片思い中

塾で好きな人が出来た場合の接点の持ち方

一目惚れしちゃった?塾で好きな人が出来た場合の接点の持ち方

塾で好きな人が出来た場合の接点の持ち方

小学校の頃はまだ勉強が楽しかったのですが、中学生にもなってくると科目も増えてやる事が増えてきちゃいますよねぇ…今時の子供はそれを踏まえて、小学生や幼稚園の頃からでも塾に通わせると聞きました。
しかし塾の場というのは交流の場が広がったと考えれば、それはそれで楽しみの場所の一つになるのかもしれません。
同じクラスの子でも塾が同じっていうだけで何だか親近感が湧きますし、知らない他校の子に分からない問題を教えて貰ってから始まる恋…良いじゃないですか!

と、塾をまるで合コンか何かと勘違いしてしまっているような発言をしてしまいましたが、学校とはまた違う一面を見せる塾の場でも意外と恋愛の芽は芽吹くようです。
今回はそんな塾で芽生えた恋を応援すべく、塾で好きな人ができた場合の接点の持ち方、同時に進展のさせ方から告白までをレクチャーしましょう。
塾で芽生えた初恋…初恋でなくともどうにか実らせられるように、仲良くなれる方法を一緒に考えていきましょうね。

まず考えるべきは…勉強の事!

さて冒頭で色々と恋愛脳のような事ばかり言いましたが…塾の場は、やはり勉強をする場所である事は間違いのない事実です。その事だけは忘れないように念頭に置いておきましょう。
だから好きな人と会話しようと思っても、タイミングはきちんと測りましょう。
ベストは休憩時間や、終了時。
話したいけど話せないような接点のない相手なら、帰り道に挨拶をしてからまずは塾の勉強の内容、相手の学校の授業がどれだけ進んでいるか等、敢えて「真面目な子」を装いつつ話しかけると良いでしょう。

まずは連絡先がお互いに交換できるほど仲良くなるまで、最初の共通点として勉強の話題は不可欠!
そうして警戒心を出来るだけ抱かれないようにする為にも、まずは塾での勉強具合とかの話の方が相手も話しやすいのでオススメです。
もちろん相手が色々な話題を振ってくれるようなそれに合わせて話して、だけど授業中だけは真面目に授業に取り組む事で、周囲から浮かないようにする事も集団での行動では大切だと覚えておきましょう。
仲良くなれたら帰り道等いくらでもプライベートな話をする場所はありますので、相手も忙しい開始前よりは終わった後の時間を利用して仲良くなりましょう。

焦らないで、全てが終わってからが狙い目!

塾で好きな人が出来た場合の接点の持ち方

塾での恋愛で特に気をつけるべきは、目標。
塾に来るという事は成績アップ等の何かしらの目的あっての事ですが、その目標を達成できないで様であれば好きな人が塾を変える、止めさせられる等の事もありえます。
何より一番気を付けたいのが、相手が受験を控えている場合…真剣な人は、仲良しで集まって勉強会等言ってはいられません。
まずは目の前の目標を達成する事で頭が一杯、ストレスもかかっている状態です。
その時期に例え気になっている人から告白されたとしても、正直な話勉強の妨げに…万が一にもその事で相手の受験が上手くいかなかったら…そういう事も考慮して、アプローチも告白もタイミングを計って行動しましょう。

それよりも受験シーズンが終わった後の方が相手は気持ち的に落ち着いていて、余裕も生まれるので自然体で他人とお付き合いが出来ます。
ですからまずは友人として接触できるようになり、相手が落ち着いてからアプローチを行った方が成功率は高いでしょう。
どうしても塾での片思いとなるとシーズンが終われば会えなくなるという焦りから失敗してしまう事が多いのですが、まずは落ち着いて、相手の状況を思いやるのが大事です。
これはどんな恋愛のアプローチでも同じですから、覚えておいて下さいね。

塾での目的は、やはり一番は勉強です。
それが落ち着かなければ、相手も自分も充実した気持ちで恋愛は出来ません。
相手の事も大事ですが、貴女自身も恋愛の事で頭をいっぱいにし過ぎないように気をつけて下さいね。

【PR】Tphereth
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD
今日のゆるにゃんタロット占い

片思い中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ