失恋中

失恋から前に進む為の恋愛リスタート思考

失恋から前に進む為の恋愛リスタート思考

辛い失恋から、前に──進みたい

振った振られたの悲しい失恋は恋愛にはつきもの。恋の数だけ失恋があっても、何もおかしい事ではありません。

失った恋から立ち直れず、未練深くすがりついてしまう人もいるでしょう。

そしてそれを乗り越え、立ち直る人もいます、失恋から前に進む事は難しい事ですが、不可能な事ではありません。

誰しも考え一つでその悲しみを乗り越える事は可能なのです。今日も一緒に考えていきましょう。

泣いたら、切り替える

失恋から前に進む為にベターなのは、まず泣く事。悲しみを存分に昇華させておく事が大事です。

そしてすぐに新しい恋へ進む……事は難しくても、大丈夫。失った恋を忘れる事はしなくても良いのです、それはいつか思い出になります。

・むしろその恋で何を失敗したのか、そこを冷静に考えて次の恋の経験に活かすくらいの逞しさで、人は前に進む事が出来るのです

思い出を忘れようと努力するより、冷静に考え直す、この域に到達出来るかどうかが、失恋から前に進む事が出来る、出来ないの境目と言っても過言ではありません。

感情の切り替えと、新しく何かを始める事

そうは言うものの、普通はそう簡単には切り替えられませんよね。その為におススメしたいのは、何か打ち込めるものを見つける事です。

・失恋をした時に一人でぼんやりしていると、暗い気持ちになる可能性の方が高いですよね。部屋に閉じこもらず、外に出て変化していく日常を感じ取れる「気分転換」をして下さい

もちろんこの「気分転換」は、人によって何になるのかは様々です。

それは趣味であったり、スポーツであったり……、極端な話ですが、転職してみるのも方法の一つと言えるでしょう。

・新しい仕事を始めた時は、慣れない内はそちらに気を取られるので失恋の事を考えている時間が無くなるものです。

そうでなくても大きな声を出して歌を歌ってみたり、逆にリラックスできる曲を静かに聞いたりしても心の傷は癒せます。

失恋した時こそゆっくり音楽を聴いて、心の平穏を計るのも失恋から前に進む思考回路へ切り替えるスイッチの役割をしてくれると言えますね。だからと言って無理をして立ち直ろうとはしなくても大丈夫。

あなたにぴったりの「切り替えるスイッチ」を見つけて、ゆっくりと立ち直っていけば良いのです。次からもっと深く考えていきましょう。

切り替えられたら、周囲へも感謝しよう


切り替えられたら、周囲へも感謝しよう

失恋した時は、人生のどん底とも言える程人は傷付き、落ち込みます。

・しかしそこから立ち直る事が出来たら、あなたは必ず人として成長しているはずです、時間がかかっても大丈夫、どれだけ遠回りしていたとしても、長い人生のほんの一部です

逆に「立ち直れないなんて自分は駄目なんだ」と考える方がいつまでも立ち直る事の出来ない袋小路に入ってしまいますので、自分を責める事だけは止めて下さい。

あくまであなたのペースで感情と考えを切り替えていく事が、立ち直る為の第一歩なのですから。

そして思考回路を無事切り替えられたら、再スタートできる思考になる事が出来たら。ひとつやってほしい事があります。

新しい恋を始める前に

それは、落ち込んでいるあなたの為に、元気づけようとしてくれた人は必ずいるはずです。

・その周囲の優しさ、思いやりに感謝して、もう一度貴方の人生を歩き出して下さい

そうすればまた何か辛い事があった時にも、きっと立ち直る事が出来ます、だってそんな素敵な人達が、いつでもあなたを支えてくれるのですから。

周囲に感謝して、過去を見つめ直せば自分の欠点も冷静に見る事が出来ます。その時のあなたは確かに立ち上がって、辛い失恋を乗り越える事が出来ているはずです。

その瞬間、今までよりもっと魅力的な女性になれている事でしょう。そうなったら、新しい恋は、すぐそこまで来ていますよ。

振られても好きが消えない女の子に考えて欲しい事

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも人気なので、是非合わせて参考にしてみて下さい。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

失恋中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ