ライフハック

長男に多い恋愛傾向と、長男との上手な付き合い方まとめ

兄弟姉妹の有無、生まれた順番というのは想像以上にその人の恋愛観や恋愛傾向に多大な影響を与えるもの。好きになった人や彼氏が長男だった場合、どんな傾向があるか、上手な付き合い方をご紹介いたします。

長男に多い恋愛傾向と、長男との上手な付き合い方まとめ

長男に多い恋愛傾向まとめ

兄弟姉妹の有無、生まれた順番というのは想像以上にその人の恋愛観や恋愛傾向に多大な影響を与えるものです。例えば、兄姉がいる人は甘え上手で手抜き上手、弟妹がいる人は責任感が強いなど、親の育て方や兄弟姉妹との関わり方が生まれた時から異なるのですから、恋愛で自然と生まれ順による差異ができるのは当然です。そして恋愛面で言えば、不器用と言われているのが長男です。好きになった人や彼氏が長男だった場合、どんな傾向があるかを知っておくとこれから付き合っていく上でとても役に立つはずです。長男に多い恋愛傾向と上手な付き合い方をご紹介いたします。

亭主関白

長男は小さいころから親の期待を一身に受けて育ってきていると同時に、弟や妹に比べて優遇されることも多くなりがちです。地方に行けば行くほど、「跡取り長男」というのはちやほやされて下に置かれることも少ないため、恋愛でも自分が一番、自分中心といった、いわゆる亭主関白になりやすい傾向があります。亭主関白は一概に悪いものとはいえませんが、恋人や家族のことは全部把握しておきたい、自分の管理下に置いておきたいという気持ちがあり、少し束縛気味な場合も。その結果、一緒にいて少し窮屈かな? と思うこともあるでしょう。しかし、長男だからこそ出てくる気質で、悪意や他意は一切ないのでそこまで気にする必要はないでしょう。

頑張り屋で責任感が強い

小さいころから兄弟姉妹の代表として常に結果や成果を求められることの多かった長男は、基本的に何事においてもとても頑張り屋さんです。また、兄弟姉妹の中でも一番年上ということで、下の弟妹の面倒をみる機会も多くなり自然と強い責任感やリーダー気質が育まれています。それがそのまま恋愛に対する姿勢や彼女との付き合い方にも現れ、付き合っている最中にも、「俺が頑張らなくては!」とついつい無理をしてしまうことも少なくありません。同時に、問題があっても自分ひとりで抱え込んでしまい、心配する彼女を寄せつけないことも。彼女としてはちょっと寂しいと思う特徴ですが、それはあなたを守りたい、大切にしたいと思うからこそです。

一人の時間を好む

家族内で頼られることが多かった分、一人の時間を大切にするのも長男に多い傾向です。一人の時間に何をしているかというと、実際何もしていないことも多いのですが、それでも一人でぼーっとする時間がないとイライラしてしまうので、恋人ができても一人の時間を大切にする男性が多くなります。一人の時間は、いわばリセットの時間。精神的に落ち着くために必要不可欠な時間です。その間、放っておかれて寂しいかもしれませんが、小さいころから周囲の人と関わることが多い長男ならではの特徴として受け止めてそっとしておいてあげましょう。

褒められるのが苦手

長男は褒められるのがちょっと苦手というタイプも少なくありません。自分に自信がないわけではないけれど、末っ子のように甘やかされて育っていない分、正面切って褒められると途端にどう対処してよいか分からなくなってしまうのです。叱られる方がまだ対処しやすいというちょっとかわいそうなところがあるのも長男ならでは。かといって褒められるのが嫌いかというとそうでもなく、頑張っている自分を認めてほしい、「さすがお兄ちゃんだね!」と褒められたいという承認欲求は人並み以上に強い傾向があります。そのため、さりげなく褒めるのが長男の男性をノセる大事なポイント。褒められるのは苦手でも、自分を認めてくれる人は大好き。女性はどんどんさりげなく褒めると彼からの信頼も厚くなります。

プライドが高い

兄弟姉妹の中で一番年齢が上のお兄ちゃんは、何でもできて当たり前と思われて育ち、しかも弟妹の前でカッコ悪いところを見せられないため、弱音も吐けず、本人の責任感も強くなり、歯を食いしばって頑張ってきた人。そのため、他に比べてプライドが高くなりがちです。それは、彼が周囲の期待に応えてきたという歴史と実績に基づいたプライドであるため、人から馬鹿にされたり、軽んじられた対応をされると我慢ができません。高いプライドのために自分の弱みを見せられず、どんどん自分で自分を追い込んでしまうというのも長男の男性に多い傾向です。そんな面が恋愛でも出てきて、付き合っている女性は時々びっくりしてしまうということもあるはずです。

古風な考え

長男は両親と関わることが一番多いため、恋愛に対しても親譲りの古風な考えを持っていることも少なくありません。男尊女卑とまでは言いませんが、男は外で働くもの、子どもは女が主になって育てるものといった、「今時?」と驚くような古風な考えを隠し持っている場合も。また、「俺は男だから」とデートでいつも自分が払おうとしたり、デートプランは自分が決めると言い張る場合は、もしかしたら親から刷り込まれた昔の価値観が彼の中に深く根付いている可能性があります。生まれてからずっとそういった考えできた男性の意識を変えることは並大抵の努力ではできません。長男だからと多めにみて、柔軟に女性側が対応したほうが揉め事にはならない場合も。

実は寂しがり

亭主関白でプライドが高く古風な考えを持っていて、一人になる時間が欠かせないという反面、いざ周囲から独りぼっちにされると寂しくなってしまうのも長男に多い傾向です。それは母親の愛情を、物心つく頃に後に生まれた弟や妹にとられてしまう経緯にも深く関係しています。親からの愛情不足というより、「俺はお兄ちゃんだから」と元来の責任感の強さや周囲の期待に応えようという真面目さから自分をセーブしてしまい、その結果、隠れ寂しがり屋になってしまうわけです。しかし、プライドが邪魔をして寂しいと言い出せないのも長男だからこそ。一人で平気というふりをしながら実は寂しがっていることも多いので、彼女さんは気を付けてあげて下さいね。

頼られると嬉しい

小さいころから、弟や妹、親に頼られてきた長男は、成長してからも周囲に頼られると自分の存在意義を改めて感じて嬉しくなってしまいます。頼ってくれる人が現れると、「守ってあげたい」という保護欲が刺激され、口では、「面倒くさいなぁ」と言いつつもついつい世話を焼いてしまいます。これは、「さすがだね」と褒められたい承認欲求が強い証拠。頼まれるタスクが大きければ大きいほど使命感ややりがいを感じ、頑張って張り切ってしまうのです。逆に頼られないと、自分は必要とされていないのかもと落ち込んでしまうので要注意。適度に頼り、プライドを満たしてあげるようにしましょう。

堅実でしっかりした女性が好き

自分がしっかりしている分、パートナーとなる相手にも同じように堅実性を求めるのも長男ならではの特徴です。それは子供のころから、「家」を背負ってきた自負が大きく関係しています。弟や妹に比べ家業を継ぐ、家を守る、親に孝行するという意識が強いため、それを共にできそうにない自由奔放なタイプの女性は苦手。仮に興味はあっても、自分の恋愛や結婚のパートナーにはふさわしくないと無意識のうちにブレーキをかけてしまい、手を取ることはあまりありません。長男彼氏が選ぶのは、常識的で堅実派タイプの女性です。彼に選ばれたければ、彼の要望に応えうる人間であることの証明が必要です。

長男の彼との上手な付き合い方は?

長男の彼との上手な付き合い方は?

長男の男性はいい意味でしっかりしていて、悪い意味で少し頑固な気質があることが分かりますね。お気楽な弟タイプの男性と同じ感覚で付き合っていると、相性が合わないと思われてしまうことも。ただ、正義感と責任感が強い長男の男性は、気難しそうなイメージばかりが先行してしまいがちですが、恋人にすることのメリットだってたくさんあります。長男の男性と上手に付き合うためのポイントを、次から合わせてご紹介いたします。

彼を立ててあげる

長男彼氏はプライドが高くて考え方がちょっと古風。そして、亭主関白気味なところもあるため、うまく付き合っていくには二人でいる時も誰かといる時も自分が一歩下がって彼を立ててあげるよう配慮できればベストです。女性の方が出しゃばりすぎたり、前に出たりすると、「この女性は俺にふさわしくない」と切り捨てられてしまう恐れも。常に自分を立ててくれる女性こそが彼の望む女性像。また、さりげなく頼って彼の甘えられたい欲求を満たしつつ、彼のプライドをくすぐる褒め方で褒めて承認欲求を満たしてあげることも重要なポイントです。

悩みがないか聞く

頑張り屋である反面、弱音を見せることに慣れていない長男彼氏。自分の弱い姿や心をさらすのは恥、してはいけない、するべきではないという思い込みが強く、そうして悶々している間に自分で自分をかなり追い込んでしまうことも多いものです。そのため、彼と長く安定した付き合いをするなら、普段と違う様子を彼が見せたらあなたの方から悩みがないのかさりげなく聞いてあげて彼の感情のガス抜きをしてあげて下さい。自分から話し出すのは無理でも、彼女が声をかけてあげることで少しずつ抵抗感が薄れて自分の感情を解放しやすくなることでしょう。

たまに甘えさせてあげる

自立心や責任感が強く、一見、誰よりも大人にみえる長男彼氏ですが、内心は自分も弟や妹のように思いっきり親に甘えたかったという気持ちを今も持っていることも少なくありません。そこで、彼と強い信頼関係を築きたいなら、彼が幼いころに満たすことができなかった思いっきり甘えるという願望や欲求をかなえてあげられる存在になりましょう。しかし、プライドが高い彼氏が自分から甘えるのはハードルが高い場合もありますね。そこで、彼氏がちょっと弱っている時に、無言で抱きしめてあげたり、膝枕をしてよしよししてあげるなど、彼氏が受け入れやすい形で甘えさせてあげるといいですね。

彼にとって癒やしの存在になろう

しっかり者で責任感が強い長男彼氏は、彼女に対しても誠実に付き合うタイプが多いので、真剣に交際する相手としてはもってこいの存在です。ただ、ちょっと頑固で考えが古いところもあるので、そういったところも柔軟に受け入れて大きな愛と包容力を持って向き合ってあげて下さいね。長男彼氏とうまくやっていくポイントは、上手に彼に甘えてプライドを満たしつつ、さりげなく彼を甘やかして癒しの存在となること。そうすれば、最高の関係を築くことができるはずです。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ