片思い中

好きな人への手紙の書き方と渡すタイミング

好きな人への手紙の書き方と渡すタイミング

好きな人への手紙の書き方の基本

現在のように携帯もメールもない時代、男性も女性も手紙のやりとりで想いを伝えてきました。その風習は今も残っていて、お礼の贈り物の際に、お土産に添えて、誕生日のプレゼントに……と、意外と色々な所で活躍するメッセージカードだって立派な手紙。

昔は好きな人の名前を緑色のペンの色で書いてラブレターを書くと恋が実る、なんておまじないもあったくらいです。手紙は好きな人との距離を縮めてくれる恋愛ツールとして認識されている方も多く、それに何よりSNS全盛のこの時代に、形に残る手書きの手紙は意外と貰って嬉しいという声が多数。

「手紙なんて重い~」なんて言ってないで、ここは手紙の書き方をしっかりと抑えて、あなたなりの「手紙テクニック」で彼に自分の気持ちを伝えてみてはどうですか? 卒業式のお別れに、バイトを辞めてしまう彼に、会社を転勤するあの人に、退職するお世話になった方に……覚えればどこでも活躍、手紙の書き方の基本を今日も一緒に考えていきましょう。

手紙を書く前に

ではまず初めのステップ、便箋選びから。便箋は女性らしい、それでいてシンプル過ぎない物を選ぶと好印象です。おすすめは無地よりも端に花等が添えられているものが女性らしさを感じさせて良いでしょう。

そしてここが重要、ある意味内容を考えるよりも先にやるべきこと。それは練習用の用紙を用意することです。貰って嬉しい手紙でも、書き損じやミスばかりの手紙は読みにくいでしょう。内容を見返してより良いものを書く為にも、何度か書く練習をしておくようことが肝心です。ぶっつけ本番は意外とミスりやすく、失敗フラグですから、必ず練習しておきましょう。

書き始め、どんなことを伝えたい?

さて、内容に入りますがここで例文等には触れないでおきましょう。何故なら人によって伝えたい内容は違うからです。

あなたが手紙を贈りたいのは、どうしてですか?
好きな人に告白をしたいから?
そうだとしたら答えは欲しい?
別に伝えたいだけ?
欲しいなら好きな人にはどんな風に答えを伝えて欲しいですか?
もしかしたら好きな人は留学で遠くに行ってしまう?
だとしたら応援?
それとも手紙交換を申込みたい?

こんな風に少しずつ考えていけば、あなたの手紙の内容はすぐに出来上がります。後は何度か清書して、文章の流れをまとめれば完成です。ですが最低でも手紙を渡した理由、もし告白なら返事が必要かどうか、この2点だけは押さえるようにして下さい。次からもっと深く考えていきましょう。

相手から手紙のお返事が欲しい場合

相手から手紙のお返事が欲しい場合

好きな人へ手紙を書いて、お返事が欲しい場合は、メアド、連絡先を最後にきちんと添えましょう。そうでないと相手は連絡先を知らない場合、どうしようもありませんからね。

そして、手紙で告白したから手紙で返さなければならないというルールはないので、相手には「暇な時にメアド(もしくはLINEID等)に返事がほしい」旨をしっかり伝えてあげましょう、急かしたりするのは厳禁です。

どうやって渡す? やっぱり渡せない……

そして最後に手紙の渡し方ですが……やはりベストなのは、直接渡すことです。そして今この場で読んで欲しいか、それとも後で読んで欲しいか、それを伝えれば後者で恥ずかしいならその場を離れても良いでしょう。恥ずかしくて知り合いに渡して貰う、という人もいますが、やはり自分で渡した方が賢明です。ヘタをしたら渡して貰った人と好きな人が噂になる……ということもありえますので、出来たらここまで頑張って書いた手紙、あなたの手で届けて下さい。

そして渡す時にもう一つ注意したいのが、相手の状況。もし仕事や学業の忙しいタイミングで渡してしまうと最悪、目を通すことを忘れられる恐れがあります。この渡すタイミングだけは失敗しないように注意しながら、好きな人への想いを文字にして贈ってみましょう。きっと形になった想いはあの人へ届くはずですよ。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

片思い中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ