365がぁる/日本最強の振り切り系恋愛メディア

10代、20代女子におすすめ! 編集部厳選の名作恋愛コミック

365GIRL編集部が本当におすすめできる恋愛コミックだけを厳選レビュー。
学園モノから非日常、サスペンスまで、一気読みするほど面白い名作恋愛漫画だけを選びました。気になった作品はぜひ読んでみて下さい。

やじま冬美

僕たちの恋にハッピーエンドなんていらない

2巻(連載中)

  • 感動
  • 純情
  • 恋愛
僕たちの恋にハッピーエンドなんていらない
©やじま冬美 : 引用元

どんな
作品?
残酷でありながら人を好きになるということを考えさせられる

あらすじ
当たり前のようにあると信じていた未来。失うのが怖くて先延ばしにしていた愛の言葉。片思いをしている相手に「来年の春には生きてない」と告げられた時、あなたならどうしますか?人を好きになるとはなにか、人に踏み込むとはなにかを描く究極ラブストーリー。

編集部のレビュー

表紙の絵が繊細なタッチで綺麗だったので読んでみたいと思いました。またタイトルからもただの恋愛ものではないと感じたので読んでみることにしました。片思いだけでも切ないのに、登場人物のふたりの状況もとても切なく、ぐっと胸を締め付けられる話です。自分だったらどうするだろうと考えさせられますし、命についてもあらためて考えてしまいます。登場人物の気持ちを感じながら読むと色んな見方ができる、そんな作品です。

河原和音

俺物語!!

全13巻

  • 筋肉
  • 純情
  • 恋愛
  • ラブコメ
俺物語!!
©河原和音 : 引用元

どんな
作品?
現代版美女と野獣 マッチョな彼と真っ直ぐな恋物語

あらすじ
剛田猛男は高校1年生。身長2m・体重120kg(いずれも推定)。好きになった子は、いつも幼馴染みのイケメン・砂川の方に行っちゃうけど、真っ直ぐで不器用で鈍感で、男子からは超モテモテ! ある朝、通学電車の中で、ひとりの女の子を痴漢から救ったことで猛男にも春到来の予感…!? 笑って泣けて、胸キュンも満載の、爆笑純情コメディー!

編集部のレビュー

常人離れした身体能力と行動力を持つ”剛田猛”と緩くふわっとな少女”大和凛子”の一途な恋物語です。いかつい顔とごつい巨体。それ故に男にモテるけど女にモテない。そんな猛に一目惚れをしたのは痴漢から助けた少女大和凛子でした。最初こそ、大和の友達の間でも不評だった猛。しかし、常人離れしたあるきっかけで猛の良さを知っていきます。作者の河原和音さん曰く、剛田猛はイケメンじゃないけどブサイクではないとのこと。確かにこんな人をブサイクのカテゴリーに入れるのはもってのほか!!恋愛下手だけど一途。意外にモテる猛ですが、一途にヒロイン大和凛子に愛を貫く。マッチョで真っ直ぐな恋物語です。

久世番子

パレス・メイヂ

全7巻

  • 純愛
  • 身分差
  • 宮中ロマン
パレス・メイヂ
©久世番子 : 引用元

どんな
作品?
少女帝と少年侍従の秘めやかな恋

あらすじ
貧乏貴族の実家を救うため、帝の暮らす宮殿「パレス・メイヂ」に仕えることになった14歳の御園公頼(みその きみより)。ある時、帝の画帖が破られる事件が起き、御園に嫌疑が…!?

編集部のレビュー

「“ご寵愛”は好きなだけかわいがってよい。しかし“愛”は――“愛”は帝に許されてない」少女帝彰子と、その侍従・御園公頼。お互いへの想いを長い時間をかけて育ててきた二人ですが、大災害の折、彰子は国ではなく御園の身を案じてしまう自身の心に気付いてしまい彼を側仕えから外してしまいました。しかし御園はそれでもと、彼女のそばにいることを諦めず、東宮の侍従として宮廷に残ります。身分差のありすぎる二人が、それを知った上で失敗や困難を乗り越え「それでも共にいる」ためになにを望んで、なにを選んだか。プラトニックかつストイックでもあった彰子と御園の二人の恋の行方は、しかしとても穏やかで晴れやかな結末を迎えます。近代宮廷ロマン「パレス・メイヂ」。二人の取り囲む人々も含め、皆が明日を必死に、懸命に生きていこうとしていくその姿を、是非一度、全七巻をご覧ください!

ろびこ

僕と君の大切な話

3巻(連載中)

  • 恋愛
  • 心理戦
  • 理系
  • 天然
  • コメディ
僕と君の大切な話
©ろびこ : 引用元

どんな
作品?
主人公が恋するTHE理系男子との心理戦がヤミツキになるんです!

あらすじ
同じ学年の東くんに片想いをしてきた相沢のぞみ。ある日、勇気を出して帰りの駅で声をかけて告白! だけど、東くんの返事は超予想外の言葉だった…!! なかなかかみあわない不器用な2人だけれども、会話を続けるうちに、次第に距離は縮まりはじめ? 2人のすれ違いに笑いと共感とニヤニヤの嵐! 天然ストーカー女子相沢さん×ツンデレ眼鏡男子東くんの新感覚“トーキング”ラブコメディー、開幕!

編集部のレビュー

今の所、去年の十一月に出た三巻が新刊で、今もデザートで連載が続いている少女マンガなのですが、こんな恋愛ストーリーもあるのか!と思う位、他とはちょっと別格なのが「僕と君の大切な話」という、ろびこ先生原作のお話です。まず、これは一巻の本当にこの物語の始まりの方になってしまうのですが、主人公であるヒロインが恋する彼に掛ける第一声があるのですが、シュールかつ面白い!そして、そこからもう…このマンガの癖になってしまう展開なんです。王道の恋愛マンガからは、良い意味で横にずれているのですが、私は純愛やヤキモキしてしまう設定よりも少年誌連載のマンガの方を昔から好むタイプでしたので、そんな私でも読めてしまう面白い恋愛少女マンガです。余談ですが、私の旦那も、何だ!?この○○さんは!○○君は!と、初めて少女マンガにハマってしまった!と言っていて、二巻までは私が買っていたのですが、三巻は積極的に買ってきてくれた位です!シュールと言えば、その類にも取れて、でもこれは、ピュアな恋愛マンガでもあって、段々と最初の頃よりも主人公が恋する理系男子…、とは言っても雰囲気、性格が理系っぽいかなってだけで、成績の方は…と、ネタばれになりそうなので止めておきますが、その彼の表情や内面の変化が、面白くなってきています。読み手側が、まるで心理戦を聞かされてるような所があって、脇役達のそういう場面にもユーモアが溢れていて、そこも含め、このマンガは面白いなとファンで居続けています。

いくえみ綾

あなたのことはそれほど

全6巻

  • 不倫
  • 映像化
  • 再会
あなたのことはそれほど
©いくえみ綾 : 引用元

どんな
作品?
不倫=運命の恋に全力でひた走る妻と、屈折した愛情を向ける夫

あらすじ
いくえみ綾が描く、底無しW不倫。「私はいつかきっと罰があたる」 占い師は、中学生の美都(みつ)にこう言った。「二番目に好きな人と結婚するのがいい」 医療事務として働く美都は、飲み会の帰り道に想って想って想い続けた初恋の人・有島(ありしま)に再会、男女の仲に。しかし彼は既婚者で、美都にもすでに優しい夫がいて───。美都と夫、有島と妻。四者四様の視線と思惑が交錯する、出口なしのマリッジライフ、待望の第1巻。

編集部のレビュー

いくえみ綾ファンからすると珍しい大人の恋愛物です。いくえみ節全開で、過去作品の登場人物の誰かがそのまま大人になったような錯覚を覚えました。キラキラした青春時代を切り抜けたからと言って、ハッピーエンドは無限に保証されるものではないのだなと感じました。人生のハッピーエンドと、物語上のハッピーエンドとはこうもかけ離れていたのかと、気付かされました。1巻を読み始めた時は意識しなかったのですが、物語が完結した今思うと、タイトルからして怖過ぎます。ラストはすっきりとは行かないですが、それも含め「ドキュメンタリータッチ」という印象が濃い、味わい深い良作です。

市川ショウ

ストロベリーシッターズ

1巻(連載中)

  • 純愛
  • 誠実
  • 乙女
ストロベリーシッターズ
©市川ショウ : 引用元

どんな
作品?
チャライ男は実はイケメン保育士だった!

あらすじ
森川りんごはがんばり屋の母と妹のみかんとの三人暮らし。病気がちな母を助けるため、母親代わりに妹の面倒をみている。母親が入院したため、妹のみかんは「いちご(一期)組」というシッター施設預けられることになったが、そこの施設の経営者はなんとりんごの学校の同級生、学校一モテてチャラい圭だった…!!チャラいけど女子ゴコロわしづかみの圭に、りんごはドキドキしまくりで…。

編集部のレビュー

とにかくキラキラとした可愛らしいキャラが魅力的です。イケメンでチャラ男で、最初は鼻持ちならないと思っていた存在に、段々と惹かれていくヒロインの気持ちが、言葉ではなく表情で良く描けていると思います。
よりありがちなストーリーですが、子供の可愛さをメインに引き出しているので、イライラせずに温かく見守れます。主人公が素直なので、ぶつかり合っても嫌味がなく、微笑ましい結末になります。ドロドロとした大人の恋愛ものとは違い、スッキリと読める一冊です。

池山田剛

萌えカレ!!

全7巻

  • 恋愛
  • 学園
  • 四角関係
  • 双子
萌えカレ!!
©池山田剛 : 引用元

どんな
作品?
王子様のような人が好きだったのに最後に選んだのは……

あらすじ
ひかるは恋にあこがれてるだけの女の子。そんなひかるが見知らぬ男の子に初キスを奪われた!しかも再会した彼はひかるのことをまったく覚えてなくて?ドキドキが止まらないジェットコースター学園ラブ!

編集部のレビュー

この物語は主人公がだれからも好かれていて人気でモテモテなまさに紳士な男の子に初恋をします。ですがその恋をしている最中にまったく同じ顔の男の子が現れて本人かと思ったら、別人で、腹違いの双子だと発覚します。紳士な彼とは真逆で喧嘩っぱやいし、女たらしだし口も悪いし最悪だと思っている男の子の登場や、幼馴染の美人のライバルの登場にとって、三角関係から四角関係になっていく…見ていてハラハラするような物語です。そして池山田剛先生の絵の男の子のキャラはかっこよすぎて、読者でさえ恋をしてしまいそうになると評判です。最後にヒロインが選んだのは、双子のどっちなのか見どころです。

弓きいろ(原作:有川浩)

図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編

6巻(連載中)

  • 純愛
  • アクション
  • ベタ甘
図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編
©弓きいろ(原作:有川浩) : 引用元

どんな
作品?
アクションの中に盛り込まれたベタ甘恋愛!

あらすじ
ずっと好きだった堂上に郁が想いを告白し、二人はついにカップルに!新しい日々が始まりドキドキの毎日を送る郁だが、図書館の蔵書の窃盗事件が発生!堂上班が出動することに!?そして迎えた正月、郁は堂上の実家へ…!? 特別編も収録、ラブ全開の別冊編スタート!!

編集部のレビュー

時は、自由に文章を書けなくなった時代。本の自由を守るための『図書隊』に入隊した郁は、高校生時代に自分を守ってくれた王子様のような図書隊員に憧れ入隊した。しかし、そこにいたのはぶっきらぼうな、鬼教官:堂上だった…。王子様を悪く言いながらも郁を見守り、大切にしてくれる堂上に郁は素直になれないながらも惹かれていく。ただの上司、そう言い聞かせていながらも、いつしか郁は堂上を違った目で見るようになる。そうして、それは堂上もまた同じだった…とにかくベタ甘、アクションの中に絶妙に盛り込まれているのは絶品です。

河原和音

素敵な彼氏

6巻(連載中)

  • 純愛
  • ほんわか
  • 塩顔男子
  • このマンガがすごい!ノミネート
素敵な彼氏
©河原和音 : 引用元

どんな
作品?
付き合いそうで付き合わない、恋愛の一番楽しい時期を描いた作品

あらすじ
小桜ののかは小さい頃みた年末のカウントダウンでのカップルの姿に憧れている。高校生になれば、自然と彼氏ができると思っていたが、できないまま12月を迎える。あせって彼氏作りのため出かけた合コンで桐山直也と出会う。冷静で何を考えてるかわからないけど、さりげない気遣いができる直也。直也は、彼氏作りにがんばるけれど少しずれているののかのことを面白がって、カウントダウンまで見守ることに。ののかに「素敵な彼氏」ができる日はやってくるの──!?

編集部のレビュー

恋愛に憧れている女子高生の主人公ののかと、あまり感情表現をしない塩顔男子桐山との恋愛模様を描いた作品です。河原先生の作品はいつもキャラの性格や心理がよく表現されているところが好きで、よく読みますが、この作品の主人公は今までの中でも一番天然でふわふわしている感じがして可愛いです。相手の彼はクールで何を考えているのかわからないタイプで、さらっと女の子の喜びそうなことが言えてしまいます。そんな桐山の行動に主人公はいつも空回りをしていて、二人のやりとりが微笑ましいです。個人的にはこの彼がとてもタイプで、一言一言にドキドキしてしまいます。最近の恋愛漫画の中では一番お気に入りの漫画です!

きら

アトリエ777

全6巻

  • 大人の恋愛
  • ハーレム
  • 意外な設定
  • イケメン
アトリエ777
©きら : 引用元

どんな
作品?
個性豊かなキャラクターが楽しい大人の恋愛コミック

あらすじ
ヘアメイクの美空は、モデルを支える黒子として活躍する25歳。雑誌「MON」の表紙担当にも抜擢され、毎日が充実の日々。でも美空には、平凡な見た目の自分とは対照的な元モデルの妹に、だれにも明かせない気持ちがあった。そんなある日、街中で心ない言葉に傷ついていた美空に、見た目も中身も予想外の救世主が現れて―!?

編集部のレビュー

メイクアーティストの主人公が、ひょんなことから、特殊メイクを仕事にしている二人の男性と知り合い、スカウトされます。新しい仕事に出会った主人公の心境の変化と、その二人との恋愛模様が見所の漫画です!特殊メイク業界という設定が珍しく、その仕事内容にも引き込まれます。そして、それぞれのキャラクターに人知れず抱えている思いや過去があり、それが徐々に明らかになっていくので続きが気になって仕方がなかったです。主人公は誰かと幸せを掴めるのか、他のキャラクターはどうなっていくのか、想像しながら読み進めるのが楽しい作品です。

桜田雛

執事たちの沈黙

4巻(連載中)

  • ラブコメ
  • 歳の差恋愛
  • ギャップ萌え
  • イケメン
執事たちの沈黙
©桜田雛 : 引用元

どんな
作品?
新しい!執事モノラブコメディ

あらすじ
お嬢様、お気をつけて…この男、人間のクズにつき。箱入りお嬢様の椿に仕える、品行方正な執事・和巳。しかし、それはあくまでも彼の“表”の顔でしかない。

編集部のレビュー

お嬢様と執事の恋愛モノですが、執事がオフの時はタバコ、パチンコ、麻雀好きのガラが悪いお兄さんというのが新鮮です。このやんちゃな執事がとにかく色っぽくて魅力的です!また、絵は少し癖がありますが綺麗で、高飛車なお嬢様もかわいく描かれています。執事もですが、お嬢様にもギャップ萌するポイントがあり、ころころ変わるお嬢様の表情も見所です。ちょこちょこコメディー要素が入ってきて、笑いながら読める楽しいラブコメディです!

稚野鳥子

クローバーTrefle

8巻(連載中)

  • 社内恋愛
  • 三十路
  • OL
クローバーTrefle
©稚野鳥子 : 引用元

どんな
作品?
三十路を迎えた恋愛初心者のOLの恋愛物語

あらすじ
沙耶と柘植さんの結婚から3年後。オフィスでは、沙耶の同期で「最後の独身」と呼ばれる鈴木妃女子が黙々と働いていた。同じ会社で働く妹・花音は結婚が決まり、柚葉は彼氏が切れないモテ女子だが、妃女子はもう10年彼氏がいない。30歳の誕生日を機に人生を変えようと決意した妃女子は、思いきった行動に──!? 大ヒットコミックス「クローバー」の新章スタート!

編集部のレビュー

クローバー全24巻の続編です。三十路を迎えた恋愛経験が少ないOL、鈴木妃名子。妹二人も可愛く、同期で同性の鈴木沙耶は玉の輿婚で寿退社。会社ではお局で負け組の最後の鈴木と呼ばれていました。ところが、そんな彼女にモテ期がやってきます!会社一のジャニーズばりの美男子のモテ男、国際部の細谷武人、社長の従兄弟のカワイイ男子、元彼でエリート引き抜き社員となった木村拓真と次々に求愛されます!すったもんだの末、細谷と付き合う事になるのですが、現在発売されている最新刊では、別れから新たな展開が!とにかく、この漫画を読んだら、もうすぐ五十路の私が、OLになりたい!社内恋愛したい!と強烈に思う位、社内恋愛に憧れてしまいます!人生をやり直すなら、社内恋愛がしたいです。恋愛経験少ない妃名子とモテ男細谷さんの掛け合いがまた最高です。

作楽ロク

ブスに花束を。

1巻(連載中)

  • ラブコメ
  • 学園
  • ぼっち
ブスに花束を。
©作楽ロク : 引用元

どんな
作品?
ネガティブ思考のボッチ女子とイケメン爽やか男子との間で起こるラブコメディ

あらすじ
田端花はネガティブ思考のボッチ喪女JK。早朝の教室でヒロイン気取りで浮かれていたところを、クラス一のイケメン・陽介に目撃されてしまい…!? この恋、きっとあなたも応援したくなる!自虐系喪女コメディ!

編集部のレビュー

自分の容姿に自信がないため、すぐに自虐思考に走る田端花が、早朝に教室の花の世話をしている姿を、クラス1のイケメン上野陽介に見られたことから物語は始まります。この出来事がきっかけで、友達を作り損ねてボッチだった花は、上野君や上野君の周囲に集まるクラスメイトたちと交流を持つようになります。イケメンだけれど天然の上野君とどこまでもネガティブ思考に走る花の間にある認識のずれが、和んだ笑いを生み出します。自虐が過ぎるのですが、ギャクでまとまっているので鬱陶しさを感じません。ほっこりと笑えて、ついつい応援したくなるマンガです。

増田里穂

スタンドバイミー・ラブレター

全1巻

  • 純愛
  • 学園
  • 青春
  • 夏の恋
スタンドバイミー・ラブレター
©増田里穂 : 引用元

どんな
作品?
フラれてからはじまる恋…ノスタルジックな風景に心現れる名作

あらすじ
夏休み直前。葉月は名前も知らない男子からラブレターをもらいます。彼の名前は泉周平くん。初めてのことに戸惑った葉月はその告白を断ってしまい…。「友達なら──…」そんな関係で始まった夏休み。でも葉月の目は泉くんを追ってしまい…。

編集部のレビュー

表紙に一目ぼれしてしまい買った一冊ですが、中身も素晴らしい作品でした。主人公の葉月はある日、知らない男子高生からラブレターをもらいます。その男の子の名前は周平君。最初は葉月も周平君には興味がないですが、次第に2人の距離は縮まっていきます。周平君の一途な思いにキュン、そんな周平君に戸惑いながらもひかれていく葉月にキュン、な甘酸っぱい夏の恋物語です。また1巻完結の作品なので、高ぶった気持ちのまま終わることができるのも良いところです。甘酸っぱい感情を味わってないな…と思う女子の皆さんにぜひおすすめの作品です。

仲野えみこ

劉備徳子は静かに暮らしたい

2巻(連載中)

  • 歴史
  • SFラブコメ
  • 学園
  • 転生モノ
劉備徳子は静かに暮らしたい
©仲野えみこ : 引用元

どんな
作品?
三国志の武将たちがJKやJDに転生!斬新な歴史ラブコメディ!

あらすじ
三国志の英雄が高校生に転生!!忠誠心や敵対心が、現世では恋心に……なる!?魏・呉・蜀の三国時代、信念を胸に戦い倒れた武将達……であったが、なぜか日本に転生!!しかも、曹操・孫権・劉備は女子高生に!? 歴史も楽しめる(!?)新感覚ラブコメ!

編集部のレビュー

2017年2月に第1巻が発売されてから、じわじわと人気になっている少女マンガです。歴史が絡んでくるお話は女性に人気ですが、この作品は三国志の歴史を楽しく学びながら読むことができます。何より面白いのが、それぞれ転生前の記憶を持っているというところです。主人公の徳子は蜀の国を治めた君子「劉備」ですが、転生後はおっちょこちょいなふんわりJKです。またその右腕として戦いに貢献した関羽はイケメンJDに転生し、なんと劉備に恋するのですから、歴史好き女子には「たまらない」設定ばかりです。三国志を知らない方にも楽しく読んでいただけると思います。

安藤ゆき

町田くんの世界

6巻(連載中)

  • 純粋
  • 感動
  • 心温まるストーリー
  • 優しい世界
町田くんの世界
©安藤ゆき : 引用元

どんな
作品?
様々な人との出会いを経て主人公がヒロインに初めて恋をしていく

あらすじ
物静かでメガネ。そんな外見とは裏腹に成績は中の下。アナログ人間で不器用。なのに運動神経は見た目どおりの町田くん。得意なことが何もないと本人は思っていますが周りからは愛されています。その理由とは…? 別マの新感覚連載、必見の第1巻です!!

編集部のレビュー

主人公の町田くんの世界観に触れると、優しさが溢れて自然と涙がこぼれてくるような心温まる素敵なストーリーです。こんなにも人に優しく、思いやりに溢れた人は見た事がないというくらいで、この世界が大好きなんだなと伝わってきます。まだ恋を知らない主人公とヒロインのピュアなラブストーリーにドキドキが止まらず、先が気になって読み進めてしまいます。こんな素晴らしい男の子に愛されてみたい、と心から思わせてくれる主人公です。

田村由美

7SEEDS

全35巻

  • 未知の世界
  • サバイバル
  • 未来
  • 純愛
7SEEDS
©田村由美 : 引用元

どんな
作品?
未来の崩壊した日本で生き残った男女によるサバイバルとその中での恋愛模様

あらすじ
ごちそうを食べて自分の部屋で寝たはず…だが目覚めると、ナツは荒れ狂う海の上にいた。どうして自分がここにいるのかわからない。やがて流れ着いた無人島。生きるための過酷な冒険が始まった!!

編集部のレビュー

この壮大な世界観は田村由美先生でなければ描けなかった、と思わせてくれる素晴らしい作品です。まず崩壊した世界で生息している未知の生物の描写が、生物達の進化や生態などが本当によく考えられている事に驚きを隠せませんでした。また、登場人物が多数いるにも関わらずその背景がしっかりと描かれていて、彼らの恋愛模様、人間関係やこの世界で生き残っていく為の生活など、本当に作りこまれています。最後はどのようにまとめるのか、彼らが選ぶ未来と導き出す答えがとても気になって、最後まで読まずにはいられない作品です。

藤もも

恋わずらいのエリー

5巻(連載中)

  • 純愛
  • 妄想女子
  • ラブコメ
  • 純情男子
恋わずらいのエリー
©藤もも : 引用元

どんな
作品?
ありがちでなかったラブコメディ

あらすじ
地味で目立たない高校生活を送る女子高生の市村恵莉子。唯一の楽しみは、かっこよくて爽やかなオミくんこと近江章を眺めつつ、日々の妄想を”恋わずらいのエリー”の名前でつぶやくこと。でもある日、オミくんの裏の顔をうっかり知ってしまったうえに、恥ずかしいつぶやきが彼にバレてしまって……。変態地味女子×ウラオモテ男子のアブノーマルLOVE!

編集部のレビュー

地味で存在感のない主人公が、イケメンに恋をする話はよくあると思います。この漫画もそうですが、1つ違うのが主人公が変態妄想キャラであることです。これがすごく面白くてどんどん読んでしまいます。イケメンくんも女慣れしてるのかと思いきや純情くんで可愛いです。すぐに照れるイケメンくんがなかなか素直になれない姿、思ってもないこと言ってしまう姿にキュンキュンします。高校生!って感じの可愛らしい作品でとても気に入っています。

ろびこ

となりの怪物くん

全13巻

  • 青春
  • 問題児
  • ぼっち
  • ラブコメ
  • 純粋
となりの怪物くん
©ろびこ : 引用元

どんな
作品?
人との距離、付き合いが分からない2人の恋

あらすじ
となりの席の吉田くんは入学初日の流血事件以来、一度も学校に来ない……。自分の成績にしか興味のなかった水谷雫(みずたにしずく)はたまたまプリントを届けたため、その吉田春(よしだハル)に勝手に友達認定されてしまう。しかも、春の純粋さを知って優しく接すると今度は告白までされちゃって……!? 冷血女子×超問題児。そんな二人が恋をした――!!? 新感覚ラブストーリー開幕!

編集部のレビュー

男性でも読みやすいような、女性コミック特有のクセがありません。ラブラブ、イチャイチャするような話が苦手な方におススメです。キャラクターみんながとても魅力的で引き込まれてしまいます。ストーリー自体は、ありきたりなものかもしれませんがとてもよく練られているので、飽きずにサクサク読めました。絵もシンプルで、女性漫画特有のキラキラとした感じはないですが綺麗でした。作品の雰囲気に合っていて、穏やかでシンプルな感じが全体にあります。

あなしん

春待つ僕ら

8巻(連載中)

  • 青春
  • 恋愛
  • ぼっち
  • スポーツ
  • 逆ハーレム
春待つ僕ら
©あなしん : 引用元

どんな
作品?
バスケ部のイケメン4人とぼっち女子のお話

あらすじ
本当の友達が欲しかっただけなのに……高校こそ脱ぼっちを目指して意気込んでいた美月(みつき)。だけど、突然出会ったバスケ部イケメン四天王にかまわれ振り回され、新生活は思わぬ方向に……!? イケメン4人とのハチャメチャ青春DAYS始まる!!? あなしんが描く、イケメンたちとのキラめく青春ラブストーリー!

編集部のレビュー

バスケ部のエース4人(しかも全員超絶イケメン)と友達がいないぼっち女子による、形式だけは逆ハーレムともいえる漫画です。あ~、また少女漫画によくある、現実には絶対にありえないこの設定か…と思いましたが、読んでみると全然違います。ひょんなことから仲良く(?)なったぼっち女子の美月とバスケ部のスーパースター4人組。美月のことをいじりつつも大切な友人として関わっていく様は、学園ものの王道です。登場人物も一人一人キャラが立っていて面白いし、何より絵がきれいなので引き込まれます。もちろん恋愛要素もありで、胸きゅんな展開も多し。ありがちでベタな設定を嫌う人にこそ読んでほしい作品です。

椿いずみ

月刊少女野崎くん

9巻(連載中)

  • 片思い
  • ラブコメ
  • 一途
  • 4コマ
  • 映像化
月刊少女野崎くん
©椿いずみ : 引用元

どんな
作品?
タフそうなイケメンが実は少女漫画家!?ギャップとテンポが楽しい!

あらすじ
無骨な男子高校生「野崎梅太郎」。彼に恋をした女子高生「佐倉千代」は勇気を振り絞って告白するものの、何故か恋人ではなく少女漫画家のアシスタントになったのでした…。男子高校生でありながら人気少女漫画家でもある野崎くんの日常を描く、少女漫画家男子コメディー!!

編集部のレビュー

月刊少女野崎くんはWEB漫画掲載サイト「ガンガンONLINE」で2011年8月25日から連載されている4コマ漫画です。女子高生の佐倉千代ちゃんが、以前から好意を持っていたイケメン長身のタフガイである野崎梅太郎くんに告白したところ、実は野崎くんはプロの少女漫画家で、彼はファンからの声援だと勘違いし、美術部経験がある千代ちゃんはベタ塗り担当のアシスタントに起用され、というところから始まる物語なのですが、イケメンだが無口でかなり浮世離れしている感のある野崎くんや、色々とシャイな御子柴くん、完璧な王子様体質の鹿島くん(女性)」などなど、どこか抜けてはいるものの愛らしいキャラの掛け合いが本当に楽しい作品です。基本的にテンポと毒が効き過ぎていないギャグの満載で話が進んでいくのですが、野崎くんが漫画家ということで創作に関する話題も多く、特に、イケメンではあるもののまったく空気を読まず話も聞かない編集の前野氏の介入など、本気で野崎くんの苦労がしのばれるシチュエーションも多かったですね。また、野崎くん以外にも様々な男性キャラが登場するものの、あくまで千代ちゃんは一途で、かつ周りの人を排除したりはしないタイプであり、大きなリボンをつけたルックスとあわせてとても可愛らしく好感が持てるタイプで(前野氏を別にすれば)、イヤミなライバルキャラが出てこないのも嬉しかったですね。アニメ化もされたヒット作品ですが、男女問わず支持されたのではと記憶しています。

相川ヒロ

三神先生の愛し方

5巻(連載中)

  • 溺愛
  • ハイスペック
  • 歳上
  • 教師
三神先生の愛し方
©椿相川ヒロ : 引用元

どんな
作品?
深くも優しさに溢れた愛

あらすじ
レンアイ経験0、彼氏いない歴16年のなつめ。…それもこれも、お隣さんで高校教師の三神先生が、ちょー過保護なせい!! 家でも学校でも、溺愛っぷりが過剰に異常で…どーしよう!?

編集部のレビュー

相川ヒロさんの「三神先生の愛し方」。この作品は恋愛経験のない高校一年生のなつめと、家がお隣で幼馴染である高校教師三神先生のラブコメディとなっています。時に三神先生のなつめに対する過保護っぷりがエスカレートし、怖い一面を見せたり、一途になつめ一筋が垣間見えるシーンがあったりと、女性の乙女心を擽る作品です。三神先生のなつめに対する異常な過保護と愛情を、なつめと同じ目線になってドキドキさせてくれるので、私は一巻から最新刊まで一気読みしてしまいました。優しさもあるけれど、想いだけは譲れないという強引なところもあり、一気読みしてしまうのも無理なかったなと思います。また、深い愛、執着、そんなワードに惹かれる方は、この漫画をおすすめしたいと思います。この漫画は、少女漫画という括りで出版されていますが、執着愛という危ない恋愛模様を描いているところもあるので、最初は興味本位で立ち読みしたはずが、少女漫画というプラトニックな恋愛もありながら、深い愛を渇望する三神先生の二面性にノックアウトです。つまり、執着もあるけれど、溺愛もしてくれるから、深くて想い恋愛が好みの方、純情至上主義の方、どちらも楽しめる作品となっています。

眉月じゅん

恋は雨上がりのように

9巻(連載中)

  • 純愛
  • 年の差恋愛
  • おじさん
  • 女子高生
  • 映像化
恋は雨上がりのように
©眉月じゅん : 引用元

どんな
作品?
女子高生とおじさんの恋が切ない

あらすじ
橘あきら。17歳。高校2年生。感情表現が少ないクールな彼女が、胸に秘めし恋。その相手はバイト先のファミレス店長。ちょっと寝ぐせがついてて、たまにチャックが開いてて、後頭部には10円ハゲのあるそんな冴えないおじさん。海辺の街を舞台に青春の交差点で立ち止まったままの彼女と人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなす小さな恋のものがたり。

編集部のレビュー

恋は雨上がりのようには、期待の新人漫画家眉月じゅん氏によって2014年から連載開始されたピュアラブストーリーです。当初は月刊ビッグスピリッツで連載されていましたが、不器用な年増のおじさんと、容姿端麗な女子高生がおりなす甘酸っぱい展開が女性を中心に爆発的な人気となり、現在は週刊連載となっています。不器用で自分に自信がないおじさんこと「店長」に、非の打ちどころがない美しい女子高生「あきら」が恋心を抱きのめり込んでいく様子は胸キュン必須です。また2018年には実写映画されることでも話題となっています。ちょっと変わった恋物語が好きな方はぜひ押さえておいて間違いない作品です。

新川直司

四月は君の嘘

全11巻

  • 純愛
  • 映像化
  • 音楽
四月は君の嘘
©新川直司 : 引用元

どんな
作品?
中学生音楽家たちのほろ苦い青春恋愛

あらすじ
桜の花びら、音楽、そして嘘。君と出逢った日から世界は変わる――母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生(ありま・こうせい)。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い……だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト……少女・宮園(みやぞの)かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!! 胸を打つ青春ラブストーリー!!

編集部のレビュー

四月は君の嘘は最近実写化をされた恋愛漫画作品であり、月刊少年マガジンにて連載され完結をしています。そのお話については中学生のピアニストとバイオリニストがお互いにライバルとなり、またそれを通じて中学生らしいほのかな恋愛関係になっていくという作品です。実写化もされたので割りと内容を知っている人も多いと思いますが、音楽家ならではの悩みがあり、中学生らしく等身大に悩み恋をしていくというほろ苦い感じの恋愛漫画となっています。とてもシリアスな恋愛漫画ですが繊細な中学生や音楽家の心境が本当に良く描かれているので、ネタバレをせずに一気読みをしてみてください。

水城せとな

失恋ショコラティエ

全9巻

  • 純愛
  • 映像化
  • 駆け引き
  • 男目線
失恋ショコラティエ
©水城せとな : 引用元

どんな
作品?
斬新な構成で結末が非常に気になる!

あらすじ
製菓学校に通う爽太(ソータ)は一つ上のサエコと交際中。4年前の一目惚れから想い続け、去年のクリスマス直前にようやく初キス。大のチョコレート好きな彼女のため、チョコ作りの腕を磨く日々。彼女からタバコの匂いがしても、バレンタインのデートを断られても、全くくじけず挑み続ける爽太だったが…!?

編集部のレビュー

失恋ショコラティエは数々の漫画賞を獲得していて発行部数は250万部を優に越えている有名な作品です。テレビでもドラマ化されています。ストーリーは実際に読んでみて欲しいので紹介はできないのですが、筆者は数多くの恋愛コミックを読破してきたつもりでしたが、この漫画のストーリーには、まだこんなやり方が残されていたのかとものすごく衝撃を受けました。主人公とヒロインとの間の恋がどのように成就するのかが最大のテーマなのですが、綺麗事ばかりではない展開が次々に発生して読んでいて全くだれてしまうことがありませんでした。コマ間の間が独特で、ちょっとした沈黙の中で行われているであろう恋の駆け引きにはうなりっぱなしでした。恋愛ストーリーなのに心理バトルの漫画を読んでいるような興奮も楽しめました。

矢沢あい

NANA

21巻(休載中)

  • 純愛
  • 熱い
  • 音楽
  • 映像化
NANA
©矢沢あい : 引用元

どんな
作品?
上京と恋愛と音楽のワクワク感がいい!

あらすじ
幸せの名をもつ少女が自らの意志で、運命を、切り拓く…。小松奈々と大崎ナナ…同じ名前を持つ2人の少女が繰り広げる、感動の恋のストーリー! 2人の「ナナ」、それぞれの幸せはどこにある…?

編集部のレビュー

NANAは、「cookie」で2000年の7月号から現在も連載されている女性向け漫画です。東京に上京してきた電車で隣同士になった二人の「ナナ」を主人公に進んでいく物語ですが、根っからの恋愛体質で彼氏を追って東京に来ちゃった奈々(ハチ)と音楽をやって一旗上げるべく上京したナナの違いが面白く、そのクセ相性バッチリな二人には微笑ましさすら感じました。作品全体に言えることですが、青春の熱さと言うかワクワク感がありますね。特に、まだまだ音楽シーンが活気があった頃の熱さや、上京という言葉へのロマン、そして新天地での恋愛等々、今とはちょっと違う世界観が良かったです。今ではスマホで動画を送り合うことも簡単ですが、当時は文字のメールか電話でやり取りするしかなかったんだな、とか思いつつも、奈々を取り巻く環境も急変していき、彼女の心境もどんどん変化していったりと、まったく予想ができない盛り上がりもあります。一方で、一人で上京した女性たちのリアル感もとてもしっかりしていて、アニメや映画になったりと大ヒットしたのも頷けるクオリティです。

一井かずみ

どうせもう逃げられない

全10巻

  • 大人ラブ
  • オフィスラブ
  • 純愛
  • 一途
どうせもう逃げられない
©一井かずみ : 引用元

どんな
作品?
ドキドキのオフィスラブに憧れる

あらすじ
「OLになること」が夢のなほ。ついに内定確実の最終面談までこぎつけ、採用が決まるまでのつなぎとしてデザイン事務所で短期バイトをすることに。でもバイト先の代表・向坂には最低で最悪、という印象しか持てず、しかもなほはなにかと弄られてばかり。そんなある日、信頼していた就活仲間に裏切られ、面談をすっぽかすことになる。それでも「悪いのは自分」、と決して相手を責めないなほを向坂は優しく慰めて---?「さあ秘密をはじめよう」の一井かずみが贈る、一筋縄ではいかないラブストーリー。

編集部のレビュー

「どうせもう逃げられない」は、2011年8月号~2015年7月号までプチコミックで連載されていた少女マンガです。作者は「さあ秘密をはじめよう」などをはじめ若い世代に憧れの大人な恋愛を描くことに定評のある一井かずみさんです。就職活動が惨敗に終わり、派遣やアルバイトをしていたなほは、ひょんなことからデザイナー事務所の社長と知り合い、そこで働くこととなります。社長の過去、ドキドキのオフィスラブ、同僚との三角関係と最後まで読み応え満載で、思わず胸が苦しくなるシーン、泣き笑いしたくなるシーンなど、きっとあなたもなほ目線で楽しむことができると思います!

大和和紀

はいからさんが通る

全8巻

  • ラブコメディ
  • 大正浪漫
  • 劇場化
  • 映像化
  • リメイク
はいからさんが通る
©大和和紀 : 引用元

どんな
作品?
大正浪漫あふれるラブコメディ

あらすじ
70年代に少女たちの間で空前の「はいからさん」ブームを巻き起こしたラブコメの名作が、装いも新たに登場!! 時は大正、花村紅緒、17歳。明るく元気いっぱいのハイカラ娘。恋も結婚も自分で選びたいと夢見ていたある日、伊集院忍という許嫁の陸軍少尉が現れる! 自分のじゃじゃ馬ぶりをいつも面白がる笑い上戸の彼が気に入らない紅緒は、この結婚を破談にしようとして!?

編集部のレビュー

はいからさんが通るは、講談社の「週刊少女フレンド」に1975年7号から1977年10号まで連載されていた大和和紀によるロマンチック・ラブコメディです。あまりの人気ぶりに、連載終了後にも、一話完結の番外編3作が掲載されました。時は大正。男顔負けの武道の腕を持つおてんば娘の花村紅緒は、ある日突然、自分に生まれた時からの許婚(婚約者)がいることを知らされます。ところが、この許婚・伊集院忍は、紅緒の親友・環の想い人だったのです。親の決めた結婚が気に入らない紅緒は、親友のためにも、この婚約を何とかして破棄しようとしますが、いつしか誠実で優しい忍に惹かれていきます。そんな時、陸軍の少尉である忍はシベリアに出征することに!紅緒と忍はお互いの気持ちを確かめ合いますが、忍はシベリアの戦地で消息を絶ってしまうのでした…と書くと、何だか悲恋の物語のようですが、はいからさんが通るはラブコメディ。紅緒の明るいキャラクターと、紅緒を取り巻くいい男たち、そして個性豊かな脇役たちのやり取りが面白くて、クスクス笑いながら読める漫画です。40年も前に描かれたものですが、シリアスなストーリーとコメディのバランスが絶妙で、今読んでも十分楽しめます。大正時代の文化やファッションも素敵で、歴史の勉強にもなるかも。まず本編をじっくり読んで、紅緒を取り巻く男たちのその後を描いた番外編を読むのがおススメです。

一条ゆかり

恋のめまい愛の傷

全2巻

  • 大人向け
  • ドロドロ
  • 歳下
恋のめまい愛の傷
©一条ゆかり : 引用元

どんな
作品?
今こそ読むべきドロドロの恋愛ドラマ

あらすじ
婚約者・亮とともに3年ぶりに帰国した更紗を空港で出迎えたのは、3年前、愛し合いながら仲を裂かれた年下の恋人・琳だった。亮と琳は両親の離婚で名字の変わった実の兄弟だったのだ。更紗の心は激しく揺れる…。

編集部のレビュー

ただいま休業中の一条ゆかり先生の代表作のひとつ、『恋のめまい愛の傷』です。美しい絵とドロドロのストーリーで一気に読ませてくれます。ヒロインが学生時代にあった年下の男性(というか男の子)、彼との恋を諦めないといけなくなり、その後につきあった男性と結婚が決まり、彼の家族に挨拶に行ったらそこにはあの男の子の大人になった姿が……、2人は実は兄弟だったのです。このさわりだけでもドロドロな展開になるというのが想像できます。その後どのような決断をヒロインがくだし、男性たちは……というのはここには書けませんが、どちらもいい男なので読んだ後で「私だったら兄のほう」「私は弟」などと女友達どうしで盛り上がれると思います。

きら

まっすぐにいこう

全26巻

  • 純愛
  • 動物
まっすぐにいこう
©きら : 引用元

どんな
作品?
ピュアな気持ちになれる漫画

あらすじ
オレの名前はマメタロウ。おとこの犬だ。主人の郁ちゃん―若月郁子は、オレのことを何でもわかってくれる。だからオレも郁ちゃんのことは何でもわかる……たとえば好きな人とか。雑種犬・マメタロウとその飼い主・若月郁子、そして郁子の彼氏・秋吉純一のほんわかラブストーリー。

編集部のレビュー

まっすぐにいこうは、1991年に「ザ マーガレット」で連載が始まった漫画です。その後別冊マーガレット、コーラスと誌面を移し、連載が続きました。主人公の「郁ちゃん」と、その飼い犬の「マメタロウ」を中心に、高校生の純な恋愛が描かれています。犬目線でも飼い主たちの日常や恋愛模様が描かれており、笑いあり、感動ありで、純な恋愛が大好きな人も犬が大好きな人もほんわかした気持ちになれる漫画だと思います。

高橋しん

最終兵器彼女

全7巻

  • 純愛
  • 戦争
  • 改造人間
  • 映像化
最終兵器彼女
©高橋しん : 引用元

どんな
作品?
極限状態の最中に咲いた、小さくて美しい恋の花。

あらすじ
ぎこちなくも清純な交際をしている高校生、シュウジとちせ。札幌が突然の空爆に襲われたある日、シュウジは思いも寄らない姿に変身していたちせに出会った。背中から羽が生え、空をマッハ2の速度で飛び、とてつもなく破壊能力を持つ、自衛隊によって改造された“最終兵器”。それがちせだった。地球のあちこちで紛争が起こるたびに呼び出され現場へ向っていくちせと、彼女を見守ることしかできないシュウジ。ふたりの未来はいったい…!?

編集部のレビュー

最終兵器彼女は、2000年1月から2001年10月まで「ビッグコミックスピリッツ」にて連載された、高橋しん氏による漫画です。物語は、高校三年の部活を引退したばかりのシュウジと、シュウジに片思いしていたちせが付き合い始めるところから始まります。恋人同士になったものの、奥手でウブで何をしていいか分からないちせと、ちょっとドンくさいちせに難しさと息苦しさを覚えているシュウジではすれ違いがあり、結局交際をやめようという話になりますが、そこで互いが本音を言い合って再び好きになって……、といった導入で、ここまでは王道かつ正統派の恋愛漫画といった感じなのですが、実はちせは自衛隊に所属する「最終兵器」であり、襲ってくる敵国と死闘を繰り広げているのです。そのことは後にシュウジが知るところになるのですが、一般人に過ぎないシュウジには何もできず、ただやきもきしながら愛する人を待つしかない辛さが胸に染みます。ちせの方も、心優しく気弱な少女である一方で戦いに向かわねばならなかったり、兵器化が止まらなくなって人として「壊れて」いくのを受け入れるしかなかったりと、とにかく精神的にきつい展開が続き、だからこそシュウジとの再会や、おままごとのようなかりそめの同行などがより儚く温かいものとして読み手の心に響いてくるんですね。日本が、そして地球がどうしようもなく終わっていく中で想いを隠し生きたり、あるいは感情に従って生きる人々の姿が、高橋氏の儚く美しい画風によって描き出されることで、かえって強烈な印象を与えてきます。

ページトップへ