ライフハック

いつも奢ってくれる男性の本当の心理と、女性がとるべき行動は?

いつも奢ってくれる男性の本当の心理と、女性がとるべき行動は?

女性に食事やデートのお金を払う男性の心理

普段の生活の中で、女性は男性と食事やお茶に行く機会も少なくないですよね。職場でのランチやちょっとしたデートなど、男性と二人でお店に入ることは社会人になると、そう珍しくもない場面です。そんな席で、なぜかいつもあなたに奢ってくれる男性がいます。別にそこまで奢ってもらうような理由もないのに、女性が自分で払おうとすると、「いいよ」と言って奢ることを選ぶ男性は、ありがたいけれど一体何を考えているのか、女性にとっては謎が残るものです。そんな、食事やデートでいつも、「奢るよ」とお金をだしてくれる男性の心理を知って、それに対して女性がとるべきベストな行動を考えていきましょう。

下心がある

まず第一に、いつも女性に奢る男性に考えられる可能性といえば下心の有無です。ご馳走を奢れば、女性は喜んで気をよくするはずで、そうなればもっと仲よくなれるかもしれない。そう考えている男性は意中の女性を落とすために、投資感覚で奢ることを選択している場合が少なくありません。下心のある男性の場合、食事の際のお会計を奢ってくれるだけでなく、何かとプレゼントをしてきたり、映画や美術館のチケットを買ってくれることもあります。こういう男性は、ものやお金で釣れば女性は落ちるものと思っているので、他の女性にも同じような対応をしていることも多く、女性にとっては恋愛対象にするべきかどうかよく考える必要があります。

格好つけたい、プライドが高い

女性に対していいところを見せたい、格好をつけたいと考えているプライドの高い男性も、すぐに女性に奢ることを選びます。このタイプの男性の場合、レストランでの食事は周囲に人の目もあるので、そういう場で連れている女性にお金をださせている自分を見られたくない、という気持ちがあります。基本的に見栄っぱりで、自分をよく見せるために多少無理をしても女性に奢りたいと考えがちで、実際はケチな性格の可能性も少なくありません。こういう男性は、女性に対してご馳走してあげたいと思って奢っているわけではない場合もありますので、周りに人目がない環境だと奢ろうとしないこともあります、その辺りが見極めのポイントになるでしょう。

立場的に上だから

真面目でものごとに筋を通すタイプの男性なら、「自分の方が立場が上だから、相手が女性だろうと男性だろうと奢るべき」という考えを持っていることも多いです。その信念に基づいて、同席するたびにほぼ必ず奢ってくれますが、奢ってくれたとしても個人的な好意や下心はほとんどなく、ただ奢るべきだから奢る、という感覚なのです。こういうタイプの人は、女性が自分で払うと言ってもなかなか聞き入れてもらえないですし、あまりこだわるとかえって空気が悪くなってしまうので、しっかりお礼を言って素直に奢ってもらうのが一番かもしれません。

男性は奢るものと思っている

立場が上なら奢る考えの男性と近いですが、硬派でしっかりした考えの男性だと、「男は奢るもの」という姿勢をがっちり持っていて、その主義を変えることは絶対にない人もいます。この場合、その男性のお父さんやおじいさんがそういう性格だったケースが多く、子供の頃からその価値観を刷りこまれて受け継いでいることが多いです。このタイプの男性にも女性が自分で払いますと言うと、かえって機嫌を悪くさせてしまうことも。奢ってもらってばかりになっても固執せず、きちんとお礼を言って奢ってもらうようにすれば、それはそれで男性からも喜ばれるはずです。

相手のことが気になる、好き

下心とは少し違いますが、その女性のことが好きだから奢ってあげたいと思っている男性ももちろんいます。異性だからと言って誰にでも奢るわけではなく、気になる女性にだからこそ奢ってあげたいと考えているということですね。女性から見て、もしこれが自分の気になる男性だったらすごく嬉しいことです。奢ってもらえること自体が嬉しいというより、そんなふうに思ってもらえていることが嬉しくてドキドキしますよね。この場合、楽しい時間を過ごしてちゃんとお礼を言うようにすると、それが二人の仲が進展していくきっかけになっていく可能性も十分にあるでしょう。

ボーナスなどの臨時収入が入った

多くの男性は基本的に女性に何かしてあげること、女性に喜ばれることが好きです。そのため、ボーナスなどの臨時収入があった時は、ついつい女性に奢ってあげたくなってしまうのです。もともと気前のいい男性ならなおさらで、部下の女子社員を引き連れて、嬉しそうにご馳走して歩いている上司も珍しくないものですよね。臨時収入はボーナスの他、パチンコや競馬で勝った時などにもチャンスがありますから、太っ腹の男性と親しくなっておくとそういうタイミングがある度に頻繁に奢ってもらえるかもしれません。気前のいい男性は恩着せがましくないので、安心して奢ってもらうことができますね。

本当は出してほしいけど言いづらい

気前のいい男性とは反対に、ちょっと気が小さく懐の狭い男性もいます。できることなら女性に奢りたくはない。でも、女性に面と向かってお金をだしてとは言いづらいから、仕方なく奢る……、という消極的な理由で嫌々奢っている男性がそれで、自分から女性に割り勘を求めるのは格好悪いから嫌、といった変な意地を張っています。こういう男性は周囲の目も気にしがちで、プライドの高い男性と同じく女性に払わせている姿を誰かに見られたくないと思っていることが大半です。女性としては、そんな嫌々で奢ってもらっても嬉しくないですよね。こういう男性には事前に割り勘を提案するか、食券制の食堂などでサッと自分の注文を済ませてしまう方が気楽です。

後でいろいろ言われたくない

疑い深く心配症な性格の男性の場合は、「女性と食事したらとにかく奢らないと、後でケチな男だと噂を立てられるかも」などとオーバーな心配をして、そうならないように用心として奢ってくることもあります。この場合も心から女性に奢りたいわけではなくて、ただ自分の身の安全のため、リスクを避けるために、「奢っておこう」と考えているにすぎません。これも女性にとっては面白くないし、後からぐだぐだ言いそうな人だと思われているのも不快なものです。こういうタイプの男性はなるべくそうと見抜いて距離を置き、そもそも一緒に食事に行くような事態にならない方が無難です。

毎回奢ってくれる男性にとるべき女性の行動!

男性が女性に奢る行動の中には、さまざまな理由や思惑があることがわかります。それを踏まえて、女性は奢ってくれる男性にどう接していくのがいいのでしょうか。相手の男性のタイプや仲のよさにもよりますが、次からご紹介するポイントを押さえて判断していけば大丈夫です。奢ってくれる男性とうまく良好な関係を保って、今後もいい距離感でいるためには、女性のその都度の対応が大切になります。男性に奢ってもらった時の対応次第で、その後の男性との関係が変わる場合もあるので、毎回奢ってくれる男性には手を抜かない行動を心がけましょう。

割り勘にしようと提案する

割り勘にしようと提案する

毎回奢ってくれる男性に対して、女性の方から時々は割り勘にしましょうと提案することも必要です。おそらく男性の方は、食事に誘った時点でまた奢ってくれようと考えているわけですが、だからといってそれに甘えきらず、「今日は割り勘にしましょう」と申し出ましょう。もちろんそう言っても男性は、「気にしないで」と答えると思いますが、女性がその配慮を見せるだけでも男性は嬉しいものです。また、食事や飲みの席では割り勘にうなずかない男性でも、金額が少ないお茶だったら、「じゃあそうしていいかな」と折れやすいので、ちょっとしたカフェや休憩時間の飲みもので割り勘を提案したり逆にご馳走してあげると、男性も受け入れやすくなります。

感謝の気持ちは必ず伝える

どんな場合でも奢ってもらった際にもっとも大切なのは、感謝の気持ちを必ず伝えることです。これを忘れてしまうと、男性はがっかりしてしまいます。いくら奢りたくて奢っている場合でも、奢られたことに礼も言わず平然としている女性の姿を見たら、男性も、「奢らなきゃよかった」と後悔するでしょう。ものすごく恐縮する必要はないですが、「ありがとうございました」と、「ご馳走さまでした」は絶対に言うべきです。それだけでも男性はいい気分で店をでることができ、「またご馳走してあげたいな」と思えるものなのです。

お会計の時は財布を出す

いくら毎回奢ってくれる男性との食事であっても、小さな気づかいは常に欠かさずにいたいもの。レストランで食事が終わり、レジへお会計に向かう時は必ず自分もついていって、レジ前で財布を開くくらいはする方がベター。「いいよ」と男性が言うのはわかっていても、お金を払う意思があることは見せるべき。「どうせ奢ってもらえるから」と、のんびりお手洗いに行ったりするのはNGです。財布をだして横に立つことで、しっかりした女性だなと思ってもらうこともできますし、何より男性は、「この子に奢ってよかった」と感じるはずです。

男性をたてるために店を出てからお金を渡す

毎回奢ってもらうことが心苦しくて、何とか男性に自分の分だけでもお金を受けとってもらいたいと思ったとしても、それをお店の中でやってしまうのは禁物です。レジ前で支払いをするとしつこく食い下がったり、「お会計分けて下さい!」と店員さんに叫んだりすると、かえって男性に恥をかかせてしまいます。どうしてもお金を受けとってもらいたい時は、お店の中ではおとなしくご馳走になり、外へでてからサッと渡すか、帰り際にぽち袋にお金を入れて手渡すと、グッと洗練された印象になります。こうした配慮ができる女性は好感を持ってもらえますし、男性も受けとりやすくなるので一石二鳥です。

当たり前と思わず男性を気づかうとウケもよし

大切なのは男性に奢ってもらった時、それがどんなに毎回のことになっても当たり前とは思わないこと。金額の多い少ないに関わらず、奢ってもらうということはありがたく、本来すごく貴重なことのはずです。奢ってもらえることに慣れすぎず、毎回きちんと感謝の気持ちを表したいものですね。そして、いつも奢ってくれて割り勘にも応じない男性には、折に触れて別の形で気づかいを見せたいところ。旅行に行くことがあったらおみやげを買ってきたり、さりげないプチギフトを贈るなど、感謝を伝える方法はたくさんあります。奢ってくれる男性には上手に甘えつつ、しっかり配慮ができれば自分の評価もアップしていくはずです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ