彼氏持ち

彼氏に甘えられない彼女の特徴と、上手な甘え方

甘え下手なせいで恋愛ではいつも損ばかりしている……、そう思ったことはありませんか?彼氏のことは大好きなのに、甘えようと思うと甘えられない、これは想像以上にストレスです。この問題を解決するには、まず甘えられない女性の特徴を把握して、自分に合った甘え方を探していく必要があります。

彼氏に甘えられない彼女の特徴と、上手な甘え方

彼氏に甘えられない女性の特徴は?

甘え下手なせいで恋愛ではいつも損ばかりしている……、そう思ったことはありませんか? 彼氏が自分に甘えてくれるように、本当は自分も彼氏に甘えたいと思っているのに、なぜかできないと人知れず悩んでいる女性は意外と多いのです。他の人から見れば甘えるのなんて簡単だと思うかもしれません。でもそれができない女性にとって、「甘える」という行為は非常に高いハードル。甘えようとするといつも心にブレーキがかかって甘えられないのです。彼氏のことは大好きなのに、甘えようと思うと甘えられない、これは想像以上にストレスです。この問題を解決するには、まず甘えられない女性の特徴を把握して、自分に合った甘え方を探していく必要があります。

恥ずかしがり屋

甘えられない女性は、恥ずかしがりであることが少なくありません。恥ずかしがり屋な女性ほど、自分を客観視しすぎる傾向があります。客観的に彼氏に甘える自分を想像するだけで恥ずかしいと思ってしまうのです。ですが、そもそも彼氏に甘えることは決して恥ずかしいことではありません。おそらく親のしつけや周囲の環境などから、「甘える」イコール、「恥ずかしいこと」という固定概念ができ上がってしまっているのです。その結果、甘える自分を恥ずかしいと感じてしまい、甘えることに心理的な拒否反応が起こってしまうのです。

迷惑じゃないかと遠慮してしまう

「自分が甘えると相手が負担に感じてしまうかも」、「迷惑じゃないかな?」、「困らせてしまうのでは?」と、あれこれ気をまわしすぎて甘えられないという気遣いが過ぎる女性もいます。しかし、これは逆から見れば、彼氏との関係にあなたが自信を持てていないということでもあります。自分が甘えた時に彼氏がちゃんと受け止めてくれるどうか不安だからこそ、あれこれ考えてしまうのです。「甘えて嫌われたらどうしよう」、「うざい、重いと思われたら立ち直れない」、「弱い部分を見せて幻滅されたら……」といった不安が捨てきれないのです。

プライドが高く、弱みを見せられない

甘えるというのは、自分の弱いところを見せることでもあります。これに対して、逆に大好きな彼氏だからこそ、自分の弱い部分を見せたくない、だから甘えられないという、自分に厳しくプライドの高い女性も少なくありません。そんな女性は自分の中に、「わたしはこうあるべき」という確固としたイメージだったり、理想の自分像があり、それから外れる自分を、自分でも受け入れることができないのです。自分で受け入れられないものを彼氏に見せるなんて言語道断と感じて、甘えたいと思っても無意識のうちにブレーキがかかってしまうのです。

甘えるよりも尽くしてしまう

彼氏に甘えるよりも、自分が尽くしたい、相手に喜んでもらいたいという気持ちが強い女性も、彼氏に甘えることが苦手です。尽くすタイプの女性は尽くすこと自体はまったく苦ではなく、自分が彼氏のために何かしてあげることに喜びや充実感を感じているので、そもそもあまり甘えたいという気持ちが強くない場合もあります。しかし、それでも疲れた時や、苦しい時にふと甘えたいなと思っても、その思いよりも尽くしたいという気持ちの方が勝り、自分が辛くても彼氏を優先してしまうので結果甘えられずに疲弊してしまう場合がありますので注意が必要です。まさに良妻賢母タイプの女性がハマりやすい落とし穴と言えますね。

甘え下手、そもそも甘え方が分からない

学級員タイプのしっかり者キャラで成長した女性も人一倍、責任感が強く、ずっと自分が頼られる側だったために甘え慣れていません。周りの人に甘えられることの経験値は非常に高いのに、自分が甘えることの経験値が非常に低いのです。そのため、いざ自分が甘えようと思っても甘え方自体が分からない……ということも多く、頑張って甘えてみてもそれはそれでぎこちなく、そんな自分が恥ずかしい、やっぱり自分のキャラじゃないと感じて悪循環に陥ってしまい、甘えること自体を諦めてしまうことも少なくありません。

彼女が甘えたら彼氏はどう思う?

恥ずかしさや過度な気遣い、プライドなどなど、さまざまな心理が彼氏に甘えることを邪魔していることが分かります。あなた自身がどのような理由で彼氏に甘えれずにいるのかを把握することがこの問題を解決する第一のステップです。同時に、彼女が甘えた時に彼氏がどう思うかを知っておくことも、甘え下手を解消する大事な情報ですので、次からご紹介していきます。

可愛い

ペットの猫が自分に甘えて身を摺り寄せてきてくれた時、あなたはどう感じますか? 「愛されている」、「頼られている」と、心がほっこりして優しい気持ちになれるはずです。そして、そんな態度を見せてくれる猫に対して改めて、「可愛いな」と深い愛情を再確認するはず。彼女とペットはまったく別物ですが、彼女が彼氏に甘えることに限っていえば彼氏が受ける印象はほぼ同じです。甘えてくれることで、二人の間にはそれだけの愛情や信頼があるんだと感じて、彼氏は彼女のことがより可愛く見えて、より大切にしたいなと思うはずです。

頼られている気がする

彼女に甘えられると彼氏は、「自分がアテにされている」、「自分を頼りにしてくれている」と感じます。恋人と良好な関係を築く上で、この感覚はとても大事です。男性は頼られることで自分の存在価値を再確認し、自信をつけることができるからです。同時に、自分が頼りにされることで彼女を守るべき存在と認識し、もっと大切にしたいと思います。彼女から向けられる絶対的な信頼感は、男性のプライドを適度に刺激することができます。可愛く甘えてくれる彼女は、言い換えれば自分に男としての自信や成長の機会を与えてくれる存在です。そんな彼女が彼氏にとって大切な存在にならないはずはありません。

彼女のためなら何でもしてあげたくなる

可愛いわがままやちょっとしたおねだりなど、彼女に甘えられると、「何でもしてあげたい」と思うのが男の本能。何でもと言っても限度がありますが、大好きな彼女が甘えてくれるとついつい張り切って頑張ってしまうはず。甘えられることで男のプライドが刺激され、カッコいいところを見せてもっと好きになってもらいたくなり、力もどんどん湧いてくるというものです。わがままやおねだりが一切ないお行儀のいい彼女よりも、自分でも思っている以上の頑張る力を引き出してくれる、ちょっと甘えん坊の彼女の方が好ましいと彼氏が思うのは当然なのです。

守ってあげたいと思う

守ってあげたいと思う

自分に可愛く甘えてくる相手を見ると、男性は保護欲が刺激されて、甘えてる彼女を守ってあげたいと思うものです。「自分がいないとダメだな」、「俺が支えてあげないと」と感じることで、より彼女を愛しく守るべき存在と認識することができます。ただ、女性が男性に甘えられて許せる範囲に比べ、男性の女性に対する甘えの許容範囲は広いと言われていますが、度を過ぎた甘えはいくら彼女であっても重荷に感じてしまうこともあるため、限度が大事です。彼氏の中で、守ってあげたいと自然に思いが沸き上がってくるような可愛い甘え方を目指しましょう。

彼氏がキュンとする上手な甘え方は?

甘えたいのに甘えられない彼女、いっぱい甘えてほしいのに甘えてもらえない彼氏。この組み合わせはあまりよくありません。この状況を改善するために参考になるのが、甘え上手の女性がよくやっている彼氏がキュンとする甘え方です。上手な女性ほどさりげないタイミングで彼氏にほどよく甘えてわがままなもので、そんな女性が意識してやっている、彼氏が思わずときめくキュンとする甘え方をご紹介いたします。甘え下手な女性も今すぐできるものもありますから、勇気を出して少しずつでも実践していきましょう。

小さなお願いをする

いくら彼女に甘えてほしいと思っている彼氏でも、到底自分には無理なお願いをされると負担に感じて腰が引けてしまうもの。内容によっては彼氏に、「頼られてる」という自信をつけさせるどころか逆に、「俺はダメな奴だ」と自己嫌悪に陥らせてしまうので、甘える時は小さなお願いに留めておくようにしましょう。例えば、自宅に届いた新しい家具の組み立て。自分でできてもあえて彼氏に甘えてみるなど、簡単かつ男性の自尊心を刺激するような、小さなお願いをするのがコツ。「しょうがないな」と言いながらも、彼女のために胸を張って作業してくれるはずです。

何気ないスキンシップを重ねる

言葉を使わない彼氏に効く甘え方もあります。それは何気ないスキンシップです。彼氏がテレビを見ている時に隣に座ってぎゅっと抱き着いたり、手を握ってマッサージをしたり。「構って」と言葉にしなくても、態度で甘えてくる彼女は気まぐれな猫みたいでとっても可愛く映るはず。この甘え方は、おねだりやお願いが苦手な甘え下手な女性にもすぐ実践することができるのでおすすめ。彼氏も自分の彼女が甘え下手ということを知っているでしょうから、不器用なりにも何気ないスキンシップという形で自分に甘えてきてくれる彼女の姿にキュンとしてしまうはずです。

可愛く拗ねてみる

ちょっと難易度が高い甘え方ですが、可愛く拗ねてみるのも彼氏が悶絶する可愛い甘え方です。例えば、楽しみにとっておいたケーキを食べてしまった彼氏に、「食べるのをずっと楽しみにしてたんだから!」とポカポカ殴ってプイッとするなど、小さなことに拗ねる彼女を見て彼氏は、「ごめんね」と言いつつニヤニヤしてしまうはず。その後で、「代わりのケーキ、今度はふたつ買ってね」など、可愛いおねだりができれば完璧です。そんな甘酸っぱいやりとりができる彼女を、彼氏はいつでもそばに置いておきたいと思うはずです。

彼氏にしか見せない一面を作る

具体的に何か甘えようとしなくても、彼氏の前でだけ見せる一面を作るのも、「俺って信頼されているな」と彼氏を満足させる上手な甘え方です。他の人の前ではいつもきっちり、しっかりしている彼女が、自分の前でだけ天然でおどけたところを見せるといったギャップを作る方法などは非常に効果的です。外の顔と二人きりの時の顔が全然違う、自分だけが知っている彼女の素顔がある……、その事実に彼氏は優越感を感じると同時に、さらに独占欲が湧くはず。自分にだけ特別な姿を見せてくれる可愛すぎる彼女をずっと大切にしたいと思うことでしょう。

工夫して、甘えられる女になろう!

「甘える」、「甘えられる」は恋人同士の特権です。活用しないのはもったいないですよね。また、甘えられることで愛情や信頼を確認する彼氏も多いものです。だからこそ甘え上手な彼女は、彼氏から可愛がられて大切にされ、さらにいい関係を築くことができるのです。ということは、甘え下手な女性はそれだけでやはり損をしている場合もあるということ。そんな甘え下手を卒業するには、「意識の改革」と「慣れ」がキーワードです。まずは、「自分は甘え下手」という思い込みを捨てて、自分ができそうな方法からはじめていきましょう。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ