片思い中

素直で純粋な男性の恋愛観や特徴まとめ

素直で純粋な男性の恋愛観や特徴まとめ

ピュアで一途な所が素敵!素直で純粋な男性

純粋な人とは、一般的に素直とか、下ネタに対して初心な反応を返す人とか言われますね。

また純粋な人ほど傷つきやすい、とも言われるちょっと思い込みの激しい勘違いな人にも語感を濁して言われる事があります。

そういう意味ではポジティブな意味と、ネガティブな「子供っぽい人」「天然な人」と言う意味にも取れるので、人によっては馬鹿にされたと悪い方向に取られる事もあります。

そういう意味では傷つく人もいるので、簡単に純粋な人、とは言わない方がいいかもしれませんね。

・ですが純粋な人はその雰囲気やオーラから、とても人に好かれます。場合によっては異性にモテるだけでなく、同性も惹きつける魅力を持っています

誰だって他人に騙されたくありません。そういう意味では素直で真面目な、純粋な生き方をしている人は人に好かれるのでしょう。

・しかしそんな異性を恋愛対象として、彼氏、結婚相手に、考えると、大きな障がい……まず付き合うまでが、結構大変!

ピュアな性格なだけに恋愛の「好き」に気付かれない事も……そんな事にならない為にも、まず相手を知りましょう! そういう訳で素直で純粋な男性の恋愛観、特徴を以下にまとめてみました。今日も一緒に考えていきましょう。

素直で純粋な男性の恋愛観や特徴

素直で純粋な男性は、行動指針がとても真面目。いつでも頑張って仕事に取り組んでいます。

だけどそれだけに、取り組んでいる事に対して一生懸命過ぎて恋愛を楽しむ暇がない……。

・と言うよりも、恋愛を考えている暇がないと言った方が良いのでしょうか

そして純粋なだけに好きになった人にアプローチできず片思いで終わり、その上一途で周囲の女性のアプローチには気付いていないという事も……。

恋愛面には、ちょっと不器用な人かもしれません。それだけに恋愛対象としては「物足りない」「良い人過ぎる」と言われる事も多く、「男性的な」魅力には欠けていると思われる事もしばしば。

また恋人にすると結構嫉妬深く、その純粋さが重いと言う人もいるようです。

・だけどその欠点は全て純粋さ、人の良さの裏返し

その人の良さを消してしまうような事はせず、更に引き立てられるような人物になって隣に立ちましょう。

ちなみこのタイプの男性は、鈍いと言われる男性の中でも、トップクラスで女性のアプローチに気付きません。

・しかも誰にでも分け隔てなく接せるので貴女自身も嫉妬しちゃうかもしれません

ですが、そういった時にはモヤモヤを抱えて喧嘩になるような事はせず、しっかり「好き!」「嫉妬した!」と言えるような素直な女性になると上手くいきます。

純粋な人とは恋愛の駆け引きを楽しもうとはせず、あくまで素直になって相手に接する事。それが一番のアプローチです。次からもっと深く考えていきましょう。

純粋な人の隣で得られる感情


純粋な人の隣で得られる感情

純粋な人はお付き合いを始めると、ピュア過ぎてつまらないと感じる時があります。

・ですがそれは何にも変えられない「安心感」でもあります

彼の隣で得られるのはドキドキハラハラしたジェットコースターでも、恋の駆け引きを不特定多数と楽しむミステリーでもありません。いつでも一緒に笑ってくれる、場を和ませる天性の安心感なのです。

だから貴女も「優しいけどもう少しワイルドさがねー」なんて可愛くない事を言わないで、「一緒にいると幸せ」と言葉にして、素直な人になっていきましょう。

純粋な人は、周囲の人まで純粋にしてしまうような力を持っています。

・そうしてそういう人は、現実にいます、もしそういう人と出会ったら、その出会いを大切にして下さい

それは天性のものであり、持って生まれた徳のようなものです。出来れば貴女もそういう人になって、一緒に周囲を和ませていけるとなお良いですね。

クソが付くほど真面目な男性を落とすアプローチの方法

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

※《占い師を選択し、進んだ後に選んだ占い師からトークがきます》

人気のキーワード

KEYWORD

片思い中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ