微妙な関係

曖昧な関係に対する男性心理と、終わらせる方法まとめ

男性と曖昧な関係をはっきりさせたいと思いながらも、いざとなると彼を失いたくなくて何も言えず、でも男性が自分のことをどう思っているのか知りたいはず。その正解は自分で確かめるしかありませんが、男性が女性との曖昧な関係をよしとしている心理を知っておくことは今後の判断の参考になるはずです。

曖昧な関係に対する男性心理と、終わらせる方法まとめ

知ってる? 曖昧な関係に満足する男性心理

彼氏彼女の関係ではない、でも身体の関係はあるから単なる友達でもない、そんな曖昧な関係に心を悩ませている女性が増えています。「好きだ」とは言ってくれないのに、曖昧な関係をはっきりさせたいと思いながらも、いざとなると彼を失いたくなくて何も言えないでいるという苦しい立場の女性にとって、男性が自分のことをどう思っているのかは喉から手が出るほど知りたいことのはずです。彼が何を考えているのか、その正解は自分で確かめるしかありませんが、男性が女性との曖昧な関係をよしとしている心理を知っておくことは今後の判断の参考になるはずです。

関係を壊すのが怖い

女性側が彼の気持ちを測りかねているように、彼も女性の気持ちを測りかねて、曖昧な関係に終始してしまうパターンがあります。はっきりさせようとしたら女性が自分から離れて行ってしまうのではないか、失ってしまうのではないか? という不安で、二人の関係を明確にできないという心理です。関係を壊すのが怖いということは、彼もいくらかは今の関係をずっと続けることに疑問がある状態です。曖昧な関係に満足しているというより、大切なあまりに曖昧なままにしておかざるえをえないという切羽詰まった心理状態なのかもしれません。どちらかが勇気を出して一歩を踏み出すことで、進展できる可能性もゼロではありません。

今の関係で満足している

恋人という関係でなくても、お互いが会いたい時に会えて、遊びたい時に遊べて、寝たい時に寝るという関係は、男性にとっては非常に好都合。恋人ではない自分には相手を束縛する権利はないけれど、それと同時に相手から自分が束縛される心配もないという、人によっては非常に快適で気軽な関係だからです。あえて恋人という枠組みを二人の関係をあてはめなくても、恋人同士でやるようなことまである程度できていれば別に曖昧な関係のままでもいいのではないかと考えてしまいます。女性が本気だった場合、これは男性にとってのみ都合のよい関係。今の曖昧な関係に満足できない女性と、満足している男性の間での気持ちのズレはこの時点で既に深刻です。この差が自然に埋まることはほぼありません。

身軽でいたい

曖昧な関係に終始する男性は、身軽な今の状態に酔ってしまっているということも考えられます。恋人という関係は、結婚ほどではありませんがやはり相手に対してある程度の責任が生まれる関係ですよね。相手の誕生日、クリスマスなどのイベントには何かしら考えて準備しなければならなかったり、恋人同士ならではのルールに多かれ少なかれ嫌でも縛られてしまうもの。そういった制約を受け入れざるを得ない恋人関係になるよりも、身軽に付き合える状態で十分自分の欲求を満足させられるなら曖昧な関係のままでいいという打算が働いている男性もいます。権利を主張して責任を負わされるくらいなら、権利を放棄して無責任で身軽な立場の方がいいと考えているのです。

結婚したくない

いわゆる適齢期にさしかかる年齢の相手と付き合うことは、近い将来、結婚も視野に入れたお付き合いになるのは当然のことです。でも、中にはまだ結婚したくない、遊びたい、家庭を持つ気になれないという男性も多いもの。女性のことが好きでも、恋人として付き合うのは荷が重いと感じてしまっているわけです。でも、これが彼氏彼女の関係でないのであれば、結婚をせっつかれることもありませんし、それとなく匂わされてもシラを切りとおすこともできます。また、鬱陶しくなればすぐに切り捨てればいい、なんてズルいことを考えているのかもしれません。好意は感じられるのに、曖昧な関係をはっきりせず続けようとするのは、結婚に対する臆病な気持ちが表れてしまっているのかもしれません。

いい人がいない時の穴埋め

好きだと思える女性が他におらず、かといって一人でいるのも寂しい、それならいい人が見つかるまで曖昧な関係でもとりあえず女性との関係を確保しておこうという心理もあります。つまり彼にとって、曖昧な関係の女性は保険であり、好きな女性が見つかるまでのキープ、穴埋めでしかなく、その女性との未来は全く考えていないというパターンです。もし男性に好きになる女性ができた場合は、「俺、彼女できたから」の一言で二人の関係がはっきりするどころか、あっさり関係が終わってしまう可能性も。ごねられても、「恋人同士なんて言ってないし」、「そっちが勝手に付き合ってるつもりになってただけ」と、言い逃げられるように曖昧な関係で留めているのです。

真剣じゃない

女性と真剣に付き合う気持ちがないから曖昧な関係を続けてしまうという、男の狡い心理が働いている場合もあります。楽しいことはしたい、でも本気で向き合うまではしたくない、曖昧なままにしておけばいざという時に、「俺たち、別に付き合ってないよね?」と逃げられるという考えでいるのです。男性にとってはあくまでその女性との関係は遊び。女性のことを軽んじて付き合う、曖昧な関係を好む男に多い典型的な心理です。曖昧な関係をはっきりさせようなどとは露ほども思っていないはずです。

他にも気になる女性がいる

本命の女性は別にいるけれど彼氏持ちだったり、あるいは自分以外に好きな人がいるようで手が届きそうにない、でも自分に振り向いてくれる可能性もゼロではない……。そんな状態の時に、チャンスがきたらすぐに動けるようにしておきたいという計算で、曖昧な関係を続けていることも考えられます。付き合っているわけではないので、曖昧な関係であっても二股にはならないというわけですね。選択肢を増やした上で比較して、より自分によい女性を選ぼうとしているのかもしれません。

釣り合わないと思っている

曖昧な関係を続けてしまうのは、女性のスペック(見た目・職業・学歴・家柄など)が自分に釣り合わないから、付き合うに値しないと考えているのかもしれません。自分はもっとハイスペックな女性を狙えると思いあがっているパターンもあれば、自分なんかにはもったいないと考えているパターンもあります。男性は曖昧な関係にとどめている女性のことを基本下に見ているため、このバランスを正すことは容易ではありません。

曖昧な関係を終わらせる方法

曖昧な関係のままにしておく男性心理をいくつかご紹介しましたが、そのほとんどが男性側の身勝手な都合によるものということはお分かりいただけたと思います。本気だからあと一歩が踏み出せないでいるという場合を除き、女性を曖昧な位置にずっと押し留めておく彼は、女性側の好きという気持ちにつけ込んでズルく利用している打算的な男性です。本当に相手のことを好きでいるなら、大事な女性を不安にさせるような中途半端な状況を放置するはずがないのです。いくら待ってもその男性との対等で幸せな関係を築く未来はないと考えた方がいいかも。でも、女心はそんな簡単なものではありません、好きな気持ちが捨てきれない……、そんな女性に曖昧な関係を終わらせる方法をご紹介します。

現状に満足しない

恋愛は惚れた方が負けとは言っても、完全に男性主導となっている今の関係は非常にバランスが悪い状態です。「曖昧な関係でも、とにかく一緒にいてくれればいい」と希望を低く持つのは、自分で自分を疎かにしていることと同じです。曖昧な関係が長く続いたことで低くなった自己評価、恋愛に受け身になっている自分の考えをまず改める必要があると思って下さい。自分の恋愛を決めるのは相手の男性ではなく自分自身です。白か黒かはっきりしない状態は、モヤモヤはしてもある意味、自分でも居心地がよいのかもしれませんが、そんなぬるま湯状態に満足していてはダメです。もっと自分を輝かせる、あるいは自分を第一に考えてくれる男性との恋愛もあると、視野を広げて他の選択肢があることを思い出しましょう。

距離を置く

距離を置く

曖昧な関係は男性にとって非常に都合のいい状態がどういうものか分かりますか? それは、女性が自分からは決して離れていかない状態です。自分が優位に立っていると思って自分勝手な都合を押しつけてくる彼との関係をリセットしたいなら、ひとまず距離を置くのが一番です。自分からは連絡しない、連絡がきても軽くあしらうなど、「待つ姿勢」を一切やめましょう。自分の思いどおりになると思って軽んじていた女性が離れていこうとする状況に陥った時、はじめて彼は自分と女性との関係を冷静に考えるはずです。その結果、「もっと大事にすべきだった」と反省すればよし、「ま、いっか」と放置されるなら所詮それまでの関係だったとすっぱり諦めることができるはずです。

デートの誘いをあえて断る

デートに誘えば嬉しそうに応じるという女性の態度は、男性を調子づかせる原因です。そこに女性からの自分に対する変わらない気持ちを見て、「まだこのままでイケる」と曖昧な関係をよしとしてしまいます。つまり、結果的に曖昧な関係を長引かせているのは、はっきり意思表示できない女性側にもあるということ。好きな人に誘われれば、関係が微妙でも嬉しく思ってしまうのは仕方がありません。しかし、この恋が自分にとってプラスにならないのなら、デートに誘われても自分のために断る断固とした決意が必要です。

「他に好きな人ができた」と言う

曖昧な関係を女性に強いる男性の多くは、女性が自分にベタ惚れしていろなど、勘違いした自信を持っています。言葉を与えなくても決して自分からは離れていかないし、恋人として責任を負わずとも自分の思いどおりになるものだと。そんな男性の傲慢な思い込みを覆すためにも、曖昧な関係を消化したければ、「他に好きな人ができた」と伝えましょう。子どもが遊んでいたおもちゃをとられた時に駄々をこねるように、最初は執着心を見せるかもしれません。しかしそれも時間の経過とともに冷静さをとり戻すはず。ダメならそれまでですし、あっさり、「あ、そう」と言われれば傷つきますが彼の本心を見れば諦めもつくはずです。

はっきり好きだと伝える

お互い好意を持っているけれど相手の気持ちが掴みきれずに言い出せないでいた関係、あるいは女性が彼に重いと思われたくなくて言えていなかった関係なら、はっきり「好きだ」と彼に伝えてみるのもひとつの方法です。言葉にも出さないのに相手の本心は分かりません。曖昧な関係をよしとして言葉にして気持ちを確認することを疎かにしてきたのが辛い現状を招いたのなら、最後くらい正直に自分の気持ちを伝えてみてもいいはずです。変な小細工をしなくても、真っ向勝負が一番相手の心に響き、効果があるものです。自分の気持ちをストレートに伝えてみましょう。

曖昧な関係を続けても、得することなし!

はっきりしない曖昧な関係の多くは、男性の身勝手な都合によるものですが、それを甘んじて受け入れて甘やかしてきた女性にも責任がないとは言い切れません。男性の気持ちを確かめるのが怖くて聞けないからと結果的に無言で許していたら相手が増長してしまう場合も当然ながらあるわけです。何もしなければずっとこのまま、女性は苦い思いを抱えながら年をとっていくだけで女性が得することはひとつもありません。曖昧な関係をなんとかしたいと思ったら、相手に期待するのではなく自分が決断して動きましょう。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

微妙な関係の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ