片思い中

好き。が言えない……勇気が出ない、どうしよう?

好きな人に「好き」と伝えるだけなのに、そんな簡単な事が意外と難しいものです。それは片思いの相手でも、彼氏でも同じです。どうやったら好きって素直に言えるの?というのは女子の永遠の悩みです。今回は、そんな好きが言えない女子が「好き!」といえるようになるような方法をお教えいたします。

好き。が言えない……勇気が出ない、どうしよう?

好き、なんて言えないよー!

好きな人に「好き」と伝えるだけなのに、そんな簡単な事が意外と難しいものです。それは片思いの相手でも、彼氏でも同じです。

どうやったら好きって素直に言えるの?というのは女子の永遠の悩みです。

今回は、そんな好きが言えない女子が「好き!」といえるようになるような方法をお教えいたします。

片思い中……告白なんかできっこない!

片思いの人の場合、好きという=告白になってしまいます。好きな人に告白するのは勇気がいりますよね。

でも、告白時にいきなり「好き!」というのではなく、

・普段から「○○くんの今日の服、私好きだな」とか「○○くんのそういうところ、私好きだよ」等と、褒めながら好きと言う練習をしましょう

そうすれば、男性も何となく脈あり気配を感じますし、告白の時も少しは緊張が和らぐのではないでしょうか。

年下に本気になるなんて……

好きな人が年下の場合、なかなか自分から「好き」とは言い出せません。年下相手に本気になるなんて格好悪い、と見栄を張ってはいませんか?

・しかし、恋愛に上下関係はありません

好きになってしまった相手が年下だったらまぁそれはそれで仕方ありません。素直に「好き」と言うしかありません。年上から告白だなんて格好悪くない?とお思いの女性もいるかと思いますが、意外と、年上の女性が恥ずかしがっている姿が可愛い、という年下男性もいるのです。

相手は同性!?大っぴらにはできない恋愛事情

好きになった相手が同性の場合、好きと言うのは少々はばかられるでしょう。普通の男女なら振られるか、付き合うかでしょうが、同性の場合、

・まず自分の嗜好を受け止めてもらえるか

が、重要となってきます。もし相手にその気がなければ、振られるだけでなく軽蔑される恐れもあり、それまでの友達関係を保てないという事にも。

「好き」と伝えるにはハードルが高いですが、その分、同性である事を活かして、スキンシップをはかったり、「好き!(友達として)」等とさりげなくアピールするところから始めてみてはいかがでしょう?

同期だけどもう立場が……

会社に同期入社した仲間を好きなあなた。

しかしスタートラインは同じだった彼は今や遠い人。もう気軽に好きと言えるような立場の人間ではなくなってしまいました。

好きといいたいけれど、会社での立場は上司と部下。もし伝えて気まずくなったら仕事に支障が出る事間違いなしです。そんな時は、食事等、できるだけ二人っきりになれる場を用意して。

・好きと伝える前に、彼にカマをかけて、自分に気があるかどうかを探るのです

そこで脈あり気配を察したら、さりげなく「私、○○くんの事、ずっといいなと思ってたんだ」等と話を持ちかけてみてはいかがでしょう。

浮気になっちゃう?彼女のいる男友達

好き。が言えない……勇気が出ない、どうしよう?

あなたの好きな人にもし彼女がいる場合は、多少あきらめざるを得ないところがあります。

彼女がいるから付き合えないのは知ってる。でも好きって伝えるだけ伝えたい、というのであれば、

・その旨を最初伝えてから自分の気持ちを伝えると良いでしょう

あくまで彼女に不安要素を与えないような形で伝えるよう配慮しましょうね。

好き、って伝えられないのは、辛い、事

ただ好きと伝えるだけで、その後付き合いたいとか、そういうんじゃないの。という人だっていると思います。

でもよく考えてみて下さい。それを伝えられた人間は、どうでしょう。

あなたの事を、自分の事を好きだった人として意識してしまいます。つまり、周りを巻き込むという事になるのです。

片思いの人は、その事に気を付けて、思いを伝えましょう。彼氏に思いをなかなか伝えられない、という人は、メールやメッセージ等で伝えても良いのではないでしょうか。

もちろん直接、素直に伝えられるのに越した事はないんですけどね。

こういった言葉にできないという悩みを、一人で抱え続けるのは辛いものです。以前Shinnojiが執筆した真剣な恋愛相談に最適な相手の選び方では、あなたの恋愛の悩みを相談するときに関するアドバイスなどを特集しています。こちらも併せてチェックしてみてくださいね。

人気のキーワード

KEYWORD

片思い中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ