微妙な関係

既婚者ばかりを好きになってしまう女性の特徴と、既婚者の魅力とは?

既婚者ばかりを好きになってしまう女性の特徴と、既婚者の魅力とは?

既婚者の男性。普通は恋愛対象になることはありませんが、好きになった人が後から既婚者だと知ったりすると、なかなか自分の気持ちを抑えることができずズルズルと関係を引きずってしまうことがあります。こういったケースは珍しいことではなく、周りが気づいていないだけで頻繁にあるのです。なぜ既婚者だと知りながら、女性は好きになってしまうのか、既婚者に惹かれる魅力というのはどういったものなのかをご紹介いたします。

既婚者ばかり好きになっちゃう……

気がつけば気になっている男性が既婚者だったという女性は意外に多く、独身女性から見ると、既婚者の男性は大人っぽく見えて、独身男性よりも落ち着いて映ることが多いのです。また、「隣の芝生は青く見える」という言葉通り、女性側が結婚していた場合でも、自分の旦那と比較して相手の男性のいい部分だけを見てしまうことで、好意に発展することがあります。

独身とはまた違う、既婚男性の魅力は?

既婚者ばかりを好きになってしまう女性は、独身の男性では感じることができない既婚男性特有の男らしさだったり、家庭を持ち、家族を大切にしている姿を見ているうち、その男性との未来を想像してしまうことが多く、そういった自分にはない部分に魅力的に感じてしまいがち。そんな既婚男性の魅力をひとつひとつご紹介いたします。

女性の扱いに慣れている

人それぞれではあるのですが、既婚者は女性の扱いに慣れているというのも女性から見た時の魅力のひとつで、独身男性と違ってガツガツもしていなければ、女性との距離感や扱いも心得ており、その所作を魅力に感じてしまいます。こういった思わせぶりな既婚男性を相手にした時に気をつけたいのが、完全に遊びを目的とした、割り切った関係を狙っている可能性があることです。特に恋をするとその男性に対して盲目になってしまいがちな、恋愛経験が少ない女性がカモにされやすいため、そもそも結ばれる望みの薄い既婚者との恋で真剣な気持ちになるのはおすすめできません。

家族を大切にする姿に惹かれる

既婚者を好きになってしまう女性は、男性の普段の仕事をしている姿からは想像もできないほどに家族を溺愛している姿をみてしまうと、そのギャップにキュンと心を締めつけられてしまいます。また最近では、「イクメン」という言葉があるように、共働きゆえに奥さん側も多忙であることが多く、男性が子どもの送り迎えをしていたり、お弁当を作る姿などに家族思いの姿を思い描いてしまいがち。家庭を大事にしている男性が思わず羨ましく思ってしまう女性は少なくないはずです。

大人の余裕を感じる

既婚男性の多くは社会に出て働きだしてから、ある程度経験を積んで、自身のキャリアを持っていることも多く、金銭的な余裕がある男性も多いです。普段、同年代の男性としか交際をしたことがない女性なら、そんな既婚男性に大人の余裕を感じてしまうことがあります。普段は、「割り勘」や「話し合って決めること」が多く、どちらかと言えば女性側に負担が大きいこともあるでしょう。その点、行き先やデートなども豊富な経験を活かしてエスコートしてくれたり、悩みを相談した時に的確なアドバイスをくれることも多く、そういった大人の余裕に惹かれてしまうのです。

既婚者を好きになる女性の特徴

既婚者を好きになる女性の多くは、既婚男性に対して、「包容力」や、「大人の余裕」また男性との交際に、「刺激」を求めてしまうために、情熱的な恋愛を好む傾向があります。また、既婚男性は独身の同世代や年下の男性にはない経験値を持っていることも多いので、そういった部分も含めて惹かれてしまいがち。「既婚者との恋」と聞いて、望まれぬ恋だと想像する人がほとんどだと思いますが、それでも惹かれてしまう女性たちには一体どんな共通点があるのでしょうか。ご紹介いたします。

歳上の男性が好き

既婚者を好きになる女性の特徴として、単に「歳上が好き」という特徴があります。自分よりも歳上の男性を好めば、必然的にその中には既婚者が多くなるはずです。また、歳上が好きな理由として、幼い頃に両親の離婚歴があったり、お父さんがいない生活が長かったりすると、歳上に惹かれてしまうある種のファザーコンプレックスという可能性も。また包容力がある男性が好きで常に甘えていたい女性や、自分よりもキャリアがあり、しっかりしている男性が好きという女性は、歳上の男性を好む傾向が強く、そうでない人に比べ、必然的に既婚者との交流も増えるわけです。

刺激やリスクを楽しみたい

既婚者を好む女性の中には、あまり声を大にしては言えませんが、既婚者との恋愛を純粋に楽しいと感じている女性もいます。普段は妻や子どもがいて家庭を持っているのに、恋愛をしているという不自然な関係性、通常なら拒んでしまうかもしれませんが、既婚者と恋愛してしまう女性の中にはこういったリスクを、ある種の刺激や快感として捉えてしまうのです。一般的に褒められるものではありませんが、既婚者を好きになってしまう女性の一定数に、実際にこういった不倫関係を好んでいる人がいることも確かです。

同世代を下に見ている

既婚男性ばかり好きになってしまう女性の特徴として、「同世代を下に見ている」というものがあります。このタイプの女性は、比較的大人びていたり、自分自身が実年齢よりも大人っぽくみられることも多く、それゆえ同年代の男性が逆に幼く見えてしまうこともあり、恋愛対象として考えることができません。そういった理由から既婚者が自分よりも経験豊富かつ、頼れる存在として傍にいたりすることで、いつしか好意を抱いてしまうことがあります。

既婚者と付き合うデメリット

刺激的な既婚者との交際に安易に手を染めてしまう女性も多いですが、もちろんリスクもあります。既婚者との恋愛関係には、確かに一時的な幸せや高揚があるかもしれません。しかし、関係を続けるのには相当な覚悟が必要になるということは忘れてはいけません。既婚者との交際に伴うデメリットにはどのようなものがあるのかご紹介いたします。

将来に繋がることはない

将来に繋がることはない

既婚男性と付き合うことで、何か将来に繋がることがあるかというと、それはないに等しいでしょう。既婚者との交際をオープンにすることは難しく、また既婚者には家庭がありますから、付き合っていても会える時間、過ごせる時間には限りがあります。また、既婚者が家庭を優先することは当然のことです。多くの女性は、「待つ」、「耐える」ことを強いられるはず。そして、そのまま交際を続けていても先に待っているものは、「別れ」であることが大半です。いくら恋愛といっても、このような経験があなたの将来に活きる部分はなかなかありません。

会社をクビになる

既婚者と付き合っていることが周囲や会社などにバレてしまった場合、最悪の場合あなたが会社をクビになることも。交際相手が同じ会社であればなおさらです。「既婚男性と交際していることで、会社にとってなにか不利益があるの?」と思う方もいるかもしれませんが、昨今の不倫ニュースが広まっているように、世間に対する不倫のイメージは最悪で、それが公になることでその人に悪評がつくだけではなく、関わっている人や会社まで信用を落としてしまうわけです。

普通の恋愛が物足りなくなる

一度でも既婚男性を好きになって恋愛に溺れてしまうと、その後の恋愛が平坦なものに感じてしまいがちで、そうなると次から次に既婚男性を好きになり、不毛な恋愛を繰り返してしまいます。既婚男性との不倫関係は、確かに刺激的で、その二面性から神秘的に感じてしまうかもしれません。ですが、いざそこから現実的で健全な恋愛に戻った時、「物足りない」と感じてしまうのです。アブノーマルな恋愛に慣れすぎると、普通の恋愛ができなくなってしまうのです。

バレたら何もかも失う

既婚者と付き合うという行為は、あなたが独身だったとしても相手の男性は妻や子どもを裏切り、傷つけているわけです。それでいて、自分達の関係性を公にすることはできませんし、友達や親戚に報告することもはばかられます。また、周囲に二人の関係が発覚してしまうと、相手側の妻から訴えられることや、なんらかの責任を負わされること避けて通れませんし、周りの人からの信頼も一気に失うことでしょう。既婚者を遠くから見て、「いいな」と思うのは勝手ですが、そこで踏みとどまる強い心を持ちましょう。

後悔する前に

確かに、既婚者には同世代の男性や年下にはない魅力がたくさんあるかもしれません。でも、だからといって既婚男性を恋愛対象として見るのは大変危険な行為です。もし、どちらかが誘って交際に発展したとしても、あなたが幸せになることはほぼありませんし、相手の家族の気持ちや、周りへの裏切り、信用を失うリスクなど、そういった部分もきちんと考えて向き合うことが大切です。リスクを犯してまでする必要がある恋愛なのか、ちょっと考えればすぐに答えは出るはずです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

微妙な関係の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ