微妙な関係

異性二人から告白された場合の選び方と対処法

異性二人から告白された場合の選び方と対処法

どっちを選ぶの? 同時に異性二人から告白された場合

誰かに告白される、という一大イベントは男性でも女性でも憧れるものです。

しかもそれが二人の人から告白されたとなれば……いやはや、貴女はとても魅力的な女性なのでしょう! 羨ましい!

・と、言う人もいますが、実際に同時に二人の異性から告白されたら、悩みますよね

二人の人から告白された場合、まず一番に考えるべきなのは貴女の好きな人、です。

もし片方が今まで貴方が片思いしてきた人、気になっていた人だというなら悩む必要はありません。

好きな人を選んだ……片方とは気まずい思いをするかもしれませんが、保留し続けて曖昧な態度をし続けるよりも断然良い結果です。好きな人とのお付き合いを選んで下さい。

・だけど、悩んでいるという事は二人共何か魅力に溢れている人で、判断がつかないという事ですよね?

では、そんな貴女の男を見極める力を上げる為に、今日は二人の異性から告白された場合の選び方と対処法を一緒に考えていきましょう。

貴女にとっての恋愛の決定打は何か?

まず、告白されて迷った時の基本は、貴女の考えを明確にはっきりとさせる事です。これは出来るだけ早めにやっておきましょう。

だらだらと返事を先延ばしにしていると、優柔不断と二人から愛想を尽かされてしまう可能性もない訳ではありません。

貴女が恋愛において、もしくは将来、そして結婚相手に求めるポイントとは何でしょうか?

・ルックス? 財力? 人柄? 何でも構いません、隠さずにいきましょう

そして失礼ながら、お相手二人との将来を想像すると同時に、二人とお付き合いする上でのメリットとデメリット、二人共どのようなポイントが魅力的で、どんなポイントが自分とは合わないと感じるか、これを小さな事でも良いので書き出してみましょう。

こう言うとまるで仕事の話みたいでロマンの欠片もないと思われるかもしれませんが、

・直感やその場の勢いだけで決定して後々引きずるよりはずっと良い……と割り切って下さい

何より悩んでいても先には進みません、判断ポイントを自分で明確にする事が重要です。

ここで判断する事が出来ればベストですが、出来るならば相手の方、二人共ともう一度会話をしておく事をオススメします。

・何故なら話してみたら貴女の価値観と全く合わなかった、もしくは彼の中のイメージと貴女が違い過ぎた……実際付き合ってみて起こる悲劇のひとつです

これは本来なら告白された段階で訪ねておくとベスト、淑女の皆さん、お忘れなく!

そしてその上で、必ず選択をしなければいけない事だけは、自分の中ではっきりとしておきましょう。次からもっと深く考えていきましょう。

断るにしても、優柔不断と思わせぶりな態度は禁物!


断るにしても、優柔不断と思わせぶりな態度は禁物!

色々な事から考えて二人共振る……そんな状況になったとしても貴女が悪い訳ではありません。

・ここで一番いけないのは、「どっちつかずの態度を続ける」「どちらかを保険にしておく」事です

この二つだけは絶対にしてはいけません、最悪のケースでは二人どころか貴女の周囲の人、全てに貴女の印象が悪くなるきっかけになりかねません。

その為にも誤解を招く態度は止めましょう。告白の保留期間をいただいたなら、その期間は二人共とそういった行動をしない事がベストです。

・「大丈夫、きっとバレたりしない」なんて浮かれている自分が、どこかにいませんか?

世の中にはその考えについていけない人の方がずっと多いのです。

『人の口には戸が立てられない』既に貴女が告白された事すら、噂になっているのかもしれないのです。答えは出来るだけ早めに、はっきりと。そして曖昧な態度、振る舞いは避ける。

これが二人の異性に告白された時の対処法です。微妙な関係を避ける為、是非トライしてみて下さいね。

恋愛で「勘違い」される行動の多い女性の特徴

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

微妙な関係の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ