ライフハック

大人の恋愛って? 子どもの恋愛とどこが違うの?

大人の恋愛って? 子どもの恋愛とどこが違うの?

大人と子ども、恋愛で何が違うの?

あなたは、「大人の恋愛」と聞いて、どんな恋愛を思い浮かべますか? 結婚前提のお付き合い、ちょっとアブノーマルな関係、いろいろな想像ができると思いますが、ここで言うのは一人の大人として自立した恋愛関係に必要なポイントです。お互いが信頼し合わなければ成しえない大人の恋愛だからこそ、ゴールインした後も幸せな二人でいることができます。そんな、大人の恋愛に必要なポイントと、逆に子どもの恋愛と言われてしまう関係と何が違うのか、合わせてご紹介していきます。

お互いに信頼している

先述したように、大人の恋愛は信頼関係がしっかり構築されていなければ成り立ちません。信頼関係が脆弱なカップルは、連絡が少し滞ったり会えない期間が続くとすぐ不安になってしまいますが、大人の恋愛は違います。会えなくても、連絡できない時期があってもお互いが信頼し合っているから、それで不安になったりすることはありません。また、本当に会いたい時はお互いにしっかり時間を作って会うことを努力します。これも相手への信頼があるからこそできる行動と言えます。

束縛はしない

カップル間で別れの引き金にもなりやすいのが束縛です。大人の恋愛ができるカップルは基本的に相手を束縛しません。かといって本人主義というわけではなく、二人で一緒にいる時は全力で愛し合って、お互いに一人でいる時はその時間を楽しみますので、相手に依存せずに行動できるということ。長く続くいい関係ほど、肩の力を抜く時間が必要ということをお互いに理解していて、それができるから一緒にいる時はよりラブラブになれるのです。

趣味や仕事に口を出さない

趣味は人それぞれです。アウトドアな人もいればインドアな人もいて、両方の趣味を併せもっている人もいてまさに千差万別です。仕事も同じで、大人の恋愛ができる人ほど、相手の趣味や仕事に対して余計な口を出さないもの。もちろん、いい歳なのにずっとアルバイトとか、将来に問題があるものは別として、趣味や仕事も彼を形成する大切なものと捉えていますから、それに対してどうこう言うことはナンセンスと考えています。むしろ、彼の好きなものをもっと知ろうと自然に歩み寄る、大人の恋愛はお互いがそんな気遣いを心得ているものです。

恋愛に依存しない

恋愛は人生における大切なスパイス。相手のことが好きであればあるほどのめり込みたくなるものですが、大人の恋愛ができる女性ほど、恋愛だけに依存しません。恋愛だけに依存してしまうことで、相手に何より負担をかけてしまうことを知っているからです。先述したように、相手のことを全力で愛しながらも自分の時間や仕事についても大切にし、お互いに自立した中で愛を育むことができるのが大人の恋愛です。

結婚前提の恋愛

とりあえず告白されたから付き合ってみて、気に入らなければ別れれて、また次の相手を探せばいい……、この考え方ははっきり言って子どもの恋愛です。一方で大人の恋愛は相手のことを心から大切に想い合える関係ですから、まさに真剣交際そのもので、その多くが結婚前提です。周りの人が見ていても、「本当にお似合いのカップル」、「今年中にはゴールインかな?」なんて言われてもおかしくないような二人なのです。強い絆で結ばれている二人ですから、ちょっとやそっとのことでは破局したりすることはありません。

お互い尊敬し高め合っている

お互いに愛し合っているのはカップルなら当然ですが、大人の恋愛は愛情だけではなく、お互いに尊敬できる関係でもあります。相手が頑張っているのを見ると自分も頑張ろうと思いますし、お互いに認め合い、支え合うことができる関係なのです。信頼し合いながら依存することなく前に進めるのは、お互いに高め合う地盤ができているというのも理由のひとつです。

思いやりの心を持っている

常に自分より相手のことを一番に考えられるというのも、大人の恋愛に見られる特徴です。例えば、途中でデートコースが変わってしまっても、予定が狂ってしまっても、相手と一緒にいるだけで楽しめるしいちいち文句を言ったりしません。常に相手を思いやる気持ちがあるからこそできる振る舞いであり、これをお互いが無意識で行うことができますから、大人の恋愛ができるカップルは輝いて見えるのです。

外見ではなく中身を見る

恋愛において外見というのはもちろん重要な要素ですが、大人の恋愛ができるカップルは外見だけで恋愛することはまずありません。確かにイケメンだったり美人だったりするパートナーを持てば周囲に盛大に自慢することはできます。ですが、外見だけを重視したお付き合いは長続きするものではありません。中身の伴っていない、合わない相手とお付き合いしても疲れるだけだからです。もちろん、大人の恋愛ができるカップルも外見を度外視することはありませんが、外見以上に中身が合っている二人だからこそ今の関係を楽しく続けていけるのです。

冷静に話し合いができる

喧嘩をして言い合いになり、そのまま相手の顔を見ずに終わってしまうのは子どもの恋愛です。もちろん、大人の恋愛をしていても喧嘩は避けて通れないものです。ですが、大人の恋愛ができるカップルは喧嘩になったタイミングで、まず冷静になることが一番ということを心得ています。喧嘩したから相手を嫌いになるのではなく、喧嘩に至った原因はどこにあったのか、次からはどうすれば喧嘩を防ぐことができるのかを一番に考えることができるのです。これもお互いを大切にして、思い合っているからに他なりません。

お互い自立している

お互い自立している

先述したように、大人の恋愛ができるカップルはお互いが自立しています。感情のコントロールが得意ですので、その場の流れや勢いに任せて相手に負担をかけることはありませんし、困難に遭遇した時はすぐに駆け付けて一緒になって解決にあたることができます。自立するというのは、まさに大人になるということ。自立できている女性の元には、自然と自立した男性が寄ってきます。

ドキドキを求めない

恋愛するなら、いつまでも甘いトキメキとドキドキに揺れていたいと思うこともあるかもしれませんが、相手にドキドキしていられるのは多くの場合付き合い始めの頃だけです。もちろんドキドキは恋愛のエッセンスですが、大人の恋愛ができるカップルはドキドキばかりを求めません。むしろ、落ち着いていつも二人一緒にいられる関係を求めます。一時の刺激で満足するよりも、相手を好きだからこそ長く濃密な時間を一緒に過ごしたいと思うわけです。

「好き」などの言葉を多用しない

「私のこと、好き?」と愛情確認を連発するのはまさに子どもの恋愛の代表的な行動です。大人の恋愛ができるカップルは本当の意味でお互いに信頼し合うことができているので、いちいち言葉での愛情確認を必要としません。もちろん聞かれれば、好きだ、愛してると何の迷いもなく答えることができますが、愛情確認をする必要がないほど愛し合っているため、不要にこれらの言葉をかけあうことはありません。

程よい距離感がある

どれだけ好き合っている同士でも、四六時中一緒にいたり、距離が近すぎることで息が詰まるお付き合いになってしまうことがあります。大人の恋愛ができるカップルはこのちょいどいい距離感を心得ていますから、離れすぎず近すぎずな距離をいつもキープすることができます。この程よい距離感が、会った時には相手に対するときめきや愛情を、会わない時には一人の時間を楽しむ余裕を生み出すのです。

相手を尊重し穏やかな恋愛をしよう

相手を思いやり、尊重し、お互いが自立して依存せずに前を向ける。それが大人の恋愛です。シンプルだからこそ継続するのが難しくもありますが、大人の恋愛ができるカップルはまさに結ばれている二人。かといって遠慮し合うわけではなくて、言いたいことはストレートに。まわりくどいアプローチをしないからこそ、いつも相手の前で素の自分を出していけるのです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ