喧嘩中・問題アリ

話し合いに応じない・逃げる彼氏との上手な話し合いのコツ!

話し合いに応じない・逃げる彼氏との上手な話し合いのコツ!

彼氏が逃げちゃうシチュエーションとは?

何かを話し合ったり、相談したい事があってもなかなか話し合いに応じてくれない彼氏に、これじゃ何の問題も解決しないよ、と頭を悩ませる彼女さんが増えています。彼氏と向き合いたい、ちゃんと話し合いたい、なのに彼氏はそれを拒否。それは一体どうしてなのでしょうか。彼氏はどんな状況になると逃げてしまうのか考えてみましょう。

妊娠発覚で

それまでそんなに逃げ癖等露呈していなかった彼氏が、あなたの妊娠が発覚した途端、付き合いが悪くなったり、連絡が取れなくなったりして急に姿をくらませてしまい困った、という経験をしている人も多いのではないでしょうか。気が弱い彼氏にとって、妊娠というのは心を揺るがす大きな出来事。ショックと同時に、責任を取らなければならない、という重責が彼氏の背中に重くのしかかります。そのため、耐えきれなくなって逃げるようです。

結婚を迫ったら

結婚適齢期の女性にとって、付き合っている彼氏がいつ結婚してくれるのかは、重要な事です。そのため、長い時期付き合っていても結婚の二文字が出てこないとつい焦って結婚雑誌を置いてみたり、友人が結婚した等という話をしてみたり、結婚を迫ったりしてしまいがちですが、男性は女性よりも結婚に対して感じている重圧は大きいのです。そのため、結婚に対する悩みとあなたからの圧力に耐え切れずに逃げるのです。

暴力をふるったあと

あなたの彼氏はあなたに対して暴力を働きますか?暴力を咄嗟にふるってしまう男性は、案外気が弱いものです。そのため、暴力をふるったあとに、自分の行った事と向き合えず、恐ろしくなって逃げてしまいます。喧嘩をしている時、思わず手を挙げてしまい、なんてケースがよくありますね。

話し合いの場で

別れ話等、大事な話し合いをしたくて彼氏を呼び出したのに、肝心の彼氏は話し合いの場に来ない。もし来たとしても大事なところで逃げられた。なんていう、あからさまな逃げ方をする幼稚な彼氏もいるでしょう。話し合いをするという事は、決断を迫られるという事。痛いもの、怖いもの、現実と向き合いたくない、という彼氏の子供っぽい心が伺えますね。

話し合いを上手にすすめるコツとは?

話し合いを上手にすすめるコツとは?

ストレートに本音をずけずけ指摘する言い方はよろしくありませんが、自分の気持ちに嘘をつくのはいけません。

・嘘はつかない、正直に話す

話し合いの場で自分を偽ってはいけません。

・泣くのは禁止!

女性は感情が高ぶってしまうと、どうしても泣いてしまう事がありますが、男性は女性に泣かれてしまうと戸惑ってしまいます。実際、女性はいざとなると泣き落としが入るから、話し合いが嫌だという男性も居ます。話し合いの場では冷静になる事が大事です。

きちんと面を向かって話す

忙しいから話し合いが出来ない、と言って電話だけで話し合いをするのは避けた方が良いでしょう。電話は手紙とは違い、その場の一時的な感情で言葉を発してしまったり、思ってもいない事を思わず言ってしまい、喧嘩の種となってしまう事が多いのです。その為、話し合いは出来れば面と向かってした方が得策です。

話し合いを避けるカップルは長続きしない

話し合いは、お互いを見つめ直すきっかけとなります。その為、将来結婚を考えている、今の彼氏と別れたくない、という場合は話し合いの場を必ず設ける事をおすすめします。彼氏がもし話し合いに応じてくれないのであれば、それ相応の理由があるはずです。話し合いを通して相互理解を深め、お互いを深めあって、逃げる理由が無いカップルが、理想ですよね。

また、逃げる彼氏に怒り、追いかけるのは時間と体力の無駄です。彼氏の逃げ癖どうにか直らないかなぁ……と悩んでいても彼氏の逃げ癖はすぐには直りませんし、彼氏の逃げ癖を直すのに時間を使うくらいなら、新しい恋に進む方が時間が有効的に使えるというものです。早々に見切りをつけて、ちゃんと自分と向き合ってくれる彼氏をゲットしましょう!

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

喧嘩中・問題アリの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ