彼氏持ち

彼氏に絶対言ってはいけないフレーズまとめ!

彼氏に絶対言ってはいけないフレーズまとめ!

彼氏が激怒する「言ってはいけないフレーズ」とは?

親しき中にも礼儀あり。人と仲良くなると、つい気が緩んで相手を怒らせてしまう言葉を発してしまうことがありますが、特に恋人間では、何気なく言った言葉が相手の逆鱗に触れて別れの原因となってしまうこともあるので注意が必要ですね。そんな悲しい事態を招かないようにするためにも知っておきたいのが、彼女が、「絶対に彼氏に言ってはいけないフレーズ」です。どんな状況でも、彼氏に対して口に出すべきではないNGフレーズをご紹介いたします。

バカにするように「そんなことも知らないの?」

男性はプライドが高いので人からバカにされることに敏感というのは知ってのとおりです。中には、人から尊敬されたい、認められたいという承認欲求が強いタイプも多く、知らないことやわからないことであっても、「俺はちゃんと知っている」という体を装いたい生き物なのです。「そんなこと」という言葉には、「知っていて当たり前」、「常識」というニュアンスがあるので、「そんなことも知らないの?」彼女にあきれ顔で言わてしまうと、あからさまに自分の知識や情報のなさを指摘され、バカにされた、恥をかかされたと感じてしまうのです。大好きな彼女の前では、いつもカッコつけたい彼氏に対して言うと、思った以上にダメージを与えるので注意が必要です。

「男のくせに」など、理想の押し付け

「男のくせに」という言葉も彼氏には絶対に言ってはいけないフレーズの代表格。「〜のくせに」という言い方には、上から目線で自分の価値観や理想を押しつけ、相手をバカにしている心理が含まれているもの。つまり、彼女が彼氏に使う、「男のくせに」という言葉の裏には、彼女が持つ、「理想の彼氏像」の押しつけや、その理想と異なる彼氏に感じている歯がゆさ、不満を表していて、彼氏はそれを敏感に感じとってストレスを溜め込んでしまいます。普段から、「〜のくせに」という癖がある女性は要注意。知らない間に自分の理想を押しつけて、相手を不快にさせていることも少なくありません。極力、「〜のくせに」という言葉は使わないように気をつけましょう。

「背が低い」など、身体的欠点をイジる言葉

人の身体的な欠点をイジるのは、彼氏彼女という関係だけでなく、どんな人に対してもNGです。身体的な特徴は人それぞれであり、それはいわば個性です。ストレートパーマで直せるくせ毛など、自分でなんとかできるものもあれば、身長や足の短さなど、本人の努力ではどうしようもないものもありますね。そういった身体的な特徴を笑いものにして他人をイジるのは、発言をした側の人間性が疑われても仕方がありません。特に、彼氏にとって一番の味方になってほしい彼女に、コンプレックスである身体的欠点を指摘されることほど、彼氏にとって惨めなことはないはずです。本人がその欠点をネタにしていても、一緒になってからかうのもダメです。

プライドを傷つける「(給料)少ないね」

何気なく言った言葉が相手をひどく傷つけてしまうということはよくあるものです。しかし、明らかに相手に傷つけるとわかっているのに放つ言葉は刃物と同じ。そして、その中でも男性の心をえぐりやすいのが、「(給料)少ないね」、「昇進まだなの?」、「使えない」、「要領が悪いね」といった、仕事や本人の能力を否定、あるいは軽んじる言葉です。これを彼氏に言おうものなら、彼氏はその場は笑っていたとしても心は深く傷ついて、あなたへの気持ちも冷えているはず。ポロッとこぼした言葉が彼氏をどん底に突き落とし、一瞬で百年の恋も冷めてしまうというものです。彼氏は褒めておだてて育てるもの。上手にヨイショしてプライドを満たしてあげるための言葉をかけていってあげるべきですね。

「前の彼氏は」など、元カレと比較する発言

男性は、他の男性と比較されることに非常に強い不快感を抱きます。彼女にとって特に元カレの話は厳禁です。彼女に、「前の彼氏はちゃんとサプライズを考えてくれた」、「前の彼氏はどこどこに連れて行ってくれた」など、いわゆる元カレアゲ、今カレサゲ発言をされると途端に気持ちが萎えてしまいます。彼女としては彼氏に対する不満を表すために、何気なく元カレの話題を持ち出すということもあるでしょうが、それは彼氏をウンザリさせるだけの最悪の手段。彼氏に不満があるのなら、元カレの話を持ち出すのではなく、「こうしてほしい」とストレートに気持ちを伝えた方が彼氏にも受け入れてもらいやすくなります。

よくないのに「何でもいい」

女性がつい言ってしまいがちな、「何でもいい」も彼氏には言うべきではないフレーズのひとつです。「何でもいい」というのは、一見全てを受けて入れる包容力のある発言に見えますが、本音はただ単に面倒くさかったり、自分で決めるという責任から逃れたいという丸投げ、受け身で自分勝手な発言でしかない場合が多々あります。それでいて彼氏が決めたことに不満そうな表情や態度や発言をすれば、彼氏が怒ってしまうのは当然です。必ずしも絶対に言ってはいけないというわけではないですが、よくないなら自分ではっきり意見を言う、「何でもいい」と言ったなら後で文句を言わない、このふたつを徹底しましょう。

説教のような「何度言ったらわかるの?」

お母さんが子どもによく言うような、「何度言ったらわかるの?」という言葉も彼氏を深く傷つけてしまうフレーズになることも。この言葉は本来、立場が上の者が下の者に言うもので、言われた側は、自分の不出来さを馬鹿にされ、責め立てられている気分になり、彼女にそこまで言われてしまう自分にさらに自信をなくしてしまうはず。彼氏に、「何度言ったらわかるの?」という言葉をつい使ってしまう方は、ご自身がおそらく理解力や判断力が高い女性のはず。しかし、あなたはそうだからといって彼氏もそうではありませんね。人の多様性や、人を許す寛容さも大切です。それを理解すればこのフレーズも次第に使わなくなるはずです。

努力をへし折る「つまらない」

汚い言葉やネガティブ思考は、本人だけでなくその周囲にいる人の気分も滅入らせ、憂鬱にするものです。「つまらない」はまさにその代表格といっていいでしょう。特に彼氏に向かって、「つまらない」と言うのは現状の全否定であり、一緒にいる時にそんなことを言われたらまさに彼氏の立つ瀬がありません。彼女を楽しませるために頑張った彼氏の努力は、その一言ですべてぶち壊され、へし折られてしまうことになります。何気なく、「つまらない」と口に出してしまうことが多い女性は、自分が思っている以上にその言葉は彼氏を酷く傷つけ不快にしてしまうものだということを自覚し、使わないように気をつけましょう。

過去を責める「あの時は」

喧嘩の度に、「あの時はこうだったよね」と過去の話を蒸し返して彼氏を責める彼女というのも鉄板です。男性に比べ、女性は過去のことを忘れずその都度すぐに思い出しやすいと言われてします。そのため、女性が何かと過去の話を持ち出すのは無理のないことなのです。しかし、その能力を彼氏を責めるために使ってはダメ。過去の話を持ち出しても彼氏は、「毎回同じ話」、「粘着質だな」と思ってウンザリするだけです。彼氏の態度や発言にイラついても、過去の事例を引き合いに出さず、現在の問題点や傷ついた自分の感情に論点を絞って話をするようにすれば、彼氏とも感情的にならずに冷静に話し合えるはずです。

年下彼氏に「若いっていいよね」

年下彼氏に「若いっていいよね」

年下彼氏に対する地雷となるフレーズといえば年齢に関することです。何気なく、「若いっていいよね」と言ってしまう年上彼女も少なくないと思いますが、そう言われた年下彼氏は、「馬鹿にされている」、「子ども扱いされている」、「世間知らずと思われている」とプライドを傷つけられた気分になってしまうことがあります。最初から彼女の方が年上とわかっていて付き合っているのですから、わざわざそんなことを彼氏に言う必要は全くありません。特に深い意味もなくそう感じる瞬間があったとしても、敢えて口に出す必要のないNGフレーズなので、不要な発言は控えるに越したことはありません。

呆れるような「ダメだね」

彼氏は褒めて伸ばすことで、お互いによい関係を築くことができるものです。それを真っ向から否定するのが呆れるように言う、「ダメ」というフレーズ。彼女に呆れながら、「やっぱりダメだね」と言われることで、見下されてプライドを傷つけられるだけでなく、見放された気持ちになって、彼氏は自分自身を情けなく価値のない存在と思ってしまいます。諦め顔でダメだと言われるくらいなら、まだ怒りながら罵られた方が言われたほうがマシというもの。何か気に入らないことがあったとしても、呆れるように彼氏を否定する言葉は絶対に使ってはいけません。

仕事を見下す「楽そうだよね」

仕事は単に報酬を得るためのものではなく、自分を成長させるためのものという認識をしている男性は少なくありません。自分なりに試行錯誤しながら必死に努力し、失敗を重ねつつより上を目指して常にがんばっているもの。そんな彼氏に、「楽そうだよね」と言うのは言語道断。現代では女性で働いている方も多いため、自分の仕事と比較して彼氏の仕事が楽そうに見えることがあるかもしれませんし、自分がイライラしている時に楽しそうに仕事をしている彼氏にモヤっとしてしまうこともあることでしょう。しかし、だからといってそれが彼氏に対して、「楽そうだよね」と言っていい免罪符にはなりません。

男子を否定する「もういいから」

彼氏が失敗したり、うまくできなかった時など、自分の思いどおりにならない時につい口に出してしまうのが、「もういいから」というフレーズ。この言葉は、相手の負担を軽減するように見えて実は全く逆。相手を全否定し、プライドを傷つけた挙句、役立たずの烙印を押して放りだすという最悪のものです。また、喧嘩の時に感極まって、「もういい」と言ってしまうことも多いですが、この場合も相手を拒絶し完全にシャットアウトしてしまうだけなのでなんの解決にもなりません。とにかく言われてしまった彼氏にとって救いのない言葉なので使わないようにしましょう。

言葉の攻撃力は侮れない!

言葉には力があります。上手に使えば円滑なコミュニケーションをとり、良好な関係を築くことができる反面、使い方を間違えたり、使ってはいけない言葉を使ってしまうと一瞬で関係を破壊することも容易いということを覚えておきたいところ。何気なく言った一言が深く彼氏を傷つけ激怒させ、一瞬で嫌われてしまうこともあるので、今回ご紹介したフレーズは絶対に使わないようにしましょう。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ