失恋中

男性が忘れられない女性の特徴、失恋から学ぶ理想の女性像は?

男性は親密になった女性のことを忘れないもので、もう終わった恋や別れた女性、一人一人に異なる思い出を持っています。だから女性としては、多くの男性が忘れられないと感じている女性の特徴を知って、男性とのこれからの恋愛に活かせるようにしていくべき。そんな、男性が忘れられない女性の特徴をご紹介いたします。

男性が忘れられない女性の特徴、失恋から学ぶ理想の女性像は?

未練とは違う、男が忘れられない女性の特徴

男性はもともと、親密になった女性のことを忘れないものです。「男の恋は、名前を付けて保存」などと例えられることもあるように、もう終わった恋や別れた女性、片思いだった女性に対しても、一人一人に異なる思い出を持っています。それは、その女性たちに対して未練があるのとは少し違い、過去のことではあるのだけれど、忘れられない大事な記憶として保存している気持ちなのです。だから女性としては、男性の中のそれらの過去に嫉妬するより、多くの男性が忘れられないと感じている女性の特徴を知って、男性とのこれからの恋愛に活かせるようにしていくべき。そんな、男性が忘れられない女性の特徴をご紹介いたします。

初恋の人だった

これはほとんど全ての男性に共通する思い出で、初恋の人を簡単に忘れる男性はいないといっていいほどです。初恋の人に関する記憶やエピソードは、少年からおじいちゃんまで、ほぼ全員の男性の中に息づいています。これはやはり、人生ではじめて好きになった女性は特別な存在だから。初恋がどんなに幼い時のことでも、その女性のことは本当に印象深く、その後の人生で何度恋をしても初恋の人の存在は別格なままです。とはいえ、初恋の人というのはあくまでも、男性の記憶の中のファンタジーです。女性としては、恋人の初恋の人のことは気になるものですが、やきもちを焼く必要は全くありません。

ミステリアスな雰囲気があった

どことなくミステリアスで謎めいている女性も、男性が忘れられない女性として記憶にとどめていることが多いです。ミステリアスな女性というのは、何を考えているのかがわかりにくく、男性からするとつかみどころがなくて、非常に心を惹かれる存在。親しくなっても全てを明かされることはなく、予想通りにならない雰囲気が、男性の心に思い出として強く刻まれるのですね。また、ミステリアスな女性には、男性の片思いで手が届かなかったケースも多いはず。だからこそ、いつまでも素敵な印象が残り続けるのです。

いつも味方でいてくれた

いつも自分の味方でいてくれた女性のことも、男性は忘れられない女性として深く思い出に残しています。どんな時でも、何があっても男性の味方をしてくれて、いつでも男性のことを信じてくれた女性はやはり忘れがたいものです。それはある種、母親のようなあり方でもあります。男性にとって母親の存在が大切なものであるのはいうまでもありませんが、母親と同じくらい味方でいてくれる女性のことも、忘れられない女性となるのです。絶対彼の味方でいる! と決めることは、交際中すぐに取り入れられるので、女性はぜひ参考にしたいポイントです。

自分のために叱ってくれた

何かあった時、自分のために愛を持って叱ってくれた女性のことも、男性の中で強い思い出として生き続けます。その当時こそ、女性から叱られたことを恥ずかしく思ったり、余計なお世話だと反抗する場合もありますが、後になってみると、「あれがなかったら今はない」と感じてかけがえのない体験に変わり、その女性が忘れられない女性になるわけです。なかなか、女性としては男性を叱ったり注意することは、相手のためと思っても、「嫌われたくない」という気持ちがあるとできないもの。でも、それが本当に相手のためになる行動であれば、嫌われることを恐れず実行できる芯の強さを身につけたいですね。

初めての経験が多かった

男性が女性と付き合う上で初めての経験が多かった相手のことも、忘れられない女性となりやすいです。中高生の頃の彼女なら、初めて手を繋いだ相手であり、初めて告白した相手であり、ファーストキスなどの相手でもあるでしょう。大学の時の彼女なら初めて泊まりがけで旅行に行った相手とか、初めて少し高額なプレゼントをあげた相手とか。初めての経験というのはよくも悪くも特別なものですから、初めて恋人とした喧嘩や、初めて振られたことなども、強い印象として残りやすいといえます。しかし、初めての経験が印象的だからといっても、後から付き合うことが不利なわけではありません。彼との間の初めての経験を、その都度大切にしていけばいいのです。

一途に尽くしてくれた

受験に失敗して落ち込んでいた時期や、一人暮らし中に風邪で寝込んだ時、身内を亡くした時などに献身的に支えて尽くしてくれた女性のことを、男性は別れてしまってもどこかで忘れがたく思い続けるものです。これは、その女性が恋人としての範囲を越えて尽くしてくれていたことを、時の経過とともに噛みしめるから。女性から一途に尽くされている時は自分のことで精一杯で、そのありがたさに気づけないケースもあるためです。こちらも、いつも味方でいてくれた女性や叱ってくれた女性同様、男性の中で長く忘れられない女性となる場合が多いでしょう。

他の男子にもモテた

自分以外の他の男子にもモテていた女性のことも、男性は鮮明なエピソードとして記憶に焼きつけているものです。いわゆるクラスのマドンナ的存在だった女性のことや、学校じゅうから注目されていた美少女のことは、大人になってからも忘れません。また、そんな人気のあった女性と一時期でも付き合っていた場合は、なおさら特別な思い出になります。その女性そのものの思い出もさることながら、「あの子と付き合えていた」という優越感や誇らしさが思い出を美化しやすく、男性の中でちょっとした武勇伝のようになっていることも。

すれ違いで別れた

十代や二十代前半の頃の恋愛は特に、身のまわりの変化や慌ただしさが多く、気持ちの浮き沈みもあってすれ違いを招きやすいものです。そして少し会えなかったり連絡が途絶えたりすると、そこから相手に向き合うことが怖くてそのまま別れてしまったり、誤解が起きたり、他に好きな人ができたりすることもあります。そしてその恋を、男性は後から、「あの時こうすればよかった」、「何であそこで連絡しなかったんだろう」と悔やみながら振り返るたびに、すれ違いが元で別れた恋人のことを思い出すのです。少し未練と後悔も混ざりがちな、いろいろな意味で忘れられない恋といえます。

個性的だった

付き合っていたか片思いだったかに関わらず、個性的な女性のことも男性はとてもよく覚えていて、忘れられない女性として記憶していることも珍しくありません。子供の頃からクラスに一人はいた、個性の強い女の子というのは非常に目を引きます。その子と中学や高校、大学で再会したらさらに個性的になっていて、交際したらぶっとんだエピソードがたくさんあったという場合などはもう、一生の思い出といえます。女性としては、例えば恋人の元カノにそういう強烈な女性がいた場合、かなり気になるし、「まだ好きなんじゃないの?」と疑ってしまいますが、過去と競ってもどうしようもありません。堂々と、自分らしくすることを心がけましょう。

世話が焼けた

世話が焼けた

交際中とにかく世話が焼けた彼女というのも、男性の中で根強い思い出として残り、忘れられない女性になっていることがあります。飲みに行けばつぶれるまで飲むので毎回介抱したとか、朝は起こしてやらないと寝坊していたとか、送迎をやらされた、食事を作らされたなど、手間のかかる彼女だった女性のことは、男性はひと味違った思い入れを持って記憶しています。男性は元来、女性に尽くすことが好きでキャパが広いので、世話の焼ける彼女には口では文句を言っても、実際はかなり惚れていることも多いのです。そして、世話の焼ける彼女は甘え上手ということ。上手に男性を頼り、やってくれたらありがとうと言う。男性は頼られると嬉しいものですから、女性は上手に甘えるコツを学んでおくといいのです。

趣味や話が合った

趣味や話がピンポイントで合った女性のことも、当然ながら忘れられない女性として男性の心に残ります。趣味が合う、話が合うということはそれだけで楽しいものです。純粋に話し相手としてだけでも嬉しい存在だし、それが自分の恋人であれば、これ以上ない良縁といっていいでしょう。そんな相手とわけあって別れを迎えたのだとしたら、何があったにせよ忘れられない女性になるのは仕方のないこと。女性は、男性の昔の恋を詮索しすぎず、彼との間で過去以上に盛り上がることのできる共通の趣味や話題を発見したいですね。過去は更新されることがありませんが、今と未来はどんどんアップデートしていけるのです。

喧嘩別れじゃなかった

ひとつの恋が終わる時、同じ別れるにしてもその別れ方はとても重要で、別れ方がまずいと交際中の思い出まで嫌なものになってしまいますね。だからこそ男性にとって、喧嘩別れではなかった恋の相手はそのままいい思い出として、忘れられない女性になる場合が多いです。別れる時に揉めて、だいぶ険悪な喧嘩別れになった場合と比べると、恋の思い出としてのプレミアが違う、とでもいうほど、きれいに別れた女性のことは頻繁に思い出せたりもします。別れ方については恋愛をする時、常に意識の片隅に置いておくべきテーマです。お互いがきれいに納得して別れることができれば、恋が終わった後でも相手といい友人になれる可能性もあります。

交際まで時間がかかったから

思い入れの深さでいえば、付き合うまでに時間がかかった恋も忘れがたいものです。かかった時間や通った回り道に比例してその思い入れは深まり、あんなこともあった、こんなこともあったと回顧できるエピソードもたくさんあります。交際まで時間を要しただけに、付き合うことになった時の喜びも大きかったでしょうし、また別れる時の感慨も並大抵ではなかったはず。もし、恋人男性にそんな大恋愛の過去があったとしたら、女性は複雑な気持ちになるものです。でも、その恋があったから今の恋人がいる、と思えば、過去にとらわれずに、「今」をしっかりと見つめることができると思います。

忘れられない恋愛から学ぼう

男性の忘れられない女性を知ると、そこから見えてくる理想、教訓にできること、参考になるポイントがたくさんあります。どうしても、男性の過去の恋に対して、女性は気になるあまりナーバスな見方をしてしまう場合も多いです。でも、過去はあくまでも終わってしまっていること。そもそも気にしたってどうしようもないのです。それよりも、男性の忘れられない女性像から導きだされたヒントを吸収して、今と今後の恋愛に生かしていけば、男性のどんな過去より豊かな恋が叶うはず。やみくもに過去へ嫉妬するより、賢く自分の恋に集中していきましょう。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

失恋中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ