自分磨き

好きな人と自然にハグできる方法とタイミング

好きな人、恋人とハグしたいという気持ちは誰にでも沸くものです。しかしどんなタイミングでしたらいいのか、初めてハグする前にはそのきっかけに悩むもの。今回はそんな悩める貴女に、好きな人と自然にハグできる方法、タイミングをお教えしましょう。

好きな人と自然にハグできる方法とタイミング

好きな人とハグしたい。ハグするきっかけと、したくなる仕草

好きな人、恋人とハグしたいという気持ちは誰にでも沸くものです。
しかしこのハグ、恋人同士でも中々難しいですよね。
ハグをして欲しいと伝えていいのか、どんなタイミングでしたらいいのか。もし嫌がられたり、拒否されてしまったら……と、初めてハグする前にはそのきっかけに悩むもの。
今回はそんな悩める貴女に、好きな人と自然にハグできる方法とタイミングを、今日も一緒に考えていきましょう。

好きな人へのハグの意味と重要度

そもそも、ハグについて考えてみましょう。
恋人じゃない人とハグするというのは日本人の習慣には余りありません。あってとても喜んだ時に、勢いでハグし合うとかくらいでしょうか。
それだけにハグは、好きな人同士、恋人同士にだけ許される行為なのです。

恋人同士ならハグして欲しい、をアピールしよう

まずハグにはタイミングと場所、ムードがあります。 仲の良いカップルなら外で抱き合っていてもそれほどおかしくないでしょうが、やはりハグはムードの高まった中、出来るだけ二人っきりで安心感を得ながら交わしたいですね。

彼氏がハグを始めとするスキンシップに抵抗があるようなら、出来るだけ二人っきりの場所でハグし合いましょう

それも出来たら「ハグして欲しい」と正直に伝える、もしくはまず手を握ってみます。いきなり手を握った事を聞かれたら、「ハグして欲しい」と伝えて下さい。
そして二人っきりになったら、これを繰り返して下さい。

ハグして欲しい合図

その内に彼氏も気付いてくれますよ、手を握る事は「ハグして欲しい合図」だと。

こんな風に二人だけになった時のハグの合図を決めておくと、それ以後のハグが自然な感じになります

最初は勇気のいる行為かもしれませんが、勇気を出して頑張って下さい。

もしくは貴女にハグする事に抵抗がないのなら、甘えてハグして貰いましょう。「仕事で嫌な事があった」「何かストレスがあるんだ」と彼氏を頼って、か弱い彼女をアピールしましょう。
これには彼氏もグッと来るはず、次からもっと深く考えていきましょう。

ハグは可愛い仕草の一つ

ハグは可愛い仕草の一つ

ただハグをするタイミングで気をつけて欲しい点は、彼氏の機嫌や状態を見てからするという事!前記で紹介した方法で、毎回「か弱い彼女アピール」で甘えるのは余計な心配をかけるので止めましょうね。

たまには素直に「甘えたかった」と伝えてみるのもストレートですが、可愛い仕草の一つだと思います

また自分からハグを要求するのに、彼から求められた時には冷たい態度を返す、なんてのもいけませんよ。

ハグの驚きの効果、スキンシップとしてのハグ

ところでスキンシップとしてのハグには、驚くべき効果がある事はしっていましたか?

何と好きな人と行うハグには、一日に溜まるストレスの三分の一もを消費する効果があるのです!

ストレスは溜める事で不眠等に繋がるだけでなく、免疫力の低下による病気の原因にもなります。特に女性はお肌や髪、身体的な事にダイレクトに影響が出るので、出来るだけストレスは溜め込みたくないですよね?

またハグのストレス解消効果は30秒程度続けて、安心感を得られるようにする事で得られる効果です

ハグによって脳内で発生するセロトニンが安心感を、ドーパミンが多幸感を生み出すので、好きな人とハグをする事で幸福な気持ちになれるのには実はちゃんとした医学的な根拠があるのですね。

恋人同士で抱き合うという事

恋人同士で抱き合う、ハグし合うというのは実はスキンシップや愛情の確認だけではなくて、心理的にもとても良い作用を生んでいるのです。

お互いに疲れている時には、逆に体を触れ合わせ合って静かに過ごすのは立派なストレス解消方法です。
恋人同士の触れ合い全てに何か効果を求めるのは良くないかもしれませんが、スキンシップで愛情を深めて、お互いにメリットがあるのならやらないのは少々勿体無い。

ここはストレスが溜まっている彼に「ハグって、良いらしいよ」と伝えてみるのも、新しいハグの合図になりそうですね。

好きの伝え方、女性から男性へ気持ちを伝える方法論

以前Shinnojiが執筆した、好きの伝え方に関するコラムです、こちらも是非参考にしてみて下さい。

人気のキーワード

KEYWORD

自分磨きの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ