失恋中

好きな人が忘れられない理由と、忘れるために必要なポイントまとめ

好きな人が忘れられない理由と、忘れるために必要なポイントまとめ

好きな人のことを忘れたい……

好きになった人を忘れたい……、それはとてもつらいことですが、多くの女性が避けては通れないものでもあります。片思いでも両思いでも、人を好きになればいくつもの思い出が生まれ、流れた時間に比例してその愛着や気持ちの深さも強まるものです。それでも、好きな人を忘れなくてはいけない時もあります。好きな人のことを忘れたい、でも、忘れられない。好きな人を忘れられない理由と、好きな人を忘れるために大切なポイントについてお話していきます。

好きな人を忘れられない原因は?

好きな人を忘れられない原因は、細かく掘り下げればいろいろとありますが、一番の理由の根っこは全て、「好きだったから」という一言に尽きます。人間誰でも、どうでもいい人のことはすぐ忘れてしまえるし、それどころか記憶にさえ残らないもの。多少その人との間に何かやりとりがあったとしても、好きでもなんでもなければあっという間に忘れてしまいますよね。それができないのが、好きな人です。その人のことが好きだったからこそ、簡単には忘れられないのです。多くの女性が、好きな人を忘れることができない理由をご紹介いたします。

それ以上の男性が現れないから

好きな人を忘れられず、新しい彼氏もいないという女性に多いのは、「好きな人以上の男性が現れない」と感じていること。ずっと一人でいる気はないし、いい人がいたらお付き合いして、結婚だってしたい。考えてはいるけれど、いい人がいない……。そう言う女性はとても多いのですが、この場合の、「いい人」というのが、「忘れられない好きな人よりもいい人」、という意味をさしているのです。しかし、思い出はどうしても自分の中で美化されていますから、好きな人を超える男性をなかなか見つけることができません。そのままズルズルと、さらに好きな人が忘れられなくなってしまう悪循環に陥る場合も少なくありません。

今の彼氏と比べてしまうから

新しい彼氏はいるけれど、それでも実は前に好きだった人が忘れられない……、というケースもありますね。今の彼氏のことだって好きだけど、ふとした瞬間につい、過去に好きだった人と比べてしまう。これは、多くの女性が経験あることではないでしょうか。この比較は無意識にしてしまう場合が多く、いい面でも悪い面でも、「前の彼だったら、こういう時こう言っただろうな」とか、「前の彼だったら、記念日は絶対忘れなかったのに」とか、あらゆるシーンで浮上してきます。これも、前の彼が完全に過去のことになっていればそうそう思い出すこともないのですが、今の彼と比べてしまう時点で、忘れられない彼にだいぶ気持ちや未練が残っているということになります。

SNSで繋がっているから

便利なコミュニケーションツールであるSNSですが、付き合っている最中はこまめな連絡も取れて写真などの思い出も残せて楽しいけれど、その恋が終わりを迎えた後は困りものです。彼氏と別れても、SNS上の友達関係はそのままだったり、共通の友達がいたりすると見る気はなくても彼のいいねやコメントが目についてしまったり。彼のアカウントの友達やフォローをこっそりチェックし、親しそうな女性を見つけて心がざわついた経験のある女性もいるかもしれませんね。SNS上での繋がりがある場合は、どうしても好きな人を忘れにくくなってしまいます。綺麗さっぱり忘れたければ気になってもアカウントを削除したり、彼氏の投稿だけ見えないようにする工夫を。

まだ好きだから

冒頭でも触れましたが、好きな人を忘れられないのは「好きだったから」です。その人を好きになり、多くの思い出ができ、それを簡単には忘れられない。それは言葉にすれば未練ですが、未練だけではなく、まだ現在進行形でその人が好きでいてしまっているケースもあります。まだ好きなのであれば、他のどんな男性も視界に入らないし、好きな人との思い出ばかりたどってしまうし、出口がない迷路をぐるぐる歩いているような気持ちになるはずです。この場合は好きな人のことを、「まだ好きなんだ」と認識することが大切。まだ好きなのに、口先でだけ「いい人いないかな」などと言ってもどうにもなりません。自分の気持ちを認めた上で、どうしたいのか、逃げずに結論を出していきましょう。

好きな人を綺麗に忘れる方法

忘れられなかった好きな人を忘れるにはどんな方法をとればいいでしょう。まず第一に、焦らないこと、急がないことが大事です。一刻も早く好きな人を忘れたい! と焦って極端な方法をとると、後から後悔することもあります。急がなくても、人間の気持ちと心はいつか必ず変わります。絶対に忘れられないと感じていた恋も、決して消えないだろうと思っていた未練も、時の流れとともにいつかは必ず風化して過去のものになります。次から好きな人を忘れるための方法を解説していきますが、自分のペースで、後悔しないように進んで下さい。

履歴、連絡先を消去

スマホやパソコンなどから、好きだった人の連絡先と着信の履歴、保存されていたメールなどを消去する。これは、好きな人を忘れるためによくとられる手段のひとつです。好きな人と過ごした時間が長ければ長いほど、これらの記録はたくさんあるはず。一緒に撮った写真のデータや留守電の声なども、消そうとすればその頃の思い出が募るもの。でも、これらは一度消してしまうと復元できないものも多く、「やっぱり消さなきゃよかった」と悔やむ女性も後を絶ちません。中途半端な思いや一時の勢いだけで消してしまわず、好きな人のことを本当に忘れようと思えた時に踏み切るようにしましょう。

泣きたい時は強がらず泣く

好きな人が忘れられない時は、泣きたいことだってありますよね。それを我慢する必要はどこにもありません。女性にとって、泣きたい時に泣くのはとても大事なこと。涙を流すことはストレスも解消し、心を落ち着けてくれます。泣いた後には気持ちもすっきりして、前向きに考えることもできるようになります。変に強がって泣くのを我慢するより、どんどん泣いた方が心身の健康にもいいですね。明けない夜はない、といいますが、止まらない涙もないのです。女性は特に、身体のリズムでも泣きたい時期、心がデリケートな時期がありますから、我慢せず泣くことを心がけたいですね。

思い出の品、プレゼントを処分

別れた彼氏を忘れたい時は、連絡先とセットでもらったものを処分する方も多いと思います。連絡先や履歴は形のないものですが、思い出の品やプレゼントは実体のあるものなので、より愛着が残りやすいところがあります。同じような品はいくらでも売っているけど、彼がくれたものはこの世でこれひとつと考えると名残惜しくて処分できない……、そんな女性も多いです。形があるものだけに、手放してしまうとそれこそ二度ととり戻すことはできないので、断捨離の勢いに乗って捨ててしまい、後悔しないように注意しましょう。ただこれは個人差も大きく、「思い出の品を処分したらさっぱりした!」という女性もいますし、「捨てずに売ってお金に換えたら気持ちも上がった!」という実例もあるので、自分に合った方法を選択して下さい。

共通の友達と会わない

共通の友達と会わない

好きだった人と共通の友達がいるならしばらく会わずに距離をとることも考えましょう。好きな人との共通の友人は、彼とのなれそめや交際中の流れまでよく知っている場合が多く、ぎくしゃくしてしまうからという点もありますが、何といっても、共通の友人に会うと好きな人の近況が聞けてしまうためです。「彼、こないだ会ったよ」とか、「風邪ひいたって言ってたよ」などと、たとえ些細な情報でも聞いてしまうと、また彼の方へ気持ちが引き戻されて気になってしまうのが人の心。どれだけ好きな人を忘れようと頭で考えていても、気持ちが揺れてしまうと思考ではどうすることもできなくなります。好きな人の情報を聞いても揺れなくなるまでは、共通の友人と会わない方が無難です。

傷心旅行へ行く

気分転換をかねて、傷心旅行へ出かけるのもおすすめです。今、20代の女性一人での旅行はとても増えていて、単純に一人旅が好きという人も、そして傷心旅行の人もたくさんいます。一人向けの旅行プランも数えきれないほどありますので、行ってみたかった場所や好きな場所へ、ぜひ旅にでてみましょう。旅先は、好きな人と行った旅行先以外ならどこでもいいですが、くれぐれも旅行中の身の安全と貴重品の管理には気をつけましょう。また、旅先での出会いはその非日常的なムードに流されて、あまり素敵ではない男性と関係ができてしまうことも起こり得るので、その点は充分に注意して下さい。

仕事、趣味に打ち込む

好きな人を忘れられない時、忘れようと努力するのもいいですが、まずは目の前のものに力を尽くすのも大切です。自分自身の生活を大事にするということですね。仕事に注力する、あるいは趣味へ集中することによって、好きな人について考えてしまう時間を減らしていけるようになります。これは自分の生活を、自分で充実させていくプロセスともいえます。好きな人のことを忘れる目的で仕事や趣味に打ち込むのではなくあくまでも、「自分の生活を楽しむため」という部分にフォーカスするといいですね。そうするうちに、自然に無理なく、好きな人のことを忘れていけるようになっていくはずです。

次の恋をしたいと周りに伝える

好きな人のことを前向きに建設的に忘れるなら、周囲の友人などに、「次の恋をしようと思うんだ」「新しい恋がしたいの」と話すというのもひとつの手段です。これは、友人に対してそう伝えることで、次の出会いのきっかけをもらえるかもしれないというメリットもありますが、それ以上に、自分の気持ちにけじめをつけられる点でおすすめです。誰かに自分の思いを伝えるということは、その思いが自分の決意なのだと自分で認められるようになることでもあるのです。そうなれば、「次の恋をしたい!」という方向へ心が向いていつの間にか、好きな人のことを忘れていられる時間が増えていくはずです。

忘れられない部分は、次の恋に活かす

さまざまな方法を試してもそれでも、好きな人のことで忘れられない何かがある時、後悔したことややり直したいことは、次の恋でそれを繰り返さないための教訓として活用すると決めましょう。過ぎ去ったことを気にしても未来は変えられないし、後悔や失敗は次に活かしてこそ役立つものです。好きだった人を忘れられないなら、次に好きになる人はもっと好きになれる男性を選ぶ。好きだった人とのことで悔やむことがあるなら、次は同じ過ちで悔やまないようにしっかり男性と向きあう。そして、好きだった人との思い出は、必ずしも何もかも消さなくてはいけないものではありません。少しずつ、自分のペースで気持ちに整理をつけて、次のステップへと活かしていきましょう。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

失恋中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ