365占い
うらないん

的中率の高い占いの種類、有効活用法まとめ

的中率の高い占いの種類、有効活用法まとめ

色々ある中で的中率が高いのは?

「占い」とひとくちに言っても、その中には色々な種類があります。

顔相や手相であったり、西洋東洋の占星術、タロットをはじめとした様々なカード占い……。そのうちのどれを選べば良いのか? 迷う事も少なくないと思います。

的中率の高い占いの種類って、一体どれなんでしょうか?今日もShinnojiがプロの占い師さんに教わって参りました。

的中率なら四柱推命

世の中で、「的中率が最も高い!」と言われている(飽くまでも、言われている、という事なのですが)占いは、ずばり「四柱推命」です。

・その的中率から、四柱推命には占い業界の中でも、『占いの帝王』というふたつ名が与えられています

四柱推命の歴史は、古代中国、黄河文明にまで遡ります。長い歴史を経て占術として確立しますが、日本に輸入されたのは江戸時代の中期。

「四柱推命」という名前は、中国にはなく、日本独自の名称のようですが、占術としては中国で、戦国時代(紀元前400~200年頃)にはすでにある程度の体系をもち、皇帝家でも命運を左右するものとして、用いていたと考えられます。

占うには何が必要ですか?

四柱推命の基本情報となるのは、生年月日です。

生年月日から、その人の持っている星を割り出し、その星から、命運を割り出すというプロセスが行われます。

四柱推命の元になっているのは陰陽五行説。すべてのもの、すべての運命は陰陽にわかれ、五行に従って推移するとする考え方です。

陰陽とは、その名のとおり「陰と陽」の事であり、たとえば個人の運命が、陰か陽か、どちらかに偏る事はあり得ません。

・陰の時期があれば陽の時期もあり、つまり運命は衰退しては盛運を迎え、盛運を過ぎては衰退する。必ず、それを繰り返します

一方で五行というのは、木、火、土、金、水の5つの事を指します。

これらが、世の中を形づくる5つの要素であり、木は火を産み、火は土を産み……と、これもまた途切れる事のない鎖で連鎖しています。

四柱推命は、その人が今、五行のどこを通過しているのか、陰陽のどこを通過しているのか割り出す事で、運命を的中させる手段であると言う事ができます。

占い師の得手不得手にも注意

さて、一般論としては的中率が高く、占い業界でも一目置く人の多い四柱推命ですが、実際にどの占いを的中率が高いと思うかは、占いとの相性、或いは占い師個人との相性という面もあります。いわゆる、個人差というやつです。

占い師の中には、信じていなければ当たらない、という占い師もいます。これについては本当の所はどうなのか、なんとも言いがたい部分はありますが、

・四柱推命のような、生年月日から命運を読むタイプの占いはともかくとして、タロットカード等の占い方法では、カードそのものと、占い師との間の信頼関係が、的中率に影響するのは事実です

にわかには信じがたいかもしれませんが、買ったばかりのタロットカードだと的中率が下がる、占いの結果を読みづらくなるというのは、タロット占い師の間では常識です。

こうしたスピリチュアルな世界の事ですから、占ってもらう人がカードの事を信頼していなければ、的中率がぐんと下がるというのも、十分にありうる話だそうです。

従ってもし占いを受けるのであれば、「絶対当たる!」とまではいかなくても、「当たるかもしれない」くらいには思っておくほうが、的中率も上がっていく傾向にあるそうです。

占いたい内容で選びましょう


占いたい内容で選びましょう

そんな占いですが、どのようにして有効活用すればよいのか? という点でみれば、おすすめの方法があります。

・それは、占ってほしいテーマによって占術を選ぶ、という事です

例えば、一生の運勢や、この先何年後にどういった事があるか……、といった、長い目で見た運命を診断するのなら、さきに述べた四柱推命や、手相、東洋・西洋の占星術が、占術としては向いています。

・一方で、例えば今、気になる男性が二人居て、どちらに絞ろうか迷っている

とか、最近彼氏とうまくいかないんだけれども、別れたほうがいいんだろうか……或いは、どうやったら上手くいくんだろう?

なんていう、今目の前にしている事態に対応したい! というお悩みでしたら、カード占い等、その場その場の事を臨機応変に鑑定してくれる占いを利用するのが良いでしょう。

こうした、目の前の事を鑑定できる占い方法では、今、自分には何ができるの? どうしたらいいの? といった事を、非常に具体的に知る事ができるという利点があります。

ある意味では、そうした占いこそ、実生活に寄り添った占いだと言う事もできると思います。

いかがでしたか?

・占いを信じるかどうか、的中したと感じるかどうかは、先述のとおり個人差の大きいものです

モヤモヤとしたものが残る占術よりも、すんなりと結果を受け入れる事のできる占術が、あなたにとって相性のよい占術と言う事ができるでしょう。

・また、占いは当たるだけが能ではなく、「今後どうしたら良いのか」という点において、答えを明確にできるのか否かも、ポイントのひとつです

これは占術によってではなく、占い師によって左右される事も多いもの。

是非、あなたと相性のよい占術、相性のよい占い師を見つけていただきたいと思います!

LINEトーク占いをチェックする

夢占い

夢占いあなたが見た夢の意味とは!? 潜在的に隠された心理や予兆、あの人への思いなどを解説!

血液型占い

血液型占い血液型別の特徴や恋愛傾向・相性などのコラムを配信中!

12星座占い・星占い

12星座占い・星占いそれぞれの星座の特徴、性格、恋の相性など星に関する占いコラム

人気占い記事ランキング

人気のキーワード

KEYWORD
ページトップへ