微妙な関係

付き合ってないのにキスしてくる男性の心理と本音

付き合っていない相手にいきなりハグやキスをする男性、貴女の周りにはいるでしょうか。いきなりキスをするのは、あえて踏み込んだスキンシップを取る事で好意を伝えようとする為の行動ですが、こうした背景があっても、多くの女性はいきなりキスされたら驚くはずです。

付き合ってないのにキスしてくる男性の心理と本音

付き合ってないのにキス、遊びなの?

付き合っていない相手にいきなりハグやキスをする男性、貴女の周りにはいるでしょうか。

いきなりキスをするのは、あえて踏み込んだスキンシップを取る事で好意を伝えようとする為の行動ですね。

ですがこうした背景があっても、多くの女性はいきなりキスされたら驚くはずです

そこまでされると、今までは知り合いの関係だったのに、逆に構えてしまうという方もいるでしょう。

好きな人や、好意を寄せていた相手でも、付き合ってないのにいきなりキスされたら、見方が変わる人もいるはず。

・キスはそれほどにカップル間では重要なスキンシップであると言えます

好きなの? 遊びなの? 強引なだけ? 今回はちょっと強引! 付き合ってない相手にいきなりキスできる男心の心理について今日も一緒に考えていきましょう。

付き合ってない相手にキスする理由

最初にこれだけは言っておきましょう。

・いかに遊んでいる男性でも好意を抱いていない女性に基本、キスはできません

キスをするのは少なくとも好意があるからです。ですがそこから、心理は細分化します。さっそく見ていきましょう。

その場の空気

こう書くと、その場の空に流されて付き合ってないのにキスしたみたいで嫌ですが、そうではありません。

二人きりだった、意識し合っている、誰もいない場所、長い沈黙で見つめ合って。

そういう条件が揃ったと思い、その場の空気でキスをしてしまうという事、つまり貴女への好意が、行動に出てしまうパターンです。

こういう場合、相手のアプローチは真剣そのもの。貴女の事が好きゆえの行動なので、キスを拒否する貴女にも相手への好意が少なからずあるなら「告白して付き合ってからがいい」と伝えてみましょう。

きっとそれに沿うように行動してくれるはずです。

自意識過剰

「付き合ってないけどきっと俺の事が好き!」だからキスしたという、付き合ってないのにキスしてしまう男性にありがちな自意識過剰タイプ。

・このパターンは、一度成功すると、付き合ってないのに何度もキスをしてくる場合があります、拒否したいならはっきりと

ちなみに遊びよりも質が悪く、このまま流すと貴女は自分にベタ惚れ、という考えの元で貴女を振り回してくる可能性もあるので、その辺は覚悟して後悔のないように。

まだまだあります、次からもっと深く考えていきましょう。

身体の関係希望

身体の関係希望

いきなり首に、というような性的なキスをしてくる男性は、身体の関係希望の本心が透けがち。

・付き合ってないけどキスをする男性の多くがこの願望が一番強いでしょう

相手の気持ちを確かめるなら、キスは付き合ってから、と拒否するのが一番。そこで引かれるようなら、相手は遊ぶつもりだったと見て下さい。

お酒が入って

酔っているから甘えてしまう……と言うのはお酒の弱い多くの男性にありがちなシチュエーション。

酔った勢いで頬に、おでこに、ほっぺにとキスしてくるキス魔な男性は少なからず存在します。

この場合は、好意の見極めは少し難しいです。何故なら相手は、普段から貴女に好意を抱いているけれど、なかなか踏み出せない中、お酒の力を借りて、酔った勢いで貴女にキスしたかもしれないから。

相手の事が嫌でなければ「付き合ってからキスしないとダメだよ」と釘を刺しておくといいでしょう。相手がちゃんと貴女に脈ありなら、きっとその後アプローチが始まるはず。

キスには、ちゃんと理由がある

何にしろキスをするには、きちんとそこに理由はある場合が大半です。

そしてその理由は、種類はあれど好意である事に間違いはありません。

しかし、いくら好きな相手がキスをしてきたからといって、あっさり受け入れるのは考えもの。

古い考えではなく、簡単に遊べる女性にならない為にも「キスは付き合ってから」を徹底するのはデメリットばかりではありません。

軽い女、都合のいい女に収まらない為の対処法とも言えます。

・キスをしてくる男性、そこには貴女への感情が確かにあります

だからこそ、その感情をしっかりと見極めて、相手との距離感をしっかり考えていきたいですね。

男女で違う!付き合う基準とはどこからどこまで?

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

人気のキーワード

KEYWORD

微妙な関係の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ