ライフハック

会話が続かない女性の特徴と、楽しく会話するコツ

会話が続かない女性の特徴と、楽しく会話するコツ

会話が苦手、続かない女性の特徴は?

恋愛でも会話が得意な女性の方がモテやすいですよね。自然な雰囲気で会話が続けられる女性ほど男性は親近感を抱きやすく、そこから恋心に発展することも少なくありません。ということは、トーク力に自信がない女性は異性とのトークの時点で、話すのが上手な女性に遅れをとっているということです。でも、分かっていても性格的に会話が苦手で、特に男性となんてなかなか会話が続かないという女性も多いもの。そんな会話が続かない女性の特徴と、改善点をご紹介いたします。

人見知り

初対面の人には、「はい」、「いいえ」、「そうですね」など、どうしても返事が単語になってしまう、少し話しただけでその場から離れたくなってしまう、顔がひきつってしまうという人は、確実に会話が苦手な人見知りさんです。人見知りの人は、慣れるとおしゃべりになるタイプも多いのですが、初対面の人に対しては山のように高い壁を築いて構えてしまいます。ただ単に人見知りで最初はうまく話せないというだけのことですが、それがなかなか相手に伝わらないこともありますよね。返事の内容や雰囲気や表情から、「警戒されている」、「もしかして嫌われてるのかな?」と相手に悪い印象に受け取られ、「この人とは会話が続かない」と敬遠されてしまうのです。

恥ずかしがり屋

人見知りと同様、人と会話する時に、「恥ずかしい」という気持ちが先に出てしまう恥ずかしがり屋な性格も、会話が続かない人に多い特徴です。恥ずかしさがなぜ人と話す時に全面に出てしまうのか? その原因は自信のなさが大半です。自分の方が相手より劣っている、そんな自分を見られたくない、馬鹿にされたくないという気持ちが先走ってしまい、うまく話せなくなるのです。恥ずかしがり屋の人はどうしても返事が切り口上になったり、素っ気なくなってしまうため、相手も取り付く島がなくて会話が尻すぼみになってしまいます。本人は恥ずかしさと戦っているのでしょうが、それも相手には伝わりません。「不愛想な人だな」、「感じが悪い」と苦手意識を持たれて、さらに会話がうまくいかなくなってしまいます。

目を合わせない

会話する時、人は言葉だけでなく話している人の表情や雰囲気なども合わせてみています。中でも言葉以外で最も重要な部分となるのが目線です。言葉は口先だけでいくらでも誤魔化しが効きますが、目はそうもいきません。目の動きや輝きなどは本心を如実に表しています。話している時に目を相手に合わせようしないというのも、会話が苦手な人に共通するポイントです。これも、「目を合わせないなんて後ろ暗いところがあるのかな?」、「目を合わせたくないほど嫌われているのかな」とネガティブに受け取られてしまい、会話がうまく続かなくなってしまいます。

語彙が少ない

いつも、「ヤバい」など、会話で同じ言葉しか使わない語彙の少なさも、会話が続かない人に多い特徴のひとつです。何を言っても同じような言葉しか使わない相手との会話は、聞いている方は非常に退屈です。メニューが数個しか用意されていないレストランがすぐに飽きられ、客足が遠のいてしまうのと同じで、語彙の少ない人との会話もすぐにつまらなくなって会話を続けたいという気持ちを相手が失ってしまいます。語彙の少なさは自身の知識や経験の少なさ、表現力のなさ、ひいては知性のなさを露呈してしまうもの。その結果、ネタも少なく、会話が広がらず、また相手にも伝わらず、気まずくなって会話が残念なものになってしまいます。

異性との会話が続かなくなってしまう原因

女性同士ではそれほど会話が続かないわけではないのに、相手が男性となると途端に会話ベタになってしまうという女性もいますよね。色々お話したいのに、なぜか会話が途切れ途切れになって、うまく言葉が出てこなくなってしまうなど、異性との会話が続かなくなってしまう。その問題を解決しない限り、異性と楽しく会話をするのは無理。まずはなぜ異性と話す時に会話が続かなくなってしまうのか、原因を考えてみましょう。次に紹介する内容に、自分にあてはまるものがあれば、そこから解決していきましょう。

相手の評価を気にしすぎる

異性と会話が続かなくなってしまうのは、相手に自分がどう思われるかを意識しすぎることが原因のひとつかもしれません。会話では相手が自分の話をどう捉えるかを配慮して話すことも重要ですが、あまりその点ばかりに重点を置きすぎるとかえって会話自体が楽しくなくなってしまいます。「こんなことを言ったら嫌われるかな?」、「変に思われないかな?」など、相手の顔色を窺いすぎた卑屈な会話は相手も自分もつまらなくなってしまいます。会話中はまずその会話自体を楽しむことを意識して、評価を気にしすぎると誰でも喋りにくくなるのは当然です。

焦って自分のことばかり話しすぎる

会話が続かない女性に多いのが、話さなければという緊張のあまり、相手の話を聞かずに自分の話ばかりしてしまうことです。身勝手というわけではなく、会話が苦手ということを悟られたくなかったり、自分との会話で相手を退屈させたくないなどの気持ちが強すぎることで、焦って空回りしているのが原因です。口下手で会話下手だけれど、気遣いのできる女性に多い特徴ですが、そんな内心の葛藤はもちろん相手には伝わりません。そうしているうちに、「人の話を聞かない人」、「自分のことばかり話す人」と思われて、会話も盛り上がらずにさらに悪循環に陥りますので、緊張しているなと思ったら、自分のペースで話しすぎていないか思い返す癖をつけましょう。

否定から入る

「でも」、「違うよ」など、会話にいつも否定から入るというのも会話が続かない立派な原因のひとつです。誰だって自分の話を頭から否定されれば楽しい気持ちにはなれません。無意識のうちに相手を否定して自分の下に置き、自分が会話のイニシアチブをとりたいと思っている自己承認欲求が強い女性や、マウンティング傾向のある女性に多いので気をつけたいところです。相手は表情や言葉に出さなくても、毎回自分を否定する相手に対して嫌悪感や違和感を抱いているはずです。特に、男性は順位づけに敏感ですので、自分を否定してくる相手に対して好感を抱くことはまずありません。

リアクションが少ない、薄い

相手がせっかくあなたを楽しませようと話を振ってきてくれるのに、リアクションが薄ければ肩透かしを食らってつまらないと思うのも仕方がありません。芸人じゃないんだからリアクションなんて求めないで! と思ってはいけません。リアクションは相手の話をちゃんと聞いていますよというサインでもあるので、面倒でもちゃんと何らか分かりやすい形で相手に伝えることが重要です。リアクションの少なさや薄さは、相手に対する関心の薄さととられる場合もありますので、面倒くさくてもきちんと反応するのが礼儀であり、何より会話を続ける大事なポイントです。

会話を広げようとしない

会話を広げようとしない

自分から会話を広げようとしないのも会話が続かない女性に多い特徴です。会話はキャッチボールで、双方向だから楽しいのです。しかし、相手の質問に答えるだけだったり、あるいは相手の話を聞くだけという一方通行の場合、それ以上話が盛り上がることはありません。会話を広げる意欲のない女性との会話を楽しい、もっと話したいと思う男性はいません。会話を自分から広げようとしないのもまた、相手への関心の薄さを示していると受け取られても仕方がありません。

異性と楽しく会話するためのコツは?

異性と会話をした時に続かない原因はさまざまあることが分かります。基本、これらのポイントに気をつけるだけで、少なくとも会話は続くようになりますが、そこで満足してはダメ。異性をトークで惹きつけたければ、ただ会話が続くだけでは不十分なのです。「もっと話をしたい」、「この女性との会話は楽しい」と異性に思ってもらえるようにならなければ、会話上手なモテ女子への道は開けません。次から、異性と楽しく会話するためのコツをご紹介していきます。

会話の引き出しをたくさん集める

異性をトークで楽しませる会話上手な女性を目指すなら、会話に対する引き出しの多さを武器にしましょう。どんな話になっても対応できるように会話のネタをたくさん用意しておくというのは、ある意味、どんな男性を相手にしても気まずくなることなく話ができるという自信にもつながります。趣味を増やす、テレビやネットや雑誌などでアンテナを広げておく、ピンポイントで狙うならその異性の好きなものをリサーチして情報収集しておくなど、普段の生活から会話の引き出しを増やしておきましょう。

ひとつの話題を深堀りする

会話の引き出しを増やすにも限界があるという場合は、相手を気持ちよく喋らせるという方法で解決するのもアリです。例えば、相手の出した話題に乗っかって深堀りする方法。相手が話したことに興味を示し、より深く、具体的に色々と聞き込んでいきましょう。男性は、自分の話したネタに女性が興味や関心を持ってくれることを非常に喜びます。そして、その会話の内容に対して褒められると、いい気分になってますます男性の方から会話を広げてくれる場合も。ちょっとズルい方法ですが、男性のプライドや承認欲求を満たして好感を与えつつ、会話が苦手という自分のウィークポイントをカバーできる一石二鳥の方法です。

相手に教えてもらう

会話下手な女性が無理なく異性との会話を盛り上げたいなら、自分を相手より一段下げて、教えを乞うというスタンスに徹底するのもアリです。先述の、ひとつの話題を深堀りする方法と同じで、相手の自尊心をくすぐる方法なのでプライドが高めの男性には効果絶大。教えてもらった後に相手の知識や能力を認め、「やっぱりすごいね」、「何でも知ってるね」と、男性のプライドを満たすひと言を添えれば、男性はまたいつでも自分の話を聞きにきてほしいと感じます。

失敗を恐れない

異性との会話では、確かに相手にどう思われるか? というのは気になるポイントですが、そればかりを考えても仕方がないことです。どうしても気にしすぎてしまう女性は、相手が自分に対して受ける印象をコントロールすることはできないとすっぱり諦めましょう。「自分はこうですが何か?」と開き直って会話した方が、相手に自分の個性を認めさせ、より楽しい会話ができるはずです。時にはそれで失敗するかもしれません、でもそれを、「失敗」と考えてはいけません。「経験」を増やしただけです。経験値が増えれば、自然と対処法やコツも身につきます。失敗を恐れていては、いつまでも会話下手の若葉マークのままになってしまいますからね。

自分が楽しい会話は、相手も楽しい!

会話が苦手な女性は、相手を意識しすぎて会話の主体が自分にないことも多いものです。その裏には、自己評価の低さが隠れています。自分の価値を低く捉えているために、勝手に相手も自分を低く評価していると思い込んでしまい、気後れや恥ずかしさが勝り、堂々と自分の個性を出して話を楽しむことができません。会話の上手な女性になるには、まずは自信を持つことが何よりも大事です。そして次に自分が会話を楽しむこと。自分が楽しんで笑顔で会話すれば、自然と相手も楽しくなります。楽しい会話ができていれば、男性ももっとあなたと話したいと思い、声をかける機会も増えるはずです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ