男が女に思うこと

彼氏がドン引きする彼女の言葉づかい、言われたくないNGワードまとめ

ちょっとした言葉づかいで、人の性格って印象付けられるものですよね。言葉づかいはその女性の品格を表すと言われます。彼女の言葉づかいに難があったり、汚いと思われてしまうと、お付き合いしている彼氏の気持ちも長続きしません。そんな、特に女子が気をつけるべき言葉づかいについて、ご紹介いたします。

彼氏がドン引きする彼女の言葉づかい、言われたくないNGワードまとめ

気をつけたい彼氏への言葉づかい

ちょっとした言葉づかいで、人の性格って印象付けられるものですよね。例えば、乱暴な言葉を使う男性は、「この人の彼女になったらもしかして暴力を振るわれるかも」と思うでしょうし、「私なんて」と自虐ばかり繰り返している女性は、「ネガティブな性格なのかな?」と感じるでしょう。言葉づかいはその女性の品格を表すと言われます。彼女の言葉づかいに難があったり、汚いと思われてしまうと、お付き合いしている彼氏の気持ちも長続きしません。どれだけ美人で可愛い彼女だと思っていても、言葉づかいが悪いことで印象を下げてしまったり、一緒に歩くのに抵抗を持たれることだってあります。そんな、特に女子が気をつけるべき言葉づかいについて、ご紹介いたします。

「しろよ」「だろ」などの男口調

女性でも気持ちが昂ると、ついつい荒い口調を使いたくなるものですが、「いい加減にしろよ!」「当たり前だろ!」と言った、激しい命令口調や断定の言葉づかい、彼氏は間違いなく内心引いています。特に、あなたが普段から穏やかで女の子らしい性格で、清楚な見た目だったり、彼氏が異性としてそこに惹かれていたら、なおさらです。これまで見てきた、女の子らしい可愛いあなたは何だったのか? と動揺を隠しきれません。彼女には丁寧な言葉づかいでいてほしいというのは、多くの男性の願望です。

人のことを「お前」「アイツ」「あんた」

普段は意識していなかったとしても、ふとしたタイミングで、彼氏や他の人を「お前」「アイツ」呼ばわりしてしまう彼女さん。他人をバカにしているように聞こえることもありますし、「実はガサツな性格なのでは?」と疑われても仕方ありません。彼氏以外の人が聞いた時には悪い印象しか与えませんし、呼ばれた側も傷つきます。

頭が悪そうな「マジで」「やばい」

いい意味から悪い意味まで、色んなシーンで使える言葉の代表格が、「マジで」「やばい」なのですが、使いすぎると頭が悪そうに聞こえてしまうことも。例えば彼氏と美味しいものを食べた時、綺麗なものを見た時、楽しいことをしている時、ピンチに陥った時、全部「マジでやばい」で片付けようと思えば、意外と片付けれてしまいます。ですが、これらには本来使われるべきちゃんとした言葉があるのはご存知のとおりです。何でもかんでも「マジで」「やばい」ばかり連呼してしまうと、彼氏にもボキャブラリーが乏しいと思われてしまいます。とにかくバカっぽくも映ってしまうので、使いどころは分けて考えるべきでしょう。

自分を「ウチ」呼び

あなたは自分のことを何と呼びますか? 若い女性に多いのが「ウチ」呼びです。学生などの間は気にならないことも多いのですが、大人になってからも「ウチ」呼びだとしっくりこず、聞いている方はとても幼い印象を受けてしまいがち。特に間違いというわけでもないですし、汚い言葉づかいでもないから注意するのも難しいのです。ですが、大人になるにつれて、色んな年代の方とのお付き合いの幅も広がるはずなので、いい大人になったら、一人称は「私」と言うのが無難でしょう。気になる人は気になります。

言い訳ばかりの「でも」「だって」

できない言い訳ばかり並べ立てる、「でもでもだってちゃん」が嫌われるというのは、最近ではメジャーになってきました。彼氏が色々とあなたの為を想ってアドバイスしてくれているのに「でも」、他の案を考えてくれても、「でも」彼氏がしびれを切らせて「じゃあどうすればいいの?」という彼氏の発言に「だって」と言い訳ばかりで、まるで話を前に進める気配なし。話を聞いてくれてる相手のことも考えると、褒められた対応ではありませんし、何度も使うと彼氏に限らず相手を疲れさせてしまうので注意が必要です。

男性、彼氏に言ってはいけない言葉は?

男性というのはこれでどうして傷つきやすい生き物で、些細な言葉にショックを受けてしまいます。彼氏が深層心理で拒絶する、彼女に絶対言われたくない言葉をご紹介いたします。

元彼はこうだった

今の彼氏と元彼の比較というのは、彼女がやってはいけない、言ってはいけないことの代表格です。あなただって「元カノはもっと尽くしてくれた」「元カノと比べると料理がイマイチ」なんて言われたら、「じゃあ元カノのとこに戻れば?」となりますよね。それと同じです。

収入が少ないという指摘

「給料少なくない?」「どうやって養ってくれるの?」彼女に収入が少ないことを指摘されると、彼氏の自尊心は間違いなくズタボロになります。下手をするとそこで、「自分ではあなたを幸せにできない」と、身を引かれる恐れもあるので、奮起させようとしててもストレートに収入が低い事は指摘しない方がベター。収入が少ないのが事実なのであれば、どうすればいいかを一緒に考えて、彼氏を支えるというスタンスを忘れないようにしましょう。

頼りない

下手をすると立ち直れないかもしれないくらい、彼氏のプライドを折ってしまうのが「頼りない」という発言。確かに、お付き合いしていれば、彼氏のことを頼りないなぁと思う部分だって出てきます。ですが、言い方には気をつけなければなりません。彼氏にやる気がないのなら問題ありませんが、頑張っているけれど力及ばず、どうしても頼りなく映ってしまっていることだってあるはず。あなたからすればただ言っただけの言葉なのかもしれませんが、彼氏は思いのほか傷ついていることもあるのでご注意を。

背が低い

背が低い

これは男性に限らずですが、誰にだって外見のコンプレックスのひとつやふたつはあるものです。何となしに言った言葉が相手を深く傷つけることは珍しくなく、外見はその最たるもの。その中で、特に男性が傷つきやすいのが身長です。背の高さというのは、他の部分に比べてどうしようもない場合が大半です。分かった上で解決できない部分を彼女に指摘されると「じゃあどうすればいいの?」「なら背の高い人と付き合えば……」となるのは当然ですよね。「背が低い」と女性に言われて嬉しがる男性はほぼいませんし、他にもどこがコンプレックスに触れるのか人にもよりますので、外見のネガティブトークをするくらいなら、いいところを褒める方に時間を使って下さい。

綺麗な言葉づかいになるには?

自分では普通に話していたつもりだけど、他人からすると微妙な言葉づかいになっていることってありますよね。そんな時、自分では今までおかしいと思っていなかったから、どんな風に言葉に気をつけていいかわからないこともあるはずです。綺麗な言葉を使いこなすために、男性にも好感を抱かれる言葉づかいに共通するポイントをご紹介いたします。

「お」をつける

どうすれば綺麗な言葉で話せるか悩んでしまう女性は、とりあえず物に「お」をつけて話す癖をつけてみましょう。「お支払い」「お申し込み」などもそうですし「お酒」「お金」も「お」をつけるだけで柔らかく、上品なイメージを持てます。

LINEやメール、SNSもチェック

言葉づかいが直せず困っているなら、ふだんから使っているSNSやLINE、メールなどの内容も確認してみましょう。普段の言葉づかいに問題がある人の多くは、これらのツール内でも、よくない言葉を使ってしまいがちです。言葉づかいが直らない、改善が難しいという人はまずはここから。日常生活の中での言葉づかいももちろんですが、こうしたツールのメッセージにも注意することで、話す前に考える癖をつけることができるようになるのでおすすめです。連絡をとる時に、意識して改善していくと日常の言葉づかいでも、どこを気をつければいいのか自然に身に付いていくので、非常に効果的で、改善も早いです。

彼女の下ネタはどう?

友達としてでも恋人としてでも、ある程度男性と交流を重ねてくると、女性でも男子の「下ネタ」に対してある程度耐性はできるものです。ですが、だからといってその下ネタを、男友達と話すように彼氏に向けて言ってしまうと、中には難しい顔をする人もいますよね。下ネタ自体は何とも思わないけど、自分の彼女が言うのはNGという男性もいる中、彼女が話す下ネタについて、彼氏がどう思っているかにも触れておきましょう。

自分に合わせてくれるならOK

男性というのは自分勝手な生き物で、彼氏が何か下ネタを振った時に、それに彼女がほどほどに合わせてくれる分には、下ネタも構わないという意見があります。若年層には特に敬著で、まだまだ下ネタの力を借りて女子の関心を惹きたいお年頃であることも。彼女さんに、「何小学生みたいなこと言ってんの?」なんて冷たくあしらわれるよりは、同じように合わせてくれる方が嬉しいようです。ですが、あなたが元から下ネタが嫌いだったり、苦手だという場合は、特に面白い反応を返そうと頑張る必要はありません。彼氏が下ネタを言っても「はいはい」「そうだね」「よかったね」と、笑っておくくらいでも構いません。

でも人前で下ネタは言わないで

彼女が下ネタを言うのは構わないし、自分も一緒になって楽しむことだってある。そんな寛容な彼氏さんでも、彼女が第三者、例えば共通の友人や知人などの前でいつもと変わらずそういった話をしてしまうのはいただけないようです。彼氏が彼女の下ネタを笑って面白がれるのは、あくまで二人きりの時だからということですね。また、彼女が自分以外の男友達の前でも全く同じように下ネタトークを展開していると分かると、彼氏は複雑な気持ちになってしまうことも。そういう部分は、自分にだけ見せて欲しいとやきもちを焼いてしまうのです。

生々しい内容はNG

ひと口に下ネタといっても色々あるようで、男子が考える内容と、女子が考える内容が同じではない場合があります。特に、女同士で話す下ネタは、実際に彼氏との関係をこと細かに話したりと、生々しいものが多い傾向にあります。彼氏の多くは、そうした「生々しい」下ネタはあまり好みません。男性が言う下ネタとは、どちらかと言えば話す内容自体は先述のように幼稚かつ小学生レベルで、そこに深い意味はないのです。

言葉づかいは異性の印象を左右する

言葉というのは口から出る目には見えないものであり、女性の言葉づかいというのは、印象に直結します。女性だから女性らしくしろ、そんな余計なお世話を言うつもりはありません。ですが、言葉の使い方、話し方ひとつで彼氏の印象が悪くなってしまうこともあるので、普段の生活の中から注意しておきたいポイントでもあります。汚い言葉づかいというのは、染みついている分直すのも大変です。いざという時に慌てることのないよう、普段から話す前に一度、考えることを癖づけていきましょう。

人気のキーワード

KEYWORD

男が女に思うことの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ