男が女に思うこと

男子の本音! 可愛くても男性が彼女にしたくない女性の特徴

男子の本音! 可愛くても男性が彼女にしたくない女性の特徴

彼女にしたくない性格ブスな女性って?

異性に好かれたいと思って、どれだけ容姿に力を入れて可愛くしていても、可愛さの方向が間違ってたら男性ウケすることはありませんし、逆に、「彼女にしたくない女性」にカテゴライズされてしまうかも。男性の持つ、「この女性は彼女にしたくない」という感情は複雑で、容姿がよくとも性格に少しでも難があれば、たちまち性格ブスとして認識されてしまいます。男性が思う、彼女にしたくない女性の特徴をご紹介いたします。

男友達が多い

男友達が多いだけで性格ブスにはなりません。ですが、男友達が多すぎる女性は可愛くても男性からすると、「彼氏候補がいくらでもいる状態」、「自分なんかがアプローチしていいのか分からない」といった、恋愛に対する不安要素を抱かせてしまいます。また、男友達が多いといつでも異性と遊べる状況にありますから、いろんな異性と交流しているのを見ると、そうでなくてもつい男好きな女性というイメージを与えてしまいます。異性との交流が広いのは決して悪いことではないのですが、それが男性からすると場合によっては声をかけにくいと感じさせてしまうようです。

ネガティブで悪口が多い

男性だけでなく同性にも嫌われ、彼女にしたくないと思われるのが、ネガティブ思考で口を開けば誰かの悪口や陰口ばかり話す女性です。どれだけ美人で、周りの男性から羨ましがられる彼女だったとしても、一緒にいて話すのが悪口ばかりだと、付き合っている彼氏は遅かれ早かれ嫌気がさして離れていってしまうはず。また彼氏からすれば、一緒にいない時は自分の悪口を言われているのではないかと疑ってしまうこともあり、誰の前でも悪口は慎んだ方が無難です。

金銭感覚が合わない

ブランドものばかり身に着けている女性はお金がかかりそう……、というのは、男性がごく自然に持つイメージで、お金がかかると分かっている女性を男性は彼女にしたいと思うことはありません。好きなブランドを身に着けるのは悪いことではありませんが、男性の多くは大好きな彼女を楽しませてあげたいと思っている生き物です。自分ではお金がかかりすぎて付き合えそうにないと分かると、どれだけあなたがタイプだとしても恋愛対象から外されてしまうでしょう。またブランドものだけでなく、食事の際に奢ってもらって当然といった態度や、浪費の激しい女性は結婚を視野に入れている男性からすると、彼女にしたくない女性と判断されます。

感情の起伏が激しい女性

喧嘩をしたらすぐに泣く、気に入らないことがあるとすぐヒステリックになる。このような感情の起伏が激しい女性も、男性からすると彼女にしたくない女性です。男性からするといつも彼女の顔色を伺って、不機嫌にならないように接さなければならないため、お付き合いしていても気が休まることがありません。彼女の沸点が分からないため、彼氏にとっては予想外のタイミングでキレられたり、怒られたりしてしまうわけで、男性からすると確かにたまったものではないかもしれませんね。

すぐに比べたがる

すぐに比べたがる女性というのも、男性が彼女にしたくない女性の特徴のひとつです。自分と彼氏とを比較して劣っている部分を見つけて指摘するのもそうですが、より男性に悪印象なのが、友達の彼氏と自分の彼氏を比較すること。「○○ちゃんの彼氏の年収は」とか、「○○ちゃんの彼氏みたいに」なんて言い回しで話されると、彼氏は間違いなくうんざり。ステータスでしか男性を見ない女性と思われてしまうと、彼氏も離れていってしまうでしょう。

下品・下ネタが好き

快活でよく話す女性の中には、男性が話す下品な下ネタや過激なトークについていけるだけの語彙を持つ女性もいます。一緒に盛り上がって話している時は楽しいのですが、いざ恋愛となると男性はこのタイプの女性を彼女にしたいとは思っていません。友達としてなら男性から好かれる女性なのですが、やはり自分の彼女には慎ましくいてほしいという男性が多く、下ネタや下品な話を彼女に求めることはありません。ある意味で損をする女性とも言えますので、好きな人の前では落ち着いた態度でいた方が無難です。

ごめんね・ありがとうが言えない

どれだけ可愛くても、自分が間違った時に非を認めて謝ることができない女性を男性は彼女にしたいとは思いません。また同じく、彼氏が何かしてくれた時に、ありがとうが言えない女性も敬遠されます。細かいことですが、こういったさりげない一言や気遣いができるかできないかを意外と男性は見ているものです。お付き合いに慣れるとついついありがとうの気持ちを忘れがちですが、長続きしているカップルはやっぱりこの辺りの言葉については当たり前の習慣に落とし込んでいます。

自立しすぎている

自立しすぎている女性というのも、場合によっては彼女にしたくない女性と認識されてしまうことがあります。自立していること自体は立派で何も悪くないのですが、男性からすると何でも一人でやってしまうんじゃないかとか、声をかける隙がなかったり、スケジュールが合わなかったり……、彼女として付き合う上で、彼氏として自分の存在意義が見い出せないことがあるのです。男性は自分の庇護欲、「俺が守ってやらないと」という気持ちを刺激されると弱いので、何でも自分でやってしまう女性ほど、男性の前では少し緩めに隙を見せていくといいでしょう。

マナーを守らない

電車の中で化粧をする、バスで優先座席に堂々と座る、食事の食べ方が汚い……等など、最低限の一般常識とマナーがない女性は、男性も一緒にて恥ずかしい思いをすることから、彼女にしたくないと感じます。最低限のマナーを守ることができないと、彼女を友人や家族にも紹介できませんし、当然と言えば当然です。若い頃は知らなかったで済まされても、そこで行動を正さなければ、大人になった時に悲惨です。いい年してマナーが守れない女性は、本当に男性が寄ってきませんのでご注意を。

男性が彼女にしたくない女性の職業は?

男性が彼女にしたくない女性の職業は?

「彼女にしたくない女性」というと、つい見た目や性格などで判断してしまいがちですが、見た目も可愛いし性格もいいのに男性からすると彼女にはしたくない……、という何とも難しい状態があります。この時、男性をそう判断させるのがその女性の職業です。女性からすれば、職業だけで判断してくる男性なんて願い避けかもしれません、それはそれでいいのですが、やはり彼女にしたくない女性の職業というのが男性の中にはあるのです。

エステティシャンなど美容関係

一見、美人な女性が多そうで男性の人気も高そうな美容関係の職業の女性ですが、男性からは意外と彼女にしたくないという声が多いのです。その最たる理由は、「お金がかかりそう」この一点につきます。そのお金の詳細について理解できるならまだしも、美容のお話はちんぷんかんぷんという男性も多く、何がどう良くてお金がそれだけかかっているのか理解できないため、美意識の高さとかかる金額に辟易してしまうようです。

先生など教育関係

学校の先生も、男性に彼女にしたくないと思われる職業で毎度上位に上がるお仕事。立派なお仕事には違いないのですが、先生という先入観だけで、「間違ったらくどくど指導されるのでは」という負のイメージが男性についてしまっているのです。また、先生が敬遠される他の理由としては、その忙しさもあります。彼氏としてお付き合いしても、なかなか時間が合わなかったり、忙しいせいでどちらかが負担になるお付き合いを強いられることが多く、これも不可抗力なのですが、彼女にしたくないと思われる原因になっています。

女医、看護師など医療関係

男性が憧れそうな女医、看護師などの医療関係のお仕事も、彼女にするとなると意外に人気が低かったりします。というのも、見ているだけならいいのですが、先述の教職と同じくこれらのお仕事も激務中の激務。常に仕事に追われて疲れてそうなイメージが男性の中でついて回っているのです。ナースさん、女医さんは確かに男性には大人気なのですが、それは妄想の世界での話であることも多く、実際に彼女にするとなると話が違うということもあるのです。

彼女にしたくない! は男性の本音

ご紹介した彼女にしたくない女性の特徴はごくごく一部。男性によってはもっとたくさんのポイントがあるかもしれませんし、逆にひとつふたつ該当したって気にしないという男性もいます。ですが、ご紹介したポイントはどれも女性としてはない方がいい部分ばかり。男性が彼女にしたくない、と感じる女性にはそれだけの理由がありますから、そんなカテゴリーには入れられないようにして、自然な女性らしさと男性と接していけるといいですね。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

男が女に思うことの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ