彼氏持ち

大丈夫!失敗しない彼氏の慰め方、励まし方

大丈夫!失敗しない彼氏の慰め方、励まし方

仕事だったり、受験だったり、部活の試合だったり。些細なミスから大事故に繋がってしまうなんて事だってあります。起きてはいけないミスが起こる時、失敗してしまった時、人は落ち込みます。

人間誰しもミスを犯すものですが、その言葉はミスをして落ち込んでいる人間への慰めにはなりません。

だけど、何とか落ち込んでる彼氏を励ましたい、励ます事ができる方法はどんなものなのか? 落ち込む彼氏を絶対に励ます事のできる魔法の言葉……とまでは行かなくても、その心を少しでも軽くする、落ち込んだ彼氏を元気付けることができる慰め方や励まし方をご紹介します。

男性の立ち直り方を考えてみる

仕事上の失敗や就活、留年などであなたが落ち込んでしまったら、彼氏や友達にどのようなことをして欲しいですか?

「どうしたの?」、「大丈夫?」など、相手を心配する言葉をかけて欲しいですよね。そしていろいろと心にある思いの丈を全て聞いて欲しい、というより外に出したいと思うでしょう。

ところが男性は女性と違って非常に落ち込んだ時には一人になって心を整理したいと思っています。

落ちるところまで落ちている間やどん底にいる間は電話はもちろんLINEも控えましょう。このどん底に向かっている、あるいはどん底にいる間は一人きりになりたく、放っておいて欲しいのが男性です。

男性の気持ちが上向きになってきた時に初めてあなたが慰めたり励ましたりする権利を得ることができます。彼氏から何かアクションがあるまで待って、それから「大丈夫?」という言葉をかけてみましょう。そこからが彼女としての力の見せ所です。

落ち込んだ原因を探せ!

落ち込んですぐの彼氏には聞きにくいので、彼氏の心がある程度落ち着いてからどうして落ち込んでいるのか尋ねてみましょう。

その前に、つまり彼氏に原因を聞く前にあなたがすべきことがあります。それは、彼氏が落ち込む原因になりそうなことをできるだけ多く想像してみることです。練習だと思って今一緒に考えてみましょう。

・仕事で大きなミスをした
・自信を持っていたプレゼンがうまくいかなかった
・上司からの指摘が心に刺さったまま抜けない
・転勤の命令が出た
・学校の成績がよくなかった
・サークル活動で問題が発生した
・友達に心外なことを言われた
・友達とケンカした
・あなたに関することで何か不快なことがあった
・近親者やペットが亡くなった

思いつきですが結構出てくるものですよね。想像できたら次はこれに合った励ましの言葉を考えてみましょう。

彼氏の慰め方

彼氏があなたに慰めてほしいと考えられるようになった時、あなたに連絡をしてくるでしょう。その連絡を待っている間にできることを考えてみました。

慰めの言葉を考える

彼氏との親密な仲を築いてきているあなたであれば様々な言葉のレパートリーを持ち合わせていること思いますが、まずは言葉をかける前に何も言わずにそっとそばで寄り添ってみましょう。それだけで彼氏は心を落ち着かせることができるはずです。

彼氏が話し始めたら「うん」、「そうだったんだ」、「辛かったね」などの同調する言葉を短く彼氏の言葉の間に添えましょう。あくまでも聞き役に徹しましょう。

慰める手段を考える

彼氏を慰める手段は一つです。二人きりになって彼氏のそばにいるということです。身体を寄せ合って一緒に座っているだけで良いのです。

そうすることで彼氏の心が和らいで彼氏が安心感を得ることができます。彼氏が話し始めたら抱きしめたり、温かい飲み物を用意したりするのも良いでしょう。

彼氏の励まし方

慰めることの次のステップが励ましです。この段階ですと、あと少しで彼氏の自信を元通りにとりなすことができる状況です。

ここで失敗してしまうとまた彼氏が落ち込みモードに戻ってしまうので安心せずに慎重に行動しましょう。

励ましの言葉

彼氏にとってあなたがどのような存在であるかを意識した言葉がけを考えましょう。自分はどんな時でも彼氏の味方であること、いつでも応援しているということ、彼氏の長所を誰よりも知っているということなどを交えた言葉が好ましいです。

・話を聞きながら「うん」と相槌を打ちつつ、彼氏の表情と同じ表情をする
・「お酒でも飲みに行こうよ」と語らいの場を設ける
・「それは辛かったよね…」と同調する
・「あなたのこんなよいところが活かされないのは残念だと思うよ」と彼氏の長所を出す
・あなたからハグして「大丈夫。私だけはいつでもあなたの味方だよ」という
・「話したくないのならそれで十分だよ。」と気遣う
・彼氏が全て吐き出したら「私に話してくれてありがとう」という
・「あなたが頑張っていた事 “私は” 分かってるよ」と彼氏を理解する

あくまでも一般的な言葉を集めたので、彼氏を元気づける珠玉の言葉にするためには、これらの言葉を参考にしてあなた自身が言葉に磨きをかけることが大切です。

あなたの彼氏にぴったりの言葉はあなた自身が一番よく分かっていますし、何よりあなたが彼氏を元気付けたいと思っているから大丈夫ですよ。

励ます手段

話好きの彼氏ならお酒の席に誘って彼氏の心にあるものを全て出してあげましょう。悩みをなかなか打ち明けることができない彼氏なら、気分転換に遊園地へ行ったり日帰り旅行に誘ったりしてみましょう。

SNSでのコミュニケーションが得意な彼氏であれば、LINEを活用するのも良いでしょう。

彼氏の好きな料理を作ってあげるというのもいいですね。人はお腹が満たされれば心もだいぶ落ち着きます。彼女が自分の好物を用意してくれる、それだけでも彼氏の心は多少晴れるでしょう。

ただ、悩みがひどく深刻な場合は食欲がわかないということもあるので、その場合は無理に食べることを強いらないようにしましょう。

彼氏がどうすれば立ち直ることができるか、それを一番よく知っているのは彼女であるあなたです。あなたの勘を信じて彼氏の励みになることをより多く考えてみましょう。

そしてその中から精選して彼氏に提示して選択してもらうのも一つの手段です。

そっとしておくのも必要な時間

そっとしておくのも必要な時間

もし、彼氏が落ち込んでいる原因や理由を話したくないと思っているようでしたら、それはそれでそっとしてあげましょう。何も声をかけずにそっとそばに寄り添ってあげたり、彼氏に一人になる時間を持ってもらったりすることも大切です。

その際はあなたが心配しすぎてはいけません。彼氏の心配事がまた一つ増えてしまいますから、普段通りの心持ちでいましょう。

彼氏は話したくないのではなく、今は誰にも話せないのです。彼氏自身が心の中を整理しているからです。整理し終わって解決への糸口が見えてきたら、あなたに話すかもしれませんのでそれまで気長に待ちましょう。

彼氏を根底から否定することだけはしないように

時には励まそうとしているのにうまくいかなかったり、逆効果になってしまうなんていうこともあるかもしれません。

彼氏が何をどう考えているのか、どうしたらうまく励ますことができるのか――これはもう付き合っていきながら見つけていくしかないので、失敗してしまうことも当然あります。

ただ、何があっても彼氏を根底から否定することだけはしないようにしましょう。

問題点を探り、解決策を考えることは大事なことですが、たとえどんな正論であっても、あなたが彼氏を全否定してしまうと彼氏は居場所がなくなってしまいます。

合理的なアドバイスをするのは悪いことではありませんが、落ち込んだ彼を励ますときには「何があっても味方である」スタンスで接することが大事です。

上から目線で偉そうにアドバイスをするのもNG。

落ち込んだ男を励ますのは結構めんどくさいものですが、基本的には余計なことをせずに温かく見守ってあげればOK。ただ寄り添い味方でいることで、あなたは十分彼氏の力になれているのです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ