男が女に思うこと

元気がない無気力な彼氏を励ます3つの方法

元気がない無気力な彼氏を励ます3つの方法

まさかうつ病……? 元気がない無気力な彼氏

少し前までは五月病と言われていましたが、今では入社と指導の関係から六月病、なんて言う所もあるみたいですね。

人は状況が変わったりする事で強いストレスがかかり、進行すると疲れ、食欲の衰え、不眠、精神的な不安へと変化していき、病気のような状態になる事があります。

仕事が忙しい事は本来ならば良い事なのですが、そこにやりがいや達成感がないとただストレスを助長するだけになり、精神的に圧殺されてしまうのです。

そうなると感情を出す事もなくなり、テンションの下降、落ち込む、無気力へと変化します。

・「最近彼氏が元気ない……」

こういった彼氏の変化に気付いた人は、彼氏の元気がない様子を良く確認して上げましょう。もちろん落ち込みの原因を取り除く事が大事ですが、そうなると想定できる状況も広すぎて対応できません。

ですので今回は原因はともかく、彼氏が落ち込んでいる時、元気が無い時、無気力の時に励ます、支える方法を一緒に考えていきましょう。

落ち込んでいる事、を認識する

まず重要なのがこれ。彼氏が元気がないからと心配する人が陥りやすい失敗ですから、ここを良く確認しましょう。

・女性は落ち込んでいる事に共感して欲しいものですが、男性はどちらかと言うと「原因を解決する方法」を求めているのです

だから無闇に「その落ち込む気持ち、解る」なんて安易に言ってはいけません。彼氏からすると「俺と違う状況なのにお前に何が分かるんだ?」と怒りのツボを刺激してしまう可能性があるからです。

まずは彼氏が落ち込んでいる事自体が心配である事、彼氏が何かしら疲れて元気がない事を示す、原因は分からないけど傷ついている事は分かる、という姿勢を示しましょう。

無闇に励まさない

ふたつめがこちら、次に元気がない人に「頑張れ」の乱用は禁句です。頑張っても頑張ってもどうしようもない、だからこそ無気力になって何も出来なくなっているのです。

・元気がない彼氏を心配して元気づけたくなる気持ちは分かりますが、過度な応援は逆効果です

元気が出るものといっても皆が皆当てはまるものではありませんので、プレゼントを贈る等の行為も止めておきましょう。プレッシャーになるばかりか「彼女が心配してくれているのに……」と余計に落ち込ませる原因にもなりかねません。次からそんな彼氏さんとの接し方も含めて、もっと深く考えていきましょう。

ただ話を聞き、支える事


ただ話を聞き、支える事

重要なのは、相手の話を聞く事です。分かったような振る舞い、アドバイス、ただ応援……これらは逆に感情を煽り、気分を損ねるだけです。

男性は明確な答えが欲しいと言いましたが、落ち込んでいる人は「正論」を言われても苦しいので少し難しいんですね。

・まず話を聞きましょう。そこに答えは要りません

分からないけど、自分は貴方の味方……これを伝える事が、何よりも彼氏の癒しになります。ただ今は傷ついている心を包む、優しい存在になってあげて下さい。

落ち込んで無気力な彼氏とのお付き合いの仕方

話を聞くだけだと一見、簡単に見えますが、落ち込んでいる人、元気がない人と付き合うというのは意外とストレス、体力が要ります。

相手といる事を楽しめない、相手と一緒にいる日が気乗りしない……そんな日もあるでしょう。

・そういう日が来た時は、遠慮せずに休んで下さい

彼氏の心は疲れています。心を癒さなければいけません。だけどそれをする貴女が傷ついていては、彼氏の心は癒せません。まず貴女が心身共に健康な状態である事、それが絶対的な条件です。

だから無理をしないで下さい。貴女自身が疲れたら、貴女も休んで下さい。それは一休みです。また元気になる為の一休みであって、彼氏から離れる事ではありません。

頑張りすぎないように頑張る、どうかそれを忘れないでいきましょう。

彼氏を支える良い彼女の方程式

以前Shinnojiが執筆したコラムです、こちらも是非参考にしてみて下さい。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

男が女に思うことの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ