メイク・スキンケア

自分でできる結婚式お呼ばれメイクの方法! NGメイクマナーもご紹介

自分でできる結婚式お呼ばれメイクの方法! NGメイクマナーもご紹介

自分でできると便利なお呼ばれメイク

友人や家族の結婚式は嬉しいものですよね。お祝いの華やかな席に、おしゃれをして出かけると自分まで気分が上がる! という女性も多いのではないでしょうか。結婚式出席のために新しいお呼ばれドレスを買ったり、美容室を予約したりするのも楽しいことです。

また、結婚式のヘアセットで美容室を予約すると、メイクもサービスでついていたりポイントメイクだけしてもらえることもありますが、自分でお呼ばれメイクができたらいいな、と思う人もいるでしょう。

そこで、今回は自分でできる結婚式のお呼ばれメイクについて特集します。

お呼ばれメイクはファッションに合わせて

まず、結婚式のお呼ばれメイクを自分でする時は、事前に着ていくパーティードレスを決め、それに合わせたメイクを考えましょう。あらかじめドレスを決めておけば、ヘアセットとアクセサリー選びのイメージもしやすいですし、メイクに使うカラーも決定しやすくなるためです。

また、結婚式のお呼ばれでは白いドレスはNG、というマナーは広く知られていますが、他にも気をつけたいマナーもあります。なんといっても、結婚式の主役は新郎新婦、特に花嫁さんですから、出席者はやたらと派手な装いやメイクをしないことも大切。

ドレスをシンプルなデザインにするなら、メイクで多少の華やかさを出す、ドレスを目立つものにするならメイクは清楚にまとめるなど、全体のバランスを考えるのが大事ですね。肌の露出や、派手すぎるメイクはNGです。

なお、着物を着る場合はさらに、派手さではなくしっとりとした落ち着きを重視して、メイクも品よく控えめに仕上げましょう。和装は控えめでも十分に目を引くので、きちんとした振る舞いをすることもおしゃれのうちです。

結婚式のお呼ばれメイク・基本編

とはいえ、お祝いの席ですから、女性はある程度の華やかさを表すことも大切ですよね。なので、自分でやるお呼ばれメイクはいつものメイクを基本に、少し特別な雰囲気を出すことがコツになります。

また、結婚式では長時間メイク直しができないケースが少なくなかったり、写真撮影もあれば食事をする時間も長く、その上二次会三次会が控えている場合も多いので、それを見越したメイクをすることも重要になってきます。それに、人が多くて式場が暑いことも考えられますね。

だからこそ、お呼ばれメイクは下地作りが大切。長い時間、メイクの仕上がりをキープできるようにカバー力の高いメイク下地を選び、ファンデは厚塗りにならないように肌を整えます。また、写真撮影の時にけっこう目立つので、顔の肌のクマやニキビ痕をコンシーラーで消しておくことも忘れずに。

結婚式のお呼ばれメイク・目元編

結婚式のお呼ばれメイク・目元編

下地を整えたら各ポイントのメイクに入りますが、結婚式のお呼ばれメイクで特に大事なのがアイメイク。目元は顔の印象を大きく左右しますし、写真写りにも影響を与えます。

結婚式のアイメイクはぱっと華やかに、ラメやパール感のあるアイシャドウなどを使うのがおすすめです。式場は照明も明るいですから、アイシャドウも光に映えやすいきれいめの色を使いたいですね。アイホール全体にアイシャドウを乗せてから、重ねづけしたい部分に加減を見ながら色を加えていきます。

まぶたが一重や奥二重の人は、目の際やアイライン上にぼかすようにアイシャドウを入れると目の印象がアップします。

お祝いの席なので、アイラインやマスカラもつい気合いを入れたくなりますがやり過ぎはNG。どう見てもつけまつげだとわかるぐらいまつげを盛ったり、ドレッシーにしようと思うあまり濃いメイクになってしまっては台無しです。

結婚式のお呼ばれメイク・チークとリップ編

そして、お呼ばれメイクでぜひ取り入れたいのが発色のいいチーク。

結婚式場では、写真映えする顔色のよさが大切。健康的な顔色は好印象ですし、華やかなメイクもやり過ぎに見えないので、ここはいつもより明るい色のチークを試したいところ。

ドレスアップした服装だとチークが明るくても浮かないので、ピンク系の色づきのいいチークを少しだけ多めに、頬の高い位置へ入れましょう。

またリップも、普段より少し明るい色を使うチャンス。華やかなリップは写真で見てもきれいですし、顔全体の印象を引き立ててくれます。

ただ、結婚式では食事や飲みものを飲む機会が多いため、リップは落ちにくいものをセレクトしておくこと。なお、口紅をつけた後、軽くティッシュオフしておくと、グラスに口紅がつきにくくなる上に発色も落ち着きます。

自分でできるお呼ばれメイクの注意点

結婚式のお呼ばれメイクが自分でできると、当日がもっと楽しみになりますよね。きれいなメイクで当日をさらに満喫するためには、備えも万全にしておきましょう。

式場に持ちこむポーチは小さくて、メイク道具の全てを持ち歩くことは難しいですが、最低限ティッシュとあぶらとり紙、アイブロウとフェイスパウダー、口紅は用意しておきたいもの。落ちたマスカラを簡単にオフできるクリーナーも持っておけば、長時間にわたる結婚式や披露宴でも安心です。逆にこれらを忘れてしまうと、メイクが崩れた時に直せなくて悲しい思いをしますので、家を出る前に確認しましょう。

また、式場で移動する際は、他の人にぶつかって自分や相手の服にメイクをつけてしまわないよう、常に注意を払うことも忘れないようにしたいですね。

最近は結婚式を挙げるカップルも減っていますから、結婚式へお呼ばれする機会があれば充分に楽しみたいもの。メイクを万端にして、素敵な式を思いきり満喫してくださいね。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

※《占い師を選択し、進んだ後に選んだ占い師からトークがきます》

人気のキーワード

KEYWORD

メイク・スキンケアの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ