彼氏持ち

やめて! イライラする「彼氏の癖」まとめ

やめて! イライラする「彼氏の癖」まとめ

彼氏の癖にイライラ!

誰にでも癖というものはありますが、他人を不快にさせてしまうものはできるだけ慎みたいもの。「彼氏のことは好きだけど、何気なくする癖が気になる」、こういった気持ちを彼氏に抱いている彼女さんは意外と多く、普段は好きだからこそ、「その癖さえなかったら……」といった心理になるようです。彼女さんの多くが地味にイライラしてしまう、彼氏の癖をご紹介いたします。

生活習慣

トイレの電気はつけっぱなし、扉は開けっ放し、便器の蓋も開きっ放し……、こういった生活習慣からくる癖は子どもの頃からのものだからこそ、なかなか改善されません。特に女性が気にするのがお風呂での癖。当たり前のように身体も洗わず浴槽に入ってしまう彼氏の姿を見て、ビックリする彼女さんも多いのだとか。後から使う人のことも考えてほしいものです。

食べ方

音を立てて食べる癖がある、いわゆる、「クチャラー」の男性。女性からの印象は最悪で、もし彼氏がクチャラーだった暁には、「一緒に食事をしたくない」、「絶対に別れる」など中傷的で過激な意見も多いです。「黒板を爪で引っかく音」と同じで、周りに嫌悪感や不快感を与えてしまう癖だからですね。原因の多くは、親のしつけと言われており、本人たちは全くの無自覚で音を立てて食事をしています。「クチャラーを治すには、最低でも3年はかかる」とも言われているので、彼氏のことが好きで直してもらうには根気よく向き合う必要があります。

物に当たる

イライラしているからといって「物に当たる」という行為は見ていて気分がいいものではありませんし、逆に気まずい空気になってしまうことはよくあるものです。物に当たる癖は、頭よりも身体が先に動いてしまうタイプの人に多く、また下手に口出しすると逆ギレされることもあるため、本当に厄介な癖です。また、周囲を威嚇するために物に当たり散らすという男性もいて、そうなると手のつけようがありません。こういった物に当たる癖を持っている人は、過去に人に気持ちをうまく伝えられないことが原因で行動に表れることが多いと言われています。

公共マナーを守らない

歩きながらタバコを吸う人、ゴミをポイ捨てをする人、電車の中などで大音量で音楽を聴いたり、ゲームをしている人……、公共マナーを守れない人はたくさんいます。こういった行為も続けていると癖になるもので、周りの目も気にならなくなってしまうと手遅れです。指摘されると、「他の人もやっている」と、自分の行動を責任転換したりするので質が悪いです。あなたの彼氏がそうなのであれば、程度によってはお付き合いを考え直した方がいいかもしれませんね。

酒癖

普段はどれだけいい彼氏でもお酒が入ると豹変するなら考えものです。付き合いを見直すべき彼氏の悪癖のひとつが酒癖です。会社の飲み会で飲みたくないのに飲まされて……、などであれば、まだ理解はできるのですが、家でお酒を飲んで暴言を吐いたり、強く当たられたりすると本当に今後の人生も考えたくなります。

浪費癖

使ってはいけないとわかっていても、手元にお金があるとつい使い込んでしまい、消費者金融や友人などからもお金を借りる、いわゆる、「浪費癖」のある男性も彼氏としては避けるべき対象。お金を使う、浪費することでしかストレスの発散ができないため、買い物やギャンブルにつぎ込むことで快感を得て、今度はその快感を求めるために繰り返し行動してしまうわけです。彼氏の浪費癖が激しい人は、一緒にランニングなどの運動をするようにしてみて下さい。運動することでアドレナリンが分泌され、改善されることがあるからです。

潔癖

ただの綺麗好きな彼氏ならいいのですが、「潔癖症」となると話はまた別です。お家でお泊りをするだけなのに、着替えを大量に持ってきたり、キスの前に歯を磨かれたり、手を繋ぐ時はウェットティッシュで手を拭かれたり……、これは極端な例ですが、なんだか雑菌扱いされているみたいで、彼女としてはかなり傷ついてしまうはず。潔癖症は放っておいても治るものではないので、どうしても彼氏の潔癖が嫌ならお付き合いを考え直すことをおすすめします。

溜め息

溜め息は、「つまらない」だったり、「疲労」だったりと、本来イメージがいいものではありませんよね。好きな人が自分の前で溜め息ばかりという状況はあまり考えたくないものですが、溜め息が癖になってしまっている彼氏だと、特につまらなかったり疲れているわけでもないのに溜め息をついてしまうことがあります。溜め息の原因があなたでないなら納得することはできるでしょうが、やはり早い段階で治してもらうに越したことはない癖のひとつです。

「めんどくさい」「だるい」などの口癖

あなたの彼氏がことあるごとに、「めんどくさい」、「だるい」といった言葉を口にしていたらどうでしょうか。聞いている方は間違いなくうんざりしてしまうはずです。こういった言葉を連発する彼氏は大人になり切れていないことが大半です。学生時代なら、必要な授業をあえてサボることがカッコイイととられる場合もありますが、このタイプの男性は大人になってもそういった思春期から抜け出せずにいるわけです。努力をするのが嫌いな男性に多い口癖ですが、結局は自分が楽をするための言い訳にすぎません。

浮気癖

浮気癖

彼女さんには即別れを選択してもらいたい彼氏の悪癖が浮気癖です。どんな理由があれ浮気をする男性にろくな人間はおらず、ズルズルと付き合っていてもあなたが不幸になるだけです。浮気をしてくっついて、また浮気をして……、という行為を繰り返しているのなら、彼氏はまったく反省していませんし、あなたに対しても何の危機感も抱いていません。浮気癖のある男性とは、情が移る前に早めに別れるというのが鉄則です。

貧乏ゆすり

貧乏ゆすりをする原因というのは、実はまだはっきりと解明されていません。ですが、一般的に貧乏ゆすりと聞くとマイナスのイメージが強く、見た目の印象もあって、「イライラしてるんじゃないか」と周囲に気をつかわせてしまいます。ストレス解消であったり、欲求不満の表れであったりとも言われていますが、彼氏にはできれば治してもらいたい癖です。本人たちは無意識にやっていることがほとんどなので、まずは意識をさせることが大切です。

小さな嘘

「家にいる」と言っていた彼氏が、実際は飲みに行っていたり、「忙しい」と言っていたのに、実際は家でゴロゴロしながらゲームをしていたりと、彼氏の小さな嘘が重なるごとに、「このまま付き合ってていいのか」と彼女さんの多くは不安になってしまいますね。彼氏が嘘をつく理由にも様々あり、「彼女を傷つけたくない」、「面倒くさい」、「嫌われたくない」など色々とありますが、共通しているのは、「結局は自分が大事」ということです。小さな嘘が癖になってしまうと、周りが気づいているのにバレバレの嘘でとり繕おうとしてしまいます。常習化してくると、本人は嘘をついてる自覚すらなくなってしまうので、そうなってしまう前に改善させる必要がありますが、小さな嘘ほど改善させるのは難しく、それなりに覚悟が必要となります。

人前でオナラ、ゲップ

多くの彼女さんから声に挙がる彼氏のやめてほしい癖が、自分の前でおならやゲップをされること。彼氏があなたの前でこういった行為をする理由はまさに、「自分の評価が下がらない」と考えているからです。マナー以前の問題でデリカシーもない最低の悪癖ですが、面白がってこういった行為に及ぶ男性も多く、彼女さんが注意しても反省の色が見られないこともしばしば。エスカレートすると、「あなたには何をしても許される」と安易に考えてしまう男性もいるので、本当にやめてほしければ一度毅然とした態度で話し合いの場を持ちましょう。

癖はなかなか治らない

癖というのはなかなか治らないからこそ癖なのです。身体に染み付いてしまっていて、改善するには本人の強い意志が必要になります。内容によっては簡単には治るものでもないので、心が折れて別れてしまうという結果になっても致し方ありません。その時はどちらが悪いでなく、相性が悪かったと考えるようにしましょう。彼氏の癖を改善したければ、根気と時間をかけ、何より彼氏にも治したいという意識を持ってもらうことが大切です。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ