彼氏持ち

付き合い始めのカップルが心得ておくべきお付き合いのポイント

付き合い始めのカップルが心得ておくべきお付き合いのポイント

付き合い始めで未来が決まる?

彼氏ができた、できるなら彼と末永くお付き合いしたい……。大切に思える相手だからこそ、小さなことですれ違ったり喧嘩したりしたくない、「何ごとも最初が肝心」という言葉があるように、長続きする交際をしているカップルほど付き合い始めにお互いフラットなお付き合いができるよう気遣える環境を作っています。付き合い始めのカップルが心得ておきたい、上手なお付き合いのポイントをご紹介いたします。

ちょうどいい連絡頻度を把握する

付き合い始めのカップルが一番に把握して欲しいのが、LINEや電話、メールなどの連絡に関する頻度です。彼女からの過度なLINEが重いと感じる彼氏は多く、それらは最初に分かった時点でちゃんと伝えないままになることで後々カップルの存続にかかわる問題に発展してしまうこともあります。長続きしている仲よしカップルほど、付き合い始めの時点でお互いに、「ちょうどいい距離感」を共有できているものです。「LINE送りすぎかな?」、「重くないかな?」というのは、付き合い始めだからこそ聞きやすいので、相談するなら早いうちがベストです。

お互いの生活リズムを把握する

あなたが深夜遅くまで起きているからといって、彼氏もそうだとは限りません。明日は早朝から仕事があるのかもしれませんし、逆に休日はお昼頃までゆっくり寝ているのかもしれません。上手くいくカップルほど付き合い始めにこうしたお互いの生活リズムを把握しています。「今は寝ているだろうから、LINEは明日にしよう」、「今はご飯中かな?」、「そろそろ起きただろうから、連絡してみようかな?」そんな風に、声をかける前に相手のことを気遣えるといいですね。

嫌いなこと、苦手なものを知る

付き合い始めに、彼氏の好きなこと以上に彼女に把握して欲しいのが、彼氏が嫌いだったり苦手だったりするものです。せっかく作った手料理に彼氏の嫌いなものが入っていたら、彼氏もあなたも気まずくなってしまいますし、プレゼントに苦手なブランドを選んでしまった日には目も当てられないはずです。男子という生き物は、彼女に苦手なものや嫌いなことが把握されていないと、「分かってないなぁ」と思ってしまうものなのです。お互いの好きなものはある程度お付き合いの中で把握できますが、嫌いなものも同じ機会に把握しておくといいでしょう。

嘘をつかない

あなたが彼氏と末永くお付き合いしていきたいと考えているのなら、彼氏の前で嘘をついたり、隠しごとをしたりするのはやめましょう。特に女子が盛ってしまいがちなのが、経験人数や交際人数などの恋愛経験に関する項目なのですが、恋愛経験のなさというのは知らないうちに行動に出て、結局バレているということもあるのです。何より、多くの男性は恋愛経験が少ないことは気にしませんが、彼女に嘘をつかれたことはいつまでも気にしてしまいます。大好きな彼氏なのですから、嘘をつかなくても素直なあなたを受け止めてくれるはずです。

束縛や嫉妬をしない

付き合い始めで気持ちが盛り上がっている時期に彼女が彼氏に対してやってしまいがちなのが、過度な束縛や嫉妬です。彼氏が他の女性と話していているだけで機嫌が悪くなったり、連絡を強要したり。こうした束縛や嫉妬で彼氏に一度でも、「重い」と思われてしまうと、最初はよくてもその恋は長続きしないことが大半です。付き合い始めだからこそ、彼氏のプレッシャーになるような行動や言動は控えましょう。

感謝は小さくても伝える

交際が順調なカップルほど相手が何かしてくれた時、それが些細なことであっても、「ありがとう」と伝える姿勢を忘れません。付き合い始めだからこそ、彼氏があなたのために何かしてくれたら目を見て、「ありがとう」と伝える習慣を持ちましょう。言われて嫌な顔をする男性はいないはずで、感謝の言葉はそれだけ相手に対しての信頼を伝えることができるのです。見返りを望む行動でなかったとしても、お互いに感謝の気持ちが伝え合えるカップルは強いです。

一人の時間も大切にする

付き合い始めはお互いに気持ちが舞い上がって、四六時中一緒にいても飽きることはないかもしれませんが、熱い気持ちも交際が落ち着いてきたらそのままとはいきません。仲よしでラブラブに見えるカップルほど、実はお互いに一人の時間を自分の趣味ややりたいことに使って自分の時間を大切にしています。だからこそ、二人で会った時により相手に愛情を注げるのです。自分の時間がない交際はやがて息が詰まるお付き合いに発展してしまいますので、付き合い始めにその辺りの距離感もつかんでおくといいでしょう。

付き合い始めの注意点

片思いの時はお互いに、「いいな」と思っている状態です。そして、付き合ってからが本番で相手のことを、「やっぱりいいな、好きだな」となるか、「思っていたのと違う」となります。付き合ってからの彼氏からの印象は、あなたの行動によって変わってくるわけですが、彼氏の印象をいいものにするために必要なポイントを引き続きご紹介いたします。付き合い始めにちゃんと注意しておけば、その後の交際を順調にしてくれるはずです。

期待しすぎない

付き合いたての頃ほど、相手に対する過度な期待は禁物です。相手に期待しすぎてしまうことで、いざ相手がそうでない行動や言動をとった時に、しなくてもいい幻滅をするきっかけになってしまいます。誰にでも理想があってしかるべきですが、最初からすべての理想を満たした恋愛などあるはずもありません。理想があるのなら、どうやって彼氏と一緒にその理想に近づいていけるかを考えていくべきです。

尽くし過ぎない

尽くし過ぎない

彼氏のためにあれもしてあげたい、これもしてあげたい、その気持ちは立派なのですが、彼氏の方はどうでしょう。時に尽くしすぎることが彼氏にとってかえって負担になってしまうのはよくあることで、付き合い始めにそうした傾向を見せすぎてしまうと、「やっぱり合わないかも」と思われてしまう原因になります。彼氏のためを思う気持ちは大切ですが、やりすぎは禁物。彼氏が嫌な顔や困った顔をしていないか、確認してから行動していきましょう。

わがままを言わない

付き合い始めだからこそ、ついつい気持ちが舞い上がって彼氏にわがままを言いすぎてしまうというのは一種の女子あるあるです。最初のうちは彼氏もそんな彼女の姿を見て可愛いと思ったり、彼女のためにしてあげたいと多少の無理は厭わないものですが、その後も同じ調子でそうしたわがままを続けてしまうと、そのうち彼女のわがままさにうんざりしてしまうはずです。絶対にわがままを言ってはいけないというわけではありませんが、彼氏の目に可愛く映るものだからこそ、ここぞという時にしたいものです。

相手を理解する

付き合う前は、いつも見ている彼から入ってくる情報だけで考えるしかありませんが、付き合ってからはそれまで知らなかった彼氏の内面を知ることができるはず。もしかしたら意外な趣味があるかもしれませんし、あなたが知らない彼を見ることになるかもしれません、それがあなたにとってポジティブなものだったとしても、ネガティブなものでも、それも全部ひっくるめて彼氏なのだということを忘れないでおきましょう。長くお付き合いを続けていきたいなら、相手を理解して受け入れることも必要です。

喧嘩を恐れない

長く続いているカップルほど、喧嘩することを恐れません。喧嘩したくて喧嘩をするというわけではなく、言いたいことや伝えなければいけないことは相手のためを思って伝えることで、結果それで喧嘩になっても向き合って解決できるということ。付き合い始めだからといってお互いに遠慮ばかりして言いたいことも言えずにいては、その恋愛の未来は明るくないはずです。「相手のためを想って」という気持ちがあれば、その時は喧嘩になってもまたすぐに二人で前を向けるはずです。

付き合い始めは二度とない!

「付き合い始め」というのは、同じ相手で二度とやってくるものではありません。お互いに好きの気持ちも強い、いわゆる恋愛におけるボーナス期間のようなものですから、この時期にしっかりお互いにちょうどいい距離感を把握できるようにしたいところ。居心地のいい場所をお互いに見つけることができれば、お互いが心の拠りどころになれるはずです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ