男が女に思うこと

男女で違う!付き合う基準とはどこからどこまで?

男女で違う!付き合う基準とはどこからどこまで?

カップルとして付き合う基準とはどこから?

良くある「付き合ってないの?」「付き合ってないよ~」なんて会話。

・よくよく考えてみると、人が付き合う判断基準はどこからどこまでなんでしょうか?

もちろん「将来を約束した関係」とか「彼氏彼女と公言している」とかは別にしての話ですが、付き合うと付き合わないのボーダーラインって、解りづらいですよね。

今回はその恋愛におけるライン、付き合う基準を男女ともに調べてみました。貴方の付き合う基準を思い浮かべつつ、参考にしてみて下さい。

意外な基準に、驚くかも……? 今日も一緒に考えていきましょう。

男性がお付き合いを認めるラインはどこ?

男性が異性と付き合う基準には、こんな意見が挙げられています。

・記念日を一緒に過ごすようになれば特別な関係
・キスをしたら付き合ってる。その他のスキンシップは友情間でもアリ
・肉体関係、身体の関係があれば付き合ってる

何とも個々の性格というか、人によってボーダーラインが激しいのが特徴的です。

中には「一緒にいて居心地が良い相手は付き合ってるのと一緒」という失礼ながらふわっとした意見もありました。

確かに恋愛対象になる、恋愛感情を抱く上で一緒に過ごして安心できるかどうかは関係してくるとは思いますが、そこが付き合うの基準になるのか。

また、男性の中には「告白しても付き合っているとは言えない」という訳の分からない意見もあり、この事からも、世の中の女性達が「彼氏が何を考えているか不安」という意味が良く分かります。

対して女性の付き合うの基準はここ

では次に女性の付き合うの基準をご紹介。

・好きかどうか告白されたら。OKしたかしないか
・デートしても告白されていなければ付き合っていると言えない
・言葉がない相手は信用出来ない。結婚までに一言は欲しい

こちらは言葉にして欲しい女性の意見を良く反映している意見が多くありました。

・男性が「言葉にしなくても感覚で伝わっている」という意見が多い中、女性の多くは「言葉にしないと不安」と思っているという事です

これが全員の意見ではありませんので一概には言えませんが、男女でだいぶ基準の重点が違います。

特に「言わなくても伝わっている」「どんどんアピールしたい」と考えている男女の相性が悪いのは、この辺にあるかもしれませんね。

ではこの内容を元に、結論をもっと深く考えていきましょう。

恋愛する時に大事なのは、価値観の共有!


恋愛する時に大事なのは、価値観の共有!

「結婚するなら価値観の一緒な人を」と言いますが、恋愛する上でも価値観が違うといかに苦労するかが分かりました。

・良くあるLINEの既読スルーもそうですが、「既読してるから見てる」という人もいれば、「既読して返事しないとか無視してる!」と思う人もいる訳です

そこで相手の意見を流せば関係は改善しませんし、一方が受け入れてばかりだと余計に関係は拗れます。

大事なのはここでどうしたらいいのか、自分はどういう考えでこうしたのか、それをお互いが理解し合う事にあるかです。

前述の内容なら、彼氏が「うん」とか「そう」とか返せば彼女は満足するでしょうか?

想像ですが、余計に火に油を注ぐ結果になるかと思います、でもそう言うと、今度は彼氏が「ちゃんとメッセージ返してるのに、どうすれば良いんだ?」となるでしょう。

・要は返していなくてもどう思っているか、普段からの繋がりが大事なのです

既読スルーでも気にならない人は気になりません、それが良い事か悪いかは置いておいて、安定したお付き合いが出来ているならそれに越した事はありません。

お付き合いの基準がどこかは、きっかけに過ぎません。しかしすれ違ったままの関係でいるよりは、どこかではっきりとした行動、言葉で伝え合う事はとても重要だと言えるでしょう。

失恋後に逆告白されて付き合う可能性も!?

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも是非参考にしてみて下さい。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

※《占い師を選択し、進んだ後に選んだ占い師からトークがきます》

人気のキーワード

KEYWORD

男が女に思うことの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ