うらないん

浮気相手の気持ちを知るには?

好きになってはいけない相手だと思いつつも、いつの間にか本気になってしまった。浮気や不倫の相手が本当はどう思っているのか、狂おしいほど知りたくなる瞬間がありますよね?そんな時は、占いで彼の本心を聞いてみるいいかもしれません。彼の気持ちを探る占い方を存分に紹介します。

浮気相手の気持ちを知るには?

浮気相手の本音を知りたい?

誰にも言えない恋をしていると、自分で悩みを抱え込んでしまいがちです。

好きになってはいけない相手だと思いつつも、いつの間にか本気になってしまった

浮気や不倫の相手が本当はどう思っているのか、狂おしいほど知りたくなる瞬間がありますよね?
そんな時は、占いで彼の本心を聞いてみるいいかもしれません。

どういう風に聞くのがいいのか?
またどんな占い方がおすすめなのか?

少しでも気を落ち着かせる為、彼の気持ちを探る占い方を存分に紹介します。

秘密の恋のゆくえ、どうなる?

どうしても惹かれる人ができてしまった……。
いけない事とはわかっていても、盛り上がってしまうのが浮気や不倫です。禁断の恋だから燃えているのか、それとも純粋に相思相愛なのか、不安になりますよね。

浮気が本気になってしまっているのであればなおさらです

また、「自分はあの人の2番目」という人は、さらに辛い気持ちを抱えているのではないでしょうか。彼女や妻のいる相手からの連絡を待つ時間ほど、耐え難いものはありません。
いつかたった一人の女性として愛される事ができるの? 日々、悩みは尽きませんね。

占いは、誰にも言えない悩みを相談できる強い味方

許されない恋をしているとなると、大切な友人やまして家族等には絶対に打ち明けられないと思う人は多いでしょう。でも、それではあなたの悩みを誰が受け止めてくれるのでしょうか。罪悪感と切なさで押しつぶされてしまう前に、頼れる人を見つけましょう。

占い師なら、あなたの秘密を守ってくれるうえ、浮気相手の本当の気持ちをあぶりだしてくれます。

さらに今後どうするのがベストなのか、インスピレーションや経験、相談内容から総合的に判断してアドバイスをしてくれるでしょう。
目の前が、パッと明るくなりますよ。

相手の今の気持ちを占うならタロット

相手の今の気持ちを占うならタロット

本気なのか、それともただの浮気なのか、相手の気持ちをとにかく知りたいと考える人には、タロット占いがおすすめです。タロット占いは、調べる事が具体的であればあるほど有効性を持つとされています。

「今年の運勢」や「自分の運命」といった漠然としたものではなく、今まさにある悩みの解決策等を導き出すのが得意なのです

つまり、「あの人は今、私の事をどう思っているの?」という直球の質問は、タロットにぴったりだといえます。いずれ夫に離婚を切り出し、浮気相手と結ばれたいと考えている人や、略奪愛を望んでいる人は、タロット占いに頼ってみましょう。

初めは無料占いでもいいかもしれません

しかし、カードから相談内容に沿った意味を導き出すタロット占いは、占う側の知識と感性がものをいいます。無料占いを使って自分で判断するよりも、熟練の占い師に見てもらうほうが安心でしょう。

迷う場合は占星術や四柱推命を

そもそも、彼とは本当に相性が合うのか?

今、2人の気持ちが通じ合っていたとしても、本格的に一対一の交際を始めてからうまくいくかどうか、不安になりますよね。いざ浮気相手のほうと結婚したら豹変して、もとの相手のほうがよかったと後悔するという話もよく聞きます。

悲しい結果に陥らないよう、そもそもの相性をきちんととらえておく事が大事です

自分と相手との長きにわたる運命や、生まれながらの相性を知るには、占星術や四柱推命が有効です。タロット占いと合わせて活用すれば、相手の気持ちと2人の運命、両方を知る事ができるでしょう。

好機を呼び込む時期を知り、意識して行動しよう

浮気相手が自分に寄せてくれる愛情が熱いものだと知ったなら、早く一対一の恋愛に発展したいと思うでしょう。しかし、忘れてはいけないのが、本来本命であるはずの恋人です。別れるのは、一筋縄ではいきませんよね。

もしも浮気がばれてしまったら妨害されたり、結婚している場合は修羅場となってしまうでしょう

動き出す時期には、かなり慎重にならなければなりません。自分や浮気相手の長期的な運勢、運気を把握し、好機を探る事が重要です。今がどんな時期なのか、この恋に関わる全員の心の動きを読み取り、良い流れを作りましょう。

本来なら、自分たちは許されない仲のはず。
それを忘れず、謙虚かつ誠実な気持ちでいる事が大事です。

人気のキーワード

KEYWORD

うらないんの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ