失恋中

失恋してよかった!幸せになれる逆思考法

失恋して良かった!ネガティブ思考とはおさらば!失恋して泣くだけ泣いたら、悲しい気持ちには踏ん切りをつけて失恋して良かったと思う事、思う出来事を探してみましょう。ポジティブに解釈すれば色々な「良かった」が貴女にも見えて来るはずです。

失恋してよかった!幸せになれる逆思考法

失恋して良かった!ネガティブ思考とはおさらば!

失恋というのは、多かれ少なかれ人の心に衝撃を与えるものです。

別れた瞬間は自分はまるで人生のどん底にいるように感じて、中々その辛い思いを乗り越える事は難しいでしょう。

・だけど人間は、いつまでもそのどん底にいる事は出来ません、前を向いて、明日を見て歩いて行かないといけないのです

失恋したからこそ、すぐには無理でもそれを経験として新しく生きていきましょう。

そう、いつの日か「失恋して良かった!」そう思えるくらいのプラス思考を身に付ける為に、今日も一緒に考えていきましょう。

「失恋して良かった事」を見つけてみる

さて失恋して泣くだけ泣いたら、悲しい気持ちには踏ん切りをつけて失恋して良かったと思う事、思う出来事を探してみましょう。

実は悲しみに囚われ過ぎている内は見えないけど、ポジティブに解釈すれば色々な「良かった」が貴女にも見えて来るはずです。

立ち直るまで付き合ってくれた友達

辛い時には中々気付かないけど、立ち直りかけたならもう気付けるはず。

・辛い時に一番沁みるのは人の優しさ、人の温かさです

ずっと愚痴を聞いて、時に一緒に悲しんでくれた貴女の友人、他人と一緒に苦しめる人は、貴方の人生において宝ともいえる存在。

貴女は一つの恋を失ったかもしれませんが、今まで気が付かなかったかもしれない周囲の温かさや優しさに触れる事が出来たはずです。

その存在に感謝して、今度は貴女がそんな存在になれるように前を向いて生きていきましょう。

次の恋に向けての成長

失恋すると自分の何が悪かったのか、そんなネガティブな事ばかり考え始めます。でも「こうだったら、こうだったら」は今更後悔しても遅い事ばかり。

そして変えられない現実にまた落ち込んで……そんなサイクルはもうストップ!

・そんな時は、次の恋愛ではこうしよう、次の恋人にはこう接するように努力しよう

そんな風に思考回路を切り替えて、次へ繋がる経験に変えましょう。恋愛の経験値は恋愛をしなければ詰めません。

失敗してそこから学ぶ事が出来たなら、それは意味のある事だったのです。次からもっと深く考えていきましょう。

広がる「運命の人」


広がる「運命の人」

別れてしまったけれど、それは「縁がなかった」という事です、もしかしたら貴女の運命の人では彼ではなかった、それだけの事なのかもしれません。

・恋愛対象は彼一人ではありません、もっと大きな視界で世界を見ましょう

この広い世界で貴女を待っている人がいる、そう考えるだけで、新しい出会いに意欲的になる事が出来ませんか?

新しい世界、広がる運命の人との場所、今までよりも貴女の世界を広げて、今度こそ運命の人と巡り合えるように頑張りましょう。

「別れて良かった」と「失恋して良かった」

ただ、「別れて良かった」と「失恋して良かった」はネガティブな方向にも向く考えでもあります。

別れた彼の嫌な部分ばかり思い出して、「こんな人だから別れて良かった!」なんて言うのは、ちょっと問題。

童話の「酸っぱいぶどう」じゃないんですから、そんな風に考えていてはまだまだポジティブシンキングとは言えません。

・過去の恋を良い思い出に帰れるだけの思考回路に切り替えられるように、ネガティブな発言は控えるように考えてみて下さい、ネガティブな言葉は思考も行動もマイナスにしてしまいます

対してポジティブな言葉は思考だけじゃなく、その結果もプラスへと変えていってくれます。涙を流して、悲しみを昇華させたら前を向きましょう。

そしてその悲しい失恋がいつの日か「あの時、失恋したから、今の私がある」と考えられる日が来るように、頑張りましょう!

きっといつの日か、そんな前向きな貴女を見ている人に気付く人が現れるはずですよ。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

失恋中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ