微妙な関係

「距離を置きたい」と言う彼氏の心理と対処法、距離を置くメリットは?

彼氏が「距離を置きたい」と言う心理と対処法

彼氏が「距離を置きたい」と言う心理と対処法

なんとなく態度が冷たいと思っていた彼氏から、「距離を置きたい」と言われてしまった場合、彼女としてどうすればよいでしょうか? 「嫌いになった」、「別れたい」といった決定的な言葉と違い、非常に曖昧な、「距離を置きたい」と言葉。どう受け止めればいいか悩んでしまう彼女さんも多いと思いますが、ここで取り乱してはいけません。必ず何か理由があるので、彼氏はそう言ったのです。ここでは距離を置きたいと言ってきた彼氏の心理を考えていきましょう。

好きか分からない

よくある男性心理では、「あなたへの愛情が分からなくなっている」という事がまず一つ挙げられます。ここで、ショックに任せて彼を責めてしまうと、余計に彼の心が離れてしまうのはお解りいただけると思います。理由は長い期間ずっと付き合っているから、他に気になる人が現れたから、彼女に不満があるなど……いろいろな理由が挙げられますが、これは彼にしか分からないこと。

あなたにできることは、「最近、彼氏のことを放置気味だったな」、「束縛しすぎたかも」などと少し過去の自分を振り返ってみることです。そして、なぜ距離を置きたいのか、彼氏としっかり話すことも大事。ショックに任せて彼を責めてしまうと、余計に彼の心が離れてしまうので注意してくださいね。

一人の時間が欲しい

「距離を置きたい」と彼氏に言われたとき、一番前向きに考えられるのが「彼は一人の時間が欲しい」と考えている場合です。今は仕事に集中したい、彼女に縛られたくないと思っている場合も少なくありません。その結果、一人になりたいという欲求から「距離を置く」という結論を出してしまう事があります。ただ別れるという結論でないので、この場合はその欲求が満たされればあなたの元に帰ってくるでしょう。

大切なのはここで彼氏を縛らず、離れている間に「寂しい」、「彼女ががいないとやっぱり辛い」と再確認させることが大事です。

不安になっている

次に考えられるのが「不安」です。不安といっても関係に疲れた、倦怠期という訳ではありません。彼氏がふと将来に漠然とした不安を抱き、もしかしたら自分では彼女を幸せに出来ないのでは……という、ある意味妄想とも言える状態に陥っている場合に「距離を置きたい」と言う心理になる事があります。

この場合の対処法も、あえて一人にしてあげて、その上で自分の幸せはあなたと一緒にいる事だという事を伝えてあげる事です。そうしていれば、彼氏の愛情があなたを離れていない限り、案外早く治るもので、仕事の忙しい事や何かでの自信喪失で、あなたに弱った姿を見せたくないという時にも起こる現象だと理解します。簡単に言えば心身ともに少し弱っていて、そんな時にあなたへの恋愛感情への自信が揺れているだけですので、彼氏に少し時間を与えてあげてください。

あなたをキープしている

そして最後に考えられるのが、「とりあえず、キープしとこう」これです。要するに恋愛感情が冷めている、別の人を好きになった、だけど上手くいくか分からないからあなたも逃したくない……典型的なダメンズの口から出る「距離を置きたい」です。こうなった時の距離を置きたいという言葉は、実はあなたも気付いているのではありませんか?はっきり言って都合の良い女にされているだけです。返ってきてもまた同じ事の繰り返しになるだけでしょう。

ここはあなたも彼との関係を見直すきっかけを貰った、そう考えて毅然とした態度を取りましょう。依存したり執着しても上手くいくケースは稀です。

距離を置きたいと言われた時にするべきこと

距離を置きたいと言われた時にするべきこと

まず絶対にやるべきなのは、期間を設ける事です。この距離を置く期間を決めておかないとズルズルとした関係を続けるだけになりますので必ず「距離を置く期間」と「最低限の連絡手段」だけは確保しておきましょう。

と言っても、毎日電話をしようだなんてのは彼も気が休まらないでしょうから、一週間に一回くらいは生存報告だけでもしてね、という感じで軽くメールかLINE程度にした方が良いでしょう。一文だけでいいから連絡をしてくれると、あなたとしても安心が出来るでしょう。それに対するあなたの返信も長文ではなくほんの一言二言で返して上げると、そんなに重く捉えず待っているという意思表明になり、彼氏に、もう一度やり直そうという気持ちが沸き上がってくるかもしれません。

「距離を置きたい」「考えさせて」等と言われた場合は追い詰めない、これが大事です。

彼氏と距離を置くことの効果とメリット

突然彼氏に、「距離を置きたい」と言われれば当然ショックですし、ついネガティブな想像ばかりして冷静ではいられないかもしれません。しかし、いざ距離を置くことになってしまったらあなた一人がじたばたしても仕方がありません。それよりも、彼氏と距離を置くことで得られる効果とメリットを考えてみましょう。そうすれば、距離を置くことが今の二人の関係にとって大切な過程だと受け入れられ、気持ちも落ち着くはずです。

マンネリ、倦怠感を解消できる

いつも一緒にいることで避けられないのがマンネリや倦怠感ですね。ただ、マンネリは新鮮さが失われたことが直接の原因なのではなく、相手に対する気持ちがお互いに薄れてしまったことが原因です。相手を大切に思う気持ち、傍にいてくれることへの感謝を慣れによって忘れてしまっているために、一緒にいてもマンネリや倦怠感を感じてしまうのです。何気ない日常がどれだけかけがえのないものかは、手放してみないと人はなかなか気づけないものです。彼氏と少し距離を置くことで、今まで当たり前と思っていた相手の大切さに気づき、マンネリや倦怠感の解消に役立つはずです。

相手のことを冷静に考えられる

当たり前のことですが、本を目からすぐ近くの場所に置いたら、近すぎて文字をちゃんと読むことはできません。ある程度の距離を置くことでようやく文字を読むことができますね。恋愛もそれと同じで、心理的だけでなく物理的に距離を置くことによって、相手のことで自然に見えてくるものも多いのです。また、相手を目の前にすると感情が先に立ち、冷静になれない人だっているはずです。特に距離を置きたいと思うほどなら、なおさら感情を抑えて相手をみることが難しい場合もあるでしょう。時間を置くことでそういった一時的な感情に振り回されず、落ち着いて相手を見直すことができるというのは大きなメリットです。

自分の反省点が見つかる

距離を置くことで見えてくるのは相手のことだけではありません。気持ちが冷め、相手の粗や欠点ばかりが目につくようになってしまうと、自分もそうさせる原因があったのではないかとか、自分も悪いのでないかという視点を持つことが難しくなって、ついつい相手に全ての責任を押しつけてしまいがち。しかし、距離を置くことで相手に対して気づかないうちにしていた自分の悪いところや、その他の反省点が自然にはっきりと認識できるようになることもあります。それと同時に、相手に対する自分の気持ち、つまり本心も見えてくることでしょう。

相手の大切さに気づく

人というのは、幸せが自分の手中にあるうちはそのかけがえのなさに気づかず、手からこぼれ落ち、失って初めてその大切さに気づいて後悔するということを繰り返してしまいます。彼氏と距離を置くことによって、自分がまさにその状態と認識し、今手を放しそうになっている彼氏の大切さを再確認できるきっかけとなります。彼氏のいない日常を数日過ごしてみて、心にぽっかり穴が開いたように欠落感を感じることで、改めて相手の存在の大きさに気づくことも少なくありません。

距離を置くのは、タイミングが大事

彼氏に距離を置きたいと言われて、それを黙って受け入れるのには非常に勇気が必要です。彼女からすればこの先、二人はどうなってしまうのかと不安で仕方がないかもしれません。でも、そこでちゃんと距離を置くことを決断するのが、二人の今後を決める重要なターニングポイントとなるかもしれません。一度離れてみて改めて相手の大切さに気づくか、そこで心が離れてしまうかは二人のそれまでに築いた関係次第。どんな結論が出るにせよ、納得できる未来につながることを祈っています。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

※《占い師を選択し、進んだ後に選んだ占い師からトークがきます》

人気のキーワード

KEYWORD

微妙な関係の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ