ライフハック

もう騙されたくない! 男を見る目がない女子の共通点は?

もう騙されたくない! 男を見る目がない女子の共通点は?

男を見る目がない女性にありがちなポイントは?

ダメ男、いわゆるダメンズにいつも引っかかってしまう、男を見る目がない女性は、今回こそは! と意気込んでも大抵いつも同じような男性を選んでしまうものです。本人としては、前の失敗を活かして違うタイプの男性を選んだつもりなのですが、結局、本質的には似たような男性であることが多く、同じ失敗を繰り返してしまうのです。どうして私は男を見る目がないんだろう……、と悩んでいるあなた。男を見る目がない女子の共通点を把握して、解決策を模索していきましょう。

男性を顔でしか判断しない

男を見る目がないといわれる女子ほど、自分の好みの顔の男性を見るとそれだけで恋愛対象として合格判定を出してしまう傾向が強く、人格は二の次になってしまうことがとても多いです。誰だって、ブサイクよりはイケメンのほうが好きですし、同じ性格なら顔がいいほうが選んでしまうのは当然です。しかし、顔ばかりを重視しすぎるのは問題です。いろんな人がいるので、顔だけを異性の選択基準にするのは非常に危ういことです。どストライクゾーンの顔の男性に会ったとしても、自分がその顔に弱いことを自覚して、性格もシビアに見極めるようにしましょう。

押しに弱く、流されやすい

押しに弱く、流されやすい女子も男を見る目がない女子に多い特徴のひとつ。押しに弱いということは、自分の意思が弱く、精神的に自立していないと取られてしまうことも。男性に強く出られると自分の意思は後回しになり、言われるままに流されてしまうことになります。また、自分に自信がないゆえに男性からちやほやされると、ついつい気分がよくなってしまう一面も。押しに弱く、流されやすいと自分で自覚できているなら、相手の考えを優先するのではなく自分の考えも大事にするように意識しましょう。どんな時でも、一番大事にするべきなのは自分がどう思うかです。

自分から別れられない

「付き合ったけど、やっぱり違うな」、「長く付き合ったらダメだな……」と思っていても、自分から別れを切り出すことができない女性も、ズルズルダメ男と付き合うことになってしまい、結果無意味な恋愛を長く続け、男を見る目がないと言われてしまいます。「できれば相手から別れを切り出してほしい」と、自分で決断をすることを避け、他力本願の姿勢でいるから、愛情が冷めていても自分から思い切って別れることができません。誰だって自分から悪者にはなりたくないし、喧嘩やトラブルになりそうなところに首を突っ込みたくはないものですが、ダメ男との別れに向き合うことを避けていてもは、問題を先延ばしにしているだけです。勇気を持って、見切った相手なら早めに別れを切り出すようにしましょう。

惚れっぽい

性格的に惚れっぽい人というのは確かに存在します。それは一概には悪いこととは言えません。それだけ男性のよいところを見つけて認めることができるという一種の才能です。ただ、そればかりを繰り返すのはやはり問題。「あ、この人素敵だな」と思った瞬間、その先にある未来まで考えることなく、今の気持ちだけでいっぱいになって感情をコントロールできずに振り回されてしまいがち。惚れっぽい人に足りないのは現状認識力と想像力。自分が惚れっぽい性格だと自覚できているなら、「この人、いいな」と思った時に今自分の置かれている状況、その人との未来を一呼吸おいて考えてみましょう。一度冷静になる癖をつければ、いきなり惚れてしまうという状況は避けることができるはずです。

八方美人

誰にでもよく思われたいと思う八方美人タイプの女子は、男子にもいい顔をしたくてついつい思わせぶりな態度を取ってしまうもの。その結果、勘違いした男子からアプローチされ、そこでも悪く思われたくなからと、八方美人っぷりを発揮しているうちにつまらない男に捕まって、自分が苦労することが多々あります。八方美人という言葉はもともとは、「欠点のない美人」という意味でしたが、今では、「嫌われないように常に周りの顔色を窺い、無条件で同調する人」という批判的な意味で使われています。先で紹介した、押しに弱い性格と重なると、「断るのは悪いから、とりあえず付き合ってから考えて……」と、不要なお付き合いに発展しやすいため注意が必要です。

男性への理想が低すぎる

誰でも恋人への理想というのを何かしら持っているものです。その理想が高すぎるのも問題ですが、逆に、低すぎるのも問題です。異性への理想が低すぎると、ダメ男ばかり引き寄せてしまい、結果的に男を見る目がない女性として見られてしまう場合があります。身内など身近にダメ男がいたせいで、「男なんてこんなもの」と最初から期待しないことで、お付き合いのハードルが極端に下がってしまうのです。結果、普通ならお断りするべきレベルの男性とのあっさりお付き合いに発展してしまい、そこから抜け出せなく女性は意外に少なくありません。理想が高すぎる女性の話が目立つ昨今ですが、低すぎる理想も、決して幸せばかりを招き寄せるわけではないと心得ましょう。

断るのが苦手

断り下手な女性も、悪い男に騙されて泣きを見る、男を見る目がない女子に多い特徴です。「断ると相手が気を悪くするかも……」と、必要以上に相手に気をつかいすぎたり、「場の雰囲気を悪くするかも……」と余計な気を配ったり、「嫌な人だと思われないかな?」と、自己保身を考えてしまうことで、はっきりと断ることができません。自分の許容範囲外のことを断るのは当然です。もし、断ることで一時的に相手と険悪になってたとしても、それであなたが気に病む必要はありません。それよりも怖いのが、断ることができない女子というレッテルを貼られて、ダメ男に付け込まれてしまうことです。

世話好き

世話好きな女性も、意外に男を見る目がない女子の共通点だったりします。基本的に世話好きな女性は周囲のことをよく見ていて、困っていたら助けてあげたい、自分にできることであればやってあげたいと考える情の深い女性です。それは人として素晴らしいことですが、その優しさを向ける相手を間違えてしまうことがあります。そして、ダメな男性ほどそうした女性を見極める能力に長けていることが多く、依存できそうな女性を見つけるととことん寄生しようとします。そして、女性の方はというと頼られることで、「私って頼られてる」、「この人は自分がいないとダメ」と自己満足に陥ってしまうのです。結果、周りが見ると将来がなさそうな男性とズルズル付き合っていることも多く、見る目のない女性だと思われてしまいがちです。

男を見る目を養うには?

男を見る目がない状態から抜け出すには、何と言っても男を見る目を養うことが必要です。男を見る目がなければ、いくら自分を改善しても恋愛するたびにダメな男性に引っかかって躓いてしまうことでしょう。ダメな男に騙されて泣きをみる女にならないために、男を見る目の養い方を、次から合わせてご紹介していきます。

過去の失敗を忘れない

過去の失敗を忘れない

人は過去の失敗から学べる生き物で、学ぶからこそ成長できるのです。先にご紹介した男を見る目がない女性の特徴に、自分に当てはまるものがあるのなら、それを自覚するだけでも大きな前進です。ただ、人は喉元過ぎれば熱さを忘れてしまうものでもありますから、過去の恋愛で自分が失敗した理由は、次の恋をするまでに忘れないようにしておきましょう。いいなと思う男性に出会ったら、過去の失敗例に当てはまっていないか、自分と合わないタイプではないかをチェックする癖をつけて下さい。そうやって石橋を叩いて渡ることで、同じような男に騙されたり、傷ついたりすることはかなり減らせるはずです。

信頼できる男友達を持つ

男を見る目がないと分かっていて、自分を改善できない場合は、信頼できる男友達を増やしましょう。女子が女子をシビアに見るように、男性も同性を見る目は意外にシビアだったりします。少なくとも、片思い状態の女性が見るよりは、冷静かつ現実的な目で見ているのは確かです。また、同じ男性でも女性の前で見せる顔と、男同士の間で見せる顔が違うことも多いので、男友達に話をして相手の男子を見てもらうというのは、男を見る目がない女性には現実的かつ有効な手段です。また、親しい男友達を作ることで、理想や妄想ではない、「男の実態」というものに対する認識や判断基準が増えるというメリットもあります。自分に男を見る目がないなら、見る目を物理的に増やすことでカバーすることが可能です。

恋愛経験を重ねる

経験する、という行動はどんなことでも大切です。恋愛でも、経験を重ねることで男性を見抜く力や判断力が自然と鍛えられて、よりよい恋愛をすることができるようになります。でも、だからと言ってとにかく数をこなせばよいというわけではありませんね。そうではなく、付き合った相手とじっくり向き合ってみる、その上でダメだと思えば素早く決断し、反省して次に繋げる。これを繰り返すことで、どんなタイプの男子と付き合うことが自分を活かし、成長に繋げるのか、幸せなのかを考えていけるようになります。恋愛経験が少ないうちは、失敗してダメ男に捕まることももちろんあります、その失敗を経験ととらえ、次に活かしていければいいのです。

自分の感覚を大切にする

悪い男やダメな男って、なぜか女性には魅力的に感じることも多く、本能的に魅かれてしまうがありますが、「この男は危ない」と自分が感じたならその直感を大事にして下さい。それは無意識のうちにこれまでの恋愛経験と深層心理が発する警告です。女性の第六感は当たるというように、看過してはいけない危険を知らせるサインなので無視しないようにすることで、付き合うべきではない男性との交際を避けることができます。その場の気持ちで突っ走ってしまうと、失敗した時に男を見る目がないと後悔することになりますので、「この人、なんか変だな」と思ったら一度しっかり立ち止まる癖をつけましょう。

男を見る目は鍛えられる!

「私っていつも悪い男にひっかかるんだよね」、「見る目がない……」とこぼしている女子は多いですが、それは多くの場合、「いい男」か見極める前に恋を始めてしまい、自分自身の感情をきちんとコントロールできずに突っ走ってしまっていることが大半です。いい恋愛をしたいなら、過去の恋愛から悪い男やダメ男を選んでしまう自分の好みの傾向を自覚して直すこと。そして何より、男を見る目を養うことが大事です。そうしているうちに次第に選ぶ男子の基準も変わってきて、幸せを感じられる素敵な恋愛を楽しめるようになるはずです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ