片思い中

告白を失敗する女性に共通する特徴と、次の恋に繋げるための考え方

片思いをしている期間はずっと好きな人のことを考え、多くの女性は好きな人への告白を決心すると思います。しかし、告白には失敗もつきものです。失敗した時のことをしっかりと考えていないと、後悔ばかりしてしまう人もいますよね。少しでもリスクを減らすために、告白を失敗してしまいがちな女性の特徴について、ご紹介いたします。

告白を失敗する女性に共通する特徴と、次の恋に繋げるための考え方

告白を失敗する女性の特徴は?

片思いをしている期間はずっと好きな人のことを考え、その想いがどんどん募ってしまうのは当然のこと。好きな気持ちを心に溜め込むことができなくなったら信頼できる友達に話を聞いてもらったりして、彼のことを考えているだけで幸せなものですが、そんな想いを抑えきれなくなったら、多くの女性は好きな人への告白を決心すると思います。しかし、告白には失敗もつきものです、失敗した時のことをしっかりと考えていないと、後悔ばかりしてしまう人もいますよね。玉砕覚悟で告白をするのも悪くはありませんが、少しでもリスクを減らすために、告白を失敗してしまいがちな女性の特徴について、ご紹介いたします。

勘違いしている

自信過剰でナルシスト……、最近こんなわかりやすい人はなかなかいませんが、女性に多いのが、「きっと彼も私のことを好きなはず」、「彼も私からの告白を待っている」、「普段から仲がいいから付き合える」という勘違いをしてしまっている女性です。周りから見るとどんな根拠があってそんな自信を持つことができるのか不思議でならないことも多いのですが、本人は告白が成功するものと思い込んでしまっていることが大半です。さらに勘違いしてしまう女性に多いのは、自分の告白が失敗した原因は相手にあると思い込んでしまうこと。このような悲劇のヒロインタイプの女性は、どこか自分の告白は成功して当然と思い込んでいる節がありますが、実際のところ男性ウケはそれほどよくないので、成功率はそう高くないはずです。

本気さが伝わっていない

好きな人と普段から仲がいいというのは、告白する上でも成功する確率はかなり高くなる有利な状況と言えますね。しかし、いざ勇気を出して告白してみたら失敗してしまった……、という場合。もしかするとその告白、恥ずかしさからついつい、「軽い告白」になってしまっていませんか? 普段から仲がいい男性に告白しようと決めた瞬間、恥ずかしくなっていつものように言葉が出てこないことは誰にでもあります。だからと言って曖昧な告白をしてしまうと彼にはあなたの気持ちは伝わりません。これが両想いで、さらに彼が勘の鋭い人であれば気持ちを察してくれる場合もあるでしょうが、すべての男性がそんな人ではありませんよね。告白をする時に恥ずかしいのはみんな一緒ですが、真剣さを伝えられないとどれだけいい感じだったとしても告白が失敗に終わってしまいます。

場所を選ばない

告白を失敗する女性で多いのが、勢いだけで告白してしまう人。もちろん成功した場合は大逆転勝利のような快感を得ることもできますが、勢いで告白する女性は時と場所を選ばずに告白してしまうので、失敗した時のダメージも甚大です。勢いで告白をする前に、告白する場所のことも考えていますか? 全く意識をしていなかった女性から、街中や人が多い場所でいきなり告白をされて、そのままOKを出す男性ははっきり言って稀です。告白をする際は、ちゃんとムードがあって、返事をゆっくり聞ける状況か。お互いに落ち着いて話ができる空間なのか。最低でもこれくらいは考えておきたいところです。

イベントを利用しない

女性から告白する上で利用したいのが、季節ごとのイベント行事。バレンタインやクリスマスなど、告白するのにピッタリなイベントを利用しない手はありません。特にクリスマスなどは意識して恋人を求める男性も増えてくるはずです。こういったイベントがあと少しでやってくるというのに、我慢できずに好きな人と中途半端な距離感のまま告白してしまう女性がいますが、こういった焦りからの告白も多くは失敗に終わるということを心得ておきましょう。男性の気持ちがたかぶる瞬間があるのであれば、そういった時期まで時には告白したい気持ちを抑えて待つということも重要です。

顔見知りでもないのに告白する人

あなたが一目惚れをして彼のことをずっと意識していたとしても、彼があなたのことを全く知らないのであれば、告白が失敗してしまうのも仕方がないことです。もちろん、彼の方があなたの見た目などを好んでくれれば成功することもありますが、多くの男性は初対面や付き合いの浅い状態で告白されても、お互いを知らない状況ではすんなりOKできない生き物です。この場合は、できるなら告白の前にある程度、友達として好きな人と友好関係を深めるべきでしょう。人付き合いを重ねることで彼にあなたのことを知ってもらえますし、あなたも彼がどんな男性なのかより深く知っていくことができるはずですね。その上で本当にこの男性と付き合いたいのかを判断してから告白しても遅くないはずです。

女性として魅力がない人

女性の魅力というのは男性によって様々なので一言で語ることはできませんが、例えば、飲み会などの席で、あなたがだらしない態度でお酒を飲んで大声を出している姿をみたら好きな人はどう思うでしょうか。あなたとお付き合いに発展しても、何のメリットもないと思われてしまうかもしれません。こういった部分はその場だけで改めても、そのうち日常生活の中で露呈してしまう部分です。身に覚えがあるなら戒めて意識を変えてみるだけでも、異性からはまた違った印象になるはずです。

「考えさせてほしい」と言う男性の心理

好きな人に告白してみたものの、「考えさせてほしい」と言われてしまうこともあるはずです。この時、多くの女性は告白が失敗したと短絡的に判断してしまいがち。男性が女性からの告白に対して、「考えさせてほしい」と言うのは、ストレートにあなたと付き合いたくないという意味ばかりではなく、あなたの告白に対して思わず口から出てしまった場合や、あなたと付き合ってよいのかどうかと考えている場合もあるのです。もし断るつもりなのであれば、その場で返事をすればいいだけです。あなたが不安な気持ちになるのは仕方ありませんが、「考えさせてほしい」と話す男性はどういった心理なのか、ご紹介いたします。

友達だと思っていたから

好きな人とあなたがお友達としての期間が長かった場合。あなたのことは好きでも告白されると思っておらず戸惑った結果、「考えさせてほしい」という返事をしてしまうことがあります。微妙な距離感になってしまうことで、告白なんてしなければよかった……、と感じることもあるでしょうが、この間も彼はあなたのことをずっと考えてくれていて、心の準備をしているのかもしれません。今までの友人関係から恋人へ変わってしまうことへの不安、あなたを彼女として愛することができるかどうか。友達としての付き合いが長いことで、考える部分は多くなるものです。この場合は、あなたも焦らずどっしり構えて待つスタンスが、彼にもプレッシャーを与えないはずです。

別の人を好きだったから

好きな人が別の女性を好きだった場合も、「考えさせてほしい」と言うことがあります。失礼な話かもしれませんが、この時の男性心理はあなたとその女性のことを比較している状態で、どちらと付き合えばどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのか考えています。これは男性だけに限らず、女性も同じ境遇になればそういった心理になってしまうものです。あなたが告白をした時に、「好きな人がいるから考えさせてほしい」とちゃんと言ってくれる男性ならいいのですが、この時はそこまで伝えてくれない男性がほとんどかと思います。ただ、「考えさせてほしい」と話すからには、あなたとの交際も視野に入れているので、ちゃんと返事をもらえるまでは諦めないスタンスが肝心です。

恋人を作る気がなかったから

特に今、彼女が欲しいと思っていないような場合に突然告白された時も、「考えさせてほしい」と返事する場合があります。この場合も、「彼女を作る気がなかった」だけで、告白された時点であなたに興味がなければ、その場で間違いなく振られるはずです。少しでもあなたのことに興味を示しているからこそ、「考えさせて」というフレーズが出てきているわけなので、同じく好きな人のプレッシャーを与えないようにしながら、誠実に返事を待つようにして下さい。

告白に失敗しても成長する人の特徴

告白に失敗しても成長する人の特徴

告白に失敗して落ち込まない人なんていません。たくさん泣いて、落ち込んで気持ちをリセットすることで、次の恋愛に進めるようになるからです。そしてこの時にあなたが考えることは、次の恋愛にこの経験をどう活かしていくかということです。次の告白でも同じような失敗をしていてはいけませんよね。同じことを繰り返さないよう、告白に失敗した時にどうすれば成長できるのか、ご紹介いたします。

告白の失敗を引きずらない

次の恋愛に向けて成長できる女性というのは、告白の失敗をずっと引きずったりしません。ただ、これは簡単そうに見えてとても難しいことで、相手のことが本当に好きだった人ほど、それを忘れられないものです。しかし、一度振られてしまった以上、気持ちをしっかりと切り替えなければ、いつまで経っても気持ちが上向くこともないはずです。職場の同僚やお友達も、最初はあなたを慰めてくれるかもしれませんが、いつまでもうじうじしているとだんだん呆れられてしまうかもしれません。成長できる女性は、振られたことも人生経験として受け入れ、前向きに明るく日常を過ごしていくことができます。そういった気持ちの切り替えができると、周りの男性にもあなたの姿は明るく快活に映るはずです。

相手への接し方を変えない

告白に失敗すると、好きな人と気まずくなってしまって、お互いに距離をとってしまうのはある程度仕方のないことです。そんな中、告白に失敗しても相手への接し方を変えない女性は本当に強くて魅力的です。今までと何も変わらずに接することができると、事情を知っている周りの人も普段どおりにあなたと接することができます。あなたがそんな女性でいることができれば、いずれまたそんなあなたを魅力に感じる人が自然と集まってくるでしょう。

自分磨きを忘れない

自分から告白したのに振られてしまうと、何もかも放棄したい気持ちになってしまうものですが、一時的にネガティブになることはあっても、今まで頑張っていた自分磨きまでやめてしまってはいけません。むしろ、告白に失敗したことによって、「いい女になって見返してやる」という動機は、自分がより魅力的になるためのきっかけとしては本当に素晴らしいものです。人間は自分の外見を磨くことで同時に内面も成長していき、自分に自信を持つことができます。それがいずれやってくる次の恋愛への原動力になるのは言うまでもありません。

切り替えて次の恋を見つける

告白に失敗しても立ち直れる人は、もちろん一時的に落ち込むことはあっても、その経験を反省として整理した上で切り替えて次の恋に進みます。世の中には振られた後で、その男性のことを悪く言ったりする人もいますが、成長できる女性は好きだった人の悪口よりも、どこがよくて好きになったのかを話します。行動力が素晴らしく、失敗を糧にできるポジティブな女性です。

告白は相手の気持ちも考え、失敗しても前向きに

失敗しやすい告白のパターンを知っておくことで、それを未然に防ぐことができます。女性からの告白はとても勇気がいることですが、相手の気持ちを考えない自己満足な内容だと、多くが失敗に終わってしまうはず。そうならないようにしっかり準備して言葉と場所を選んで、例え失敗しても、「あの時ああすればよかった……」という後悔だけはないようにしていきましょう。

人気のキーワード

KEYWORD

片思い中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ