彼氏持ち

カップルが学ぶべき正しい避妊の知識とは?

カップルが学ぶべき正しい避妊の知識

恋人同士でしっかりと学ぼう!正しい避妊の知識

恋人同士なら、心も身体も繋がり合いたいと思う事は何らおかしい事ではありません。

しかし、安易な性的交渉はお互いの身体に、そして今後へのリスクを高める事になります。

・その為にも、正しい避妊方法、そして避妊具の正しい使い方を学んでおく必要があります

間違った知識は妊娠の危険だけでなく、性病等、身体へのリスクを高める事になる事をしっかりと知っておきましょう。

・そして女性の皆さんももっと避妊の仕方、方法について正しく知る事は重要です

彼氏の避妊の知識が間違っている可能性だってあります、自らの身体を護る為にも、女性であっても避妊を男性任せにしないように注意しましょう。

避妊の失敗談を聞いて笑っているそこの貴女、次にその立場にならないようにも、しっかりと正しい避妊方法を今日も一緒に考えていきましょう。

完璧な避妊はない!だからこそ正しい避妊知識を

まず言っておきたいのが、良く聞く「安全日」というもの。

これが避妊に対する大きな落とし穴だという事を知っておきましょう。

・まず安全日は「妊娠しにくい日」であり、絶対に「妊娠しない日」ではありません

そしてその日は妊娠しにくいと言っても、精子は体内で数日生きるのでその間に安全日が終われば妊娠する可能瀬は十分にあります。

それから、安全日の計算は正しく生理が来ている人だけが計算出来ます、生理不順の人は安全日を正確に割り出せないのでご注意を。

・安全日だからと言ってコンドームを使用せずに性行為を行って妊娠してしまう人が多いのはこれらの理由をしっかりと理解していないからです

この事を理解した上で、安全日でもきちんと避妊をして下さいね。次からもっと深く考えていきましょう。

確実性を意識するなら、ピルの併用。しかしリスクも


確実性を意識するなら、ピルの併用。しかしリスクも

一般的にコンドームを正しく使用していれば、避妊確率は98%と言われています。

この事から分かるように、コンドームはとても高い避妊効果があります……が、それでも完璧ではありません。

また「正しい」使用方法が出来ていなければ、その避妊効果は下がってしまい妊娠率も高くなってしまいます。

ですから避妊を男性任せにはせず、女性でも出来る避妊方法を知る事も自分の身を護る為に重要な事です。

その中でも有名なのが、ピルですね。ピルには普段から飲むピルと、セックス後72時間以内に服用するアフターピルの二種類があります。

これらを併用する事で更に完璧に近い避妊効果が期待出来ます。

・ですがピルは少なからず女性の身体に負担がかかるので、自分の体調と相談して服用して下さい

それからあまり知られてはいませんが、女性用コンドームというものもあります、こちらは男性用のコンドームと似ている物で、膣内に装着して使います。

もちろんこの女性用コンドームも正しい使い方をしないと破れたり、穴が開いたりしてしまう恐れがありますので、特に爪を伸ばしている方は注意して装着しましょう。

コンドームの必要性は、避妊だけではない

最後に、例えピルを飲んでいるからと言っても、男性がコンドームを使用しなくて良いという訳ではありません。

・コンドームは性病予防、性感染症予防というもう一つの大きなメリットがあるからです

気を付けていてもどこで感染症にかかるかは分かりません。

特にパートナー、貴女と共に不特定の相手と性交渉に及んでいるなら必ずコンドームを使用してから性交渉に及びましょう。コンドームを使用してのSEXは、パートナーへのマナーである事をお忘れなく。

・相手の身体を大切に思うからこそ、避妊をする

そして同時に自分の身を護る為に、正しい避妊の知識を身に付けて下さい。それが愛する人と触れ合う時のマナーです。

彼氏が避妊してくれない彼女さ~ん、別れなさい

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも人気なので是非合わせて参考にしてみて下さい。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ