うらないん

たまには違う服装も?ファッションで変わる恋愛運

たまには違う服装も?ファッションで変わる恋愛運

恋愛運が服装で上がる?

運気が上がるファッションがあるとしたら、試してみたいと思いませんか。

とくに、恋愛運は服装によって大幅にアップしたり、逆にダウンしたりします。
「付き合っても長続きしない」「ステキな人がなかなか現れない」と、何となく恋愛運のなさを感じている人は、自分の服装を見直してみましょう。

もっといい恋ができるヒントが見つかるかもしれませんよ。

恋愛運アップのファッションをかなえるには、ピンクを取り入れるのが簡単

恋愛運がアップする服装の色味として代表的なのが、ピンクです。
ピンクは見ていて誰もが心和む、女性らしさを象徴する色ですよね。

ピンクの服を着るという事は、女性らしさをまとわせるという事

パッと見で女性らしさを演出できるので、恋愛においてかなり有利です。

また、ピンクを身につける事によって優しい気持ちになり、内側から女性らしさがにじみ出てくるという効果も期待できます。

恋愛運を上げたい人は、外側からも、内側からも女性らしさを引き立たせてくれるピンクを取り入れる事から始めましょう。

パステルカラーもOK!なりたい雰囲気を演出して

ピンクが何となく苦手という人は、ピンク以外のパステルカラーでもOKです。

コツは、ビビッドな色合いではなく、優しいマカロンのようなフワフワしたカラーを選ぶ事です。

イエローなら元気、グリーンなら温和、水色なら知的、パープルは神秘的等、色によって、なりたい雰囲気を演出する事ができます。

服装に黒が多めだと運気がダウンする


服装に黒が多めだと運気がダウンする

恋愛運アップを狙うなら、避けたいのは黒です。
パステルカラーのコーディネートを引き締める為、バッグや靴に黒を入れるくらいなら構いません。
しかし、モノトーンのファッションは、恋愛運を含めた全体の運気をかなりダウンさせてしまいます。

黒は、女性のふんわりとした優しさを封じ込めてしまう色だからです

もちろん、黒が女性の全ての色香を隠してしまうかといえば、そうではありません。
黒をまとう事によって、かえって大人の色気が増す場合もあります。

しかし、ややもするとその色気は、妻子持ちや彼女持ちの男性を引き寄せてしまうかも

健全な恋愛を望むなら、出会いの場で黒を着るのは控えましょう。

アクセサリーなら揺れるピアスがだんぜん恋愛運に効く!

アクセサリーを選ぶなら、「揺れるもの」「光るもの」を基準にしましょう。

「揺れる」も「光る」も、風水においては良い気を引き寄せる強力なキーワードです。

ユラユラ揺らすなら、ピアスやイヤリングがだんぜん効果的。
さらにストーンが光るタイプを選ぶと、ぐっと恋愛運が上がります。

ビジュー付きのバッグ等キラキラした小物もいい

バッグや靴といった小物を選ぶ時にも、「光る」を基準にしましょう。
ビジュー付きのバッグや光沢のある素材を使ったパンプスは、運気アップにつながります。

ラメ入りのスカーフもおすすめです。

風水では運気を上げるカラーが毎年変わる

風水では、とくに運気を上げるカラーが、毎年変わります。
風水で恋愛運を上げるファションを極めたいと思ったら、その年のラッキーカラーを取り入れましょう。

最強に運気を上げるファッションが完成します。

例えば、風水における2018年のラッキーカラーのひとつはゴールド

シャイニーな輝きをもつ小物をファッションに取り入れられれば、全体的な運はもちろん、恋愛運も大幅にアップする事でしょう。

また、ボルドーもこの年の開運カラーとして注目されています。
アクセサリーにさりげなく取り入れるのがいいでしょう。

下着もチェック!古びたものを身につけてない?

モテの為には、目に見えるところを変えるだけでは足りません。
下着もチェックしましょう。
古びたものを身につけていませんか。

実は、直接肌に触れるものが汚れていたり、ボロボロだったりすると、恋愛運に悪影響を及ぼします

新年、あるいは新学期を機に、下着を新調してはいかがでしょうか。
心もリフレッシュしますよ。

服装で運気がアップするなら、試さなきゃ損

紹介したように、運気が上がるファッションは、確実に存在します。
運気アップがファッションでかなえられるなら、試さない手はありませんよね。

パステルカラーやアクセサリー、光る小物に抵抗があるという人は、まずは季節代わりのセールでお得に求めてみては。

そして、ここぞという出会いの場でだけでも、身につけるようにしましょう。

LINEトーク占いをチェックする

人気のキーワード

KEYWORD

うらないんの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ