微妙な関係

彼氏との関係がギクシャクし出した時の解決法

彼氏との関係がギクシャクし出した時の解決法

彼氏との関係がギクシャク……喧嘩? 別れの前兆?

「何だか最近、彼氏との関係がなんとなくぎくしゃくしてきた」そう悩んだ瞬間、悩んでいる人はいますか? ちょっとしたケンカの後、仲直りはしたけど何だか噛み合わない……彼氏とギクシャクしてきた。

・そう感じるのはどうしてでしょうか

もしくは特に揉め事を起こしていないのに、会話してもお互いにイライラしたり、言葉遣いや態度の一つ一つが気になって不機嫌になって……そんな時には、どうやって解決したらいいのか。

ギクシャクするのって結構辛いし、苦しいです。出来たらその空気から早めに解放されたいですよね。ギクシャクしてしまう理由や原因、ギクシャクしていると感じてきたらどうしたら良いのか。

今日も一緒に考えていきましょう。

どうしてギクシャクしてしまうのか?

ギクシャクするというのは、相手と噛み合わないと感じているからでしょう。ではどうして噛み合わないと感じるのか?

一つは喧嘩した後、実はこれ、喧嘩だけが原因ではありません。

・大きな喧嘩になると今まで思っていた感情をぶちまけ合ったりして、お互いの隠していた本心に気付く事があります

そうなると今までのようにはいきません。悪かったと思う所を直さなきゃ、今まで気にしていなかった所だけど直さなきゃ……要するに今までのお付き合いとは態度が違ってきます。

これではギクシャクして当然。だけど決してそれはマイナスの方向ではありません。

・ギクシャクしてしまう原因は、お互いが合わせようと同じ方向に避けているからぶつかりそうになっている事が大半です

相手が自分の為に何か譲ろうとしてくれている……そう冷静にお互いが思い合う事で、再び慣れていきます。仲直りの過程にギクシャクがあり、それはお互いの事を考えているからなのです。次からもっと深く考えていきましょう。

次にある理由は、疲れているから


次にある理由は、疲れているから

人は疲れ、特に精神的な疲れであるストレスが溜まっていると、人の事を思いやれなくなります。

・今まで嬉しかった毎日のメールや電話も、休ませてくれないかな……と思った事はありませんか?

だけど無くなったら無くなったで、「何で毎日の習慣をなくすの!」と今度は不愉快になります。情緒不安定という奴ですね。こうなるとギクシャクしだし、衝突するようになってしまいます。

その前にできるのは、距離を置く事です。相手の事を思いやれないなら、距離を置く事をオススメします。

貴女が疲れていると感じた場合も、相手が疲れていると感じた場合も同じです。別れるのではありません。距離を置いて、冷静になって、回復して、そうした時にまた会いたくなるはずです。

・そもそもお付き合いは最初とそれ以外ではお互いの接し方も変わってきて当然

いつも一緒じゃマンネリしてしまう、マンネリ前に喧嘩して別れてしまったのでは意味がありません。

チャージ期間と割り切って距離を置きましょう。もちろん、回復した後は心の余裕がなかった事を詫びておくと、完璧ですね。

ギクシャクしているという事は、何らかの変化があるから

今まで噛み合っていたものが噛み合わなくなった、それは変化です。変化は悪いものではありません。人は成長していく生き物なんですから。そして同時に慣れる生き物です。この人はこう……それが分かってきていたからこそ、ギクシャクしているのです。

・今、二人は揉めているのではありません。新しいお付き合いのステップを踏む期間に入っているのです

だから二人でお互いの事を考え合い、その上でどうしたら良いか考えましょう。大切なのは自分がどうして欲しいかではなく、相手にどうして上げたら良いか。

そう考えるだけでギクシャクは薄れていきますので、是非これを機会にもう一度考えてみて下さい。

好きな人と喧嘩してしまった時の上手な謝り方

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも是非参考にしてみて下さい。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

微妙な関係の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ