片思い中

好きな人との長電話は程々にがベストな理由

好きな人、彼氏との長電話は程ほどにする方が良いって知ってた?時間も拘束されるし、疲れる、彼女の話にただ付き合うだけの長電話はうざい、と実は思っている男性は多いのです。タイミングと頻度の電話で好きな人を物にするテクニックをお教えしましょう!

好きな人との長電話は程々にがベストな理由

好きな人、彼氏との長電話は程ほどにする方が良いって知ってた?

好きな人とは電話でもLINEでもずっと繋がっていたいもの。
特に遠距離恋愛中で滅多に会えない彼氏なら、ずっと話していたいですよね。でもその長電話、実は好きな人へのアプローチとしては失敗してるって知ってますか?

男性の多くは電話があまり好きではありません、いえ、寧ろ嫌いかも?

それも長電話は時間も拘束されるし、疲れる、彼女の話にただ付き合うだけの長電話はうざい、と実は思っている男性は多いのです。

寧ろ内容のない、返事のしようがない長電話をする事ははっきり言って苦痛!何でも良いから繋がっていたい女性と、内容や要件を求める男性は根本的での違いですね。
そんな訳で今回のテーマは長電話は好きな人へのアプローチとして不適格?どんなタイミングと頻度の電話で好きな人を物にするかのテクニックを、今日も一緒に考えていきましょう。

長電話したいと思うのは、好意の証

だけど世の中の男性はどうしてめんどくさいと思いながらも、彼女の長電話に付き合うのか?

答えは簡単、彼氏は、好きな人は貴女に好意を持っているからです

これは言い換えれば、男性が長電話をする時はその人物をただの女友達ではなく、恋愛感情で好意を持っているからです。ですから、もし好きな人から電話がかかってきた場合には、敢えて早めに切ってみるのも有効な戦法なのです。

要するに相手は「もっと話したい!」と思っている訳ですから、そのドキドキやトキメキを失わせないように一度、早めに電話を切るように伝えてみましょう

もし彼がもっと電話していたい、と言ってくるようでしたら脈アリのサイン!今回は一回切って、次は貴女から好きな人へアプローチを返して上げましょう。

長電話でも配慮しよう、切り方のポイント

ただ前述したように、彼氏でも、恋人同士でも長時間の長電話が苦痛、これも真実です。決して貴女への愛情が薄れている訳ではありません、ただ人間疲れている日や都合の悪い日はあるもの。
そこに配慮して早めに電話を切り上げるのも、好きな人の心を自分から離さないテクニック。

刺激になる電話のコツ

それに何度も頻繁に長電話をするという事は、ある意味刺激がない単調な作業になりがち

「今日も何時から何時まで電話か……」
そんな事を思わせるようになっては、ドキドキもトキメキも薄れてしまいます。
追いすぎる恋は失敗しやすいもの、ここは好きな人だからこそ長電話は避け、要件だけを伝える電話で相手に対して引いてみて下さい、次からもっと深く考えていきましょう。

切り方にもポイントがあります!

切り方にもポイントがあります!

そして電話のポイントは、切り方。
この最後の切り方一つで、好きな人にもっと貴女を印象良くする事が可能なのです。もちろん夜の電話ならおやすみなさい、と伝えるのは好印象ですが、それは基本中の基本!

切る時には必ず、もっと会話していたいと相手に伝える事、これです

いくら好きな人への長電話が印象が良くないからといって、「じゃあ切るね」なんて伝えたのでは彼も「俺との会話が楽しくないのかな」と思ってしまうでしょう。もちろん彼が嫌いだから切る訳ではないとは分かっていますが、そこは男性。
切る時にはきちんと理由を伝える事が大切なのです。

配慮する言葉を添えてみて!

「最近長電話に付き合わせちゃってごめんね」
「あなたと話すのは楽しいよ、もっと話していたいんだけど」
「そろそろ遅くなっちゃうし、あなたも明日仕事だよね」

そんな彼を配慮する言葉を添えて、電話を切るようにしましょう。
それだけで彼は「自分が嫌で電話を切った訳じゃない」と理解します。また「また明日話そうね!」と伝えれば、次の電話の約束も取り付けられますよ。

素敵な電話恋愛

長電話も、要件だけの電話もそればかりではアプローチになりません。
時間よりも回数を増やして、マンネリにならないように好きな人と繋がるようにしましょう。そしてもし長電話をしたいなら、先に好きな人にメールで電話が出来るかどうか確認するのも立派な配慮です。

このポイントを押さえて、素敵な電話恋愛を楽しんで下さいね。

彼氏と電話する時彼女が心得ておくと良い事まとめ

以前Shinnojiが執筆した、成長できる恋愛に関するコラムです、こちらも是非参考にしてみて下さい。

人気のキーワード

KEYWORD

片思い中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ