • 編集長Shinnojiがガチの恋愛相談したらこうなった(自腹)
365がぁるとは?

PAGE TOP