メイク・スキンケア

乾燥が気になるマットリップ! 正しい塗り方と唇が乾燥しない方法

乾燥が気になるマットリップ! 正しい塗り方と唇が乾燥しない方法

塗り方でマットリップの乾燥は防げる!

マットリップがメイクのマストアイテムになって久しいですね。マットリップとは、通常の口紅よりもマットな質感が長続きする口紅で、大人っぽくシックな雰囲気を簡単に演出できるアイテムです。マットリップを使えば他の口紅ではなかなか代用がきかない唇になれるので、女性の間で人気が高まっています。

そんなマットリップですが、実はちょっとだけ使い方が難しく、唇が乾燥しがちだったり唇が乾いて見えるという悩みも聞こえてきます。

そこで今回は、モードな唇を実現できるマットリップの適切な塗り方と、唇が乾燥しない方法を解説していきますね。

マットリップの特徴を知る

まずは、マットリップの特徴と他の口紅との違いを復習してみましょう。

マットリップは主に、スティックタイプとリキッドタイプに分かれていて、どちらのタイプもはっきりとした発色のよさが持ち味です。口紅自体の色がくっきりと出るので、一般的な口紅より色づきに優れ、落ちにくい口紅だといえるでしょう。

スティックタイプのマットリップは、普通の口紅と同じように使える点で試しやすく、マットリップ初心者さんにおすすめです。マットな発色はありつつ、使い勝手がよく気軽に取り入れられるのが嬉しいですね。

リキッドタイプのマットリップは、より本格的にマットリップを楽しみたい人におすすめ。マットリップでしかできない唇のメイクがしたい!という人は特に、リキッドタイプから自分に合ったものを見つけるといいですね。

どちらも、いろいろなメーカーからさまざまな色のマットリップが出ているので、自分のメイクに加えやすい色やタイプを選んでみてください。

マットリップを使う前に

いつもの口紅ではできないメイクが叶うマットリップですが、実は使い方を間違えると思わぬ失敗メイクになってしまうケースもあります。

というのも、マットリップは基本的にツヤがなく、くっきりした色づきでインパクトを与える口紅なので、ともすれば乾いた唇に見えてしまうことがあるのです。また、実際に唇が乾燥してカサカサの場合も、マットリップを使うともっと乾燥して見えてしまうので要注意です。

唇が乾燥している時はリップクリームなどでしっかりケアして、メイクの際はグロスを使うようにすると、見た目のカサカサ感を抑えられるでしょう。できればマットリップは、唇のコンディションがいい日にだけ使うようにすると安心です。つまり、普段の唇のお手入れが大切ということですね。

マットリップの塗り方・スティックタイプ

マットリップの塗り方・スティックタイプ

いよいよマットリップを使うとなったら、最初に必ずしておくべきことは唇の保湿です。

マットリップの発色は非常によいだけに、地の唇が乾燥していると目立ちますので、はじめにリップクリームやリップバームを塗って保湿しておくこと。急いでいても、この手間だけは省かないようにしましょう。マットリップはその色づきがかなり長い時間持続するものも多いので、それだけ唇にかかる負担も大きく乾燥しやすくなります。だからこそ、最初の保湿は必須と思ってくださいね。

リップクリームを塗ったら、少し唇になじんでからマットリップを塗ります。すぐに塗ると滑りますし、せっかくのマットリップ特有のマット感が薄まってしまいます。

スティックタイプのマットリップは扱いやすいので、鏡で様子を見ながら少しずつ塗っていけば安心ですね。唇の上へぽんぽんと、置くようになじませていきましょう。塗りすぎが不安な人は、指で塗るのもおすすめの塗り方です。

マットリップの塗り方・リキッドタイプ

マットリップに慣れてきたら、リキッドタイプを使った本格的なマットリップの塗り方にもトライしてみましょう。

この場合は、最初に唇を保湿した後、唇の素の色を消していきます。唇専用の下地が市販されているのでそれを使用し、よりマットリップ本来の色を発揮できるようにするわけです。こうすれば、マットリップ本体の色そのものが発色されて、マットリップらしさが出ます。

唇用の下地を塗ったら、唇の輪郭を描いて、その内側へ少しずつマットリップを重ねていきます。唇全体にべったり塗るというよりは、マットな色みで唇を少しずつ描き足していく感じですね。塗り終えたら軽くティッシュオフして、マットリップの質感を落ち着かせましょう。

その後、唇へ薄くベビーパウダーを乗せておくと、さらにマットさが引き立ち、マットリップの持ちもよくなります。

マットリップを使いこなすために

マットリップは、このように使い方さえ覚えれば、いつものメイクとは段違いにくっきりした唇を演出することができるアイテムです。最初の保湿と下地作り、最後のティッシュオフとパウダー使いにちょっと手間はかかりますが、それさえマスターすれば簡単にマットな唇を叶えられます。

ただ、先に触れた通りマットリップカラーは発色と色持ちがいい代わりに、唇にかかる負担は少なくありません。マットリップにももちろん保湿成分は配合されていますが、やはりマットリップを使う前と使った後のケアが大切。

そして、マットリップは落ちにくいことも特徴で、それは昼間は嬉しいですがメイクを落とす時にはひと工夫が必要です。マットリップはすぐには落ちないので強引にこすったりせず、メイク落としを優しくなじませて、少しずつ浮かせるようにしてオフするといいでしょう。メイクをオフした後の保湿も入念にすることで、いつでもマットリップを楽しめる唇をキープできますよ。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

メイク・スキンケアの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ