彼氏持ち

彼氏との初旅行を成功させるために必要な、彼女が考えるべきポイント

彼氏との旅行と聞くと旅行中はずっと一緒にいることができて、カップルにとっては最高のイベントです。だからこそ、彼氏との旅行は絶対に失敗したくないわけですが、旅行のプランに気合を入れすぎて気持ちだけ先走ってしまってはいけません。彼氏との初旅行を成功させるために必要な、彼女が考えるべきポイントをご紹介いたします。

彼氏との初旅行を成功させるために必要な、彼女が考えるべきポイント

彼氏との旅行で失敗はしたくない!

彼氏との旅行と聞くと、二人の距離を縮められて、かつ旅行中はずっと一緒にいることができて、カップルにとっては最高のイベントかもしれませんね。だからこそ、彼氏との旅行は絶対に失敗したくないわけですが、旅行のプランに気合を入れすぎて気持ちだけ先走ってしまってはいけません。彼氏との初旅行を成功させるために必要な、彼女が考えるべきポイントをご紹介いたします。

旅行前に気をつけたいこと

男性なら旅行の荷物をそれほど準備せずに着の身着のままでも、行先によってはある程度何とかなるものですが、女性はそうはいきません。彼氏との旅行となると、準備することもいっぱいありますね。旅行先ではどんな服装で過ごすか、スキンケアなど、化粧品の準備も考えると、ギリギリではなく前もって準備をはじめておきたいところです。でもたくさんありすぎて何から手をつけていいかわからない! そんな彼女さんのための、旅行の前の心構えをご紹介いたします。

ひとりで旅行の計画を進めない

彼氏との旅行が決まり、ワクワクする気持ちはわかりますが、旅行先でどこへ行って何をするかという計画は、彼氏の意見も聞きながら二人でしっかり話し合いましょう。前もって彼氏から、「行きたいところは任せる」と言われているのなら別ですが、あなたが旅行を楽しみにしているように、彼氏もあなたとの旅行を楽しみたいはず。あなたの意見ばかりを反映させてしまうと、彼氏にとってはつまらない旅行になってしまうかもしれないので、一緒に計画を立てることを忘れないで下さいね。

彼氏を頼りすぎない

男性は好きな女性から頼られると顔に出さずとも嬉しく感じる生き物ですが、旅行先は場所によっては普段よりストレスのかかりやすい場所となります。何でもかんでも彼氏に頼ってしまうと、「これくらいは自分でやってほしい」としんどくなってしまうことも。例えば海外なら、ホテルの手配や、チケットの交換、お店で料理を注文するなど、旅行先で起こる現地での行動を彼氏任せにせず、二人協力して旅行を楽しめるようにして下さい。一緒に楽しむことが、二人の旅行の思い出になりますので、普段から甘えすぎている彼女さんは注意して下さいね。

持ち物は最小限にする

女性にとって必需品と呼べるアイテムは人によって様々かもしれませんが、どうしても数は多くなってしまいがちだと思います。それでも、彼氏との旅行では持ち物は最小限になるように準備しましょう。あまりにも荷物が多くなってしまうと当然ながら移動が大変になり、せっかくの旅行をストレスフリーに楽しむことができません。旅行先で本当に必要なものが何かをリストアップしてから、準備をはじめるようにしましょう。

動きやすい服装を

旅行先では服装や靴などにも注意を。例えば、一日中ヒールの高い靴で観光となると、足は痛くて、休憩も頻繁になるはず。あなたのそんな姿を見ていると彼氏も旅行に集中できず、散々な結果になってしまうかもしれません。気合の入った服装もいいですが、旅行先では最低限動きやすい服装も一緒に準備しておきましょう。

彼氏との旅行は親に報告すべき?

もしあなたが実家住まいだった場合、彼氏との旅行で気をつけたい点は、ご両親へ旅行へ行く旨を報告するかどうかです。もちろん、旅行の内容やあなたと彼氏の関係によっては、必ずしも旅行に対して両親からOKがもらえるとは限りません。親が娘のことを心配するのは当然のことです、だからといって、旅行に行きたいがために嘘をつくのも、バレた時に両親から彼氏の印象が地に落ちてしまうリスクがありますのでおすすめできません。嘘をつくくらいなら、素直に報告することをおすすめします。最初は反対されたとしても、親からすれば隠されるより素直に話してくれたほうが気持ちとしては印象もいいはずで、許可だって出しやすいのは言うまでもありません。旅行に行っても問題ないくらいの信用を得る方が、長い目でみるといいはずです。

旅行中に気をつけたいこと

旅行先についてしまえば一安心、というわけではありません。旅行先についてからも気をつけなければいけないポイントはたくさんあります。旅行先では普段と違って何が起こるかわかりません、彼氏もはじめてのことの連続になる可能性もあるので、お互いがお互いを気遣う気持ちがなければ、カップルでの旅行は上手くいかないのです。彼氏との旅行中に気をつけたいポイントをご紹介いたします。

女性らしい気遣い

旅行先だからこそ、彼氏からの印象を上げるチャンスもたくさん転がっています。長く付き合ってきたカップルなら問題ありませんが、これから彼氏との距離を縮めていきたい彼女さんは、旅行先だからこそ、女性らしい気遣いを大切にしていきましょう。例えば、宿泊先で朝になり、脱いだ浴衣をちゃんと畳み、部屋に入った時に靴をそろえて、彼氏が温泉から帰ってきたらお茶をいれる……、こんなことで十分なのです。彼氏からすると、旅行先でも自分のことを考えてくれるあなたは好印象に映ります。普段は気づかなくても、旅行先だからこそあなたのありがたみを再確認することもあるんです。

余裕のあるスケジュールを

旅行のプランを立てたら、ある程度のタイムスケジュールはできているかと思いますが、余裕のないスケジュールになっていないか最後にもう一度確認しておきましょう。そのスケジュールがすべて順調に進むとは限りません。バスに乗り遅れるかもしれませんし、天候で中止のイベントがあるかもしれません。時間をいちいち気にしなければならないようなスケジュールだと、旅行を目いっぱい楽しむことができなくなってしまいます。バスや電車などの移動手段には時間に余裕をもって乗れるようにして、ゆったりした気分で彼氏と旅行を楽しみましょう。

準備に時間をかけすぎない

準備に時間をかけすぎない

旅行先では、メイクや着替え、その他もろもろの外に出るための準備には時間がかからないのが理想です、旅行先で彼氏を何時間も待たせてはさすがにかわいそうですよね。準備に時間がかかりそうなのが前もってわかっているなら、荷物を小分けにしておくなど前もって工夫しておきましょう。準備に時間がかかると、その日のスケジュールもどんどん詰まってしまいますし、そのためだけに早起きするという手もありますが、2日目、3日目になってくると、疲れも溜まってきて辛くなるはずです。

ダメ出ししない

旅行先で彼氏が熱望していたスポットへ行ったけれど、全然感動しなかった……。誰にだって好みはありますし、期待と違うものだった時に不満を抱く気持ちは分かります。ただ、それを彼氏に向かって口にするのはおすすめできません。男性はプライドの高い生き物です、旅行先でもなんとかあなたに楽しんでもらおうと、たくさんの見栄を張っていることもあるので、頭ごなしに旅行がつまらないと否定してしまうと、あなたが思っているより傷つくはずです。彼氏だってあなたのプランに対してそれほどと思っていても、あなたが楽しければそれでいいと笑顔で付き合ってくれているのかもしれません。彼氏だって他人です、旅行を楽しむには二人の歩み寄りが必要だということを忘れないようにしましょう。

旅行先で喧嘩をしない

旅行先だからこそ、普段見えない彼の一面が見えることだってあります。相手の嫌な部分ばかり目についてしまうと喧嘩に発展してしまうことも。旅行先で意見が合わずに喧嘩になって、最終的に破局してしまうカップルは意外と多いのです。確かに旅行は楽しいですが、長旅は疲れも溜まりますし、そうなるとだんだん余裕もなくなってきますよね。前もって考えていた予定どおりいかずにイライラしてしまうことだってあるでしょう。最愛のパートナーと旅行先で喧嘩になると、何のために旅行にきたのかわからなくなりますので、笑顔を忘れず、お互いに相手を楽しませることを意識しましょう。

わがままは言い過ぎない

彼氏と旅行で知らない土地にやってきて、誰も自分たちを知っている人がいないとつい、いつもより彼氏に甘えたくなったり、わがままを言いたくなりますよね。でも、実は彼氏の方はというと、知らない土地であなたを守らなければならないし、何かあっても不安にさせてはいけないと、意外と気を張っていることって多いんです。彼氏の気持ちも知らずに、あれもこれもとわがままを言いすぎてしまうと、彼氏が旅行を楽しめなくなってしまうので、彼女さんの方からも、「大丈夫?」、「休憩する?」と声をかけてあげるくらいの優しさを持って接してあげましょう。

とにかく二人の時間をしっかりと楽しむ!

彼氏はのんびりぶらぶらと観光したい、あなたはアクティブにいろんなところを見て回りたい。スタンスの差でも旅行先での行動は異なってきます。彼氏との旅行を楽しむには、お互いの意見をしっかり尊重することが不可欠です。旅行するなら、しっかり楽しんで、美味しいものを食べて、彼氏とかけがえないのない時間や思い出を作りたいものですよね。どうやって二人の旅行を最高の思い出にするかという目線で、彼氏とプランを練ってみて下さいね。

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ