ライフハック

お酒が飲めない女性は実際どう思われてる? 男性の本音まとめ!

お酒が飲めない女性は実際どう思われてる? 男性の本音まとめ!

「お酒が飲めない女性」でもあり!

好みや体質によって、お酒を全く飲めない女性もいると思います。また、少しなら飲めるけれどあまりお酒は好きではない女性や、お酒に弱いのであまり飲まないでおきたい女性もいますよね。

そんな、お酒が飲めない女性は実際のところ、男性からはどう思われているのでしょうか。もちろん、考え方は人それぞれなので一言では言えませんが、ここでは、「お酒が飲めない女性でもあり」派の男性と「お酒が飲めない女性はなし」派の男性の本音をまとめ、お酒が飲めない女性がそれを踏まえてどう振る舞えばいいのか?というお話をしていきますね。

まずは、お酒が飲めない女性もあり!と考えている男性の意見から見ていきましょう。

体質なのでしょうがない

お酒が飲めないのは体質だから、という女性のことを、「それはしょうがない」と考えている男性の意見です。これはある意味、当たり前のことですよね。

食品のアレルギーがある人にその食べものを強要しないのと同じく、体質でお酒が飲めない女性にお酒を勧めないのは当然のことです。

それを「少しくらいいいじゃん」などと言ってくる男性がもしいたら、即刻距離を取るべき相手。女性のことをちっとも思いやっていない男性だといえます。

「お酒が飲めない」と言った時、このように男性の反応で、その人がどんな人なのかを垣間見ることもできますね。

可愛いらしくていい

また、お酒が飲めない女性のことを、「かわいらしくていいな」と感じる男性もいるようです。これはとても好意的な見方ですし、お酒が飲めないことをそんなふうに思ってもらえるのだとしたら、お酒が飲めない女性もすごく気が楽ですよね。

どうしても、男性がお酒を飲む人の場合、デートなどで一緒に食事へ行くと、女性は自分だけお酒を飲めないとあれこれ気をつかってしまいがち。でも、お酒を飲めないことをこんなふうに「かわいらしい」と思ってくれる男性なら安心ですね。

こういう男性は、お酒が飲めないこと以外の部分でも女性に対して優しい目線で見てくれることが多いので、ぜひ捕まえておきたい男性だといえるでしょう。

お金がかからないのでラッキー

それから、お酒が飲めないイコールお金がかからないからラッキー、と考える男性もいます。どうしても、外食などでは二人でお酒を飲むと、かなり食事代は割高になります。

特にお酒好きの女性が彼女だと、なかなか気軽には「今日奢るよ」と言えない男性も多いのではないでしょうか。

その点、お酒が飲めない女性が彼女なら、彼女のお酒代は当然ながら1円もかからないわけです。食事のメニューやスイーツなら、おなかいっぱい食べたとしても知れていますから、これは男性としても、お酒が飲めない女性は誘いやすくご馳走しやすい相手だといえるはずです。

自分も飲めないので嬉しい

そして、相手がお酒の飲めない男性だった場合、お酒が飲めない女性は非常に歓迎されることでしょう。

男性でもお酒が飲めない人は当然いますが、社会では男性の方が、お酒が飲めないと肩身の狭い思いをすることが多いもの。上司にお酒を勧められて無理して飲んだり、お酒の席や接待がストレスになっている人も少なくありません。その上彼女が無類のお酒好きだったら、男性としては気後れしてしまう人もいるといえます。

その点、お酒を飲めない者同士だと安心して一緒にいられますね。いつ会っても和やかなムードで、お互いのペースでまったり食事やデザートを楽しむことができ、結婚生活にも向いた二人になれるはずです。

しっかりしてそう

また、お酒が飲めない女性はしっかりしていそうだからいいな、と考えている男性もいます。

特に年齢が若いうちは、お酒が好きだと男女を問わず、飲み歩いて終電を逃したり朝まで飲んではめを外したり、翌日の大学や仕事に寝坊するなど、酔っ払ってお酒による失敗を経験することが多いもの。でも、お酒が飲めない女性ならそんなことは起こらないし、はめを外すことも少ないので「しっかりしていそう」という印象に結びつくのでしょう。

男性にとって、「しっかりしている」女性は結婚相手として考えた時、一番に候補に挙がる女性だといえます。お酒が飲めない女性は、しっかりしている根拠として、自信を持って下さいね。

車を運転してもらえるからいい

あと、パートナーの女性がお酒を飲めない女性だった場合、お酒好きな男性は「車を運転してもらえるからいいな!」と思うこともままあります。

特に地方都市だと車が主流ですから、デートや旅行も車で行くケースが多いですね。その際に行きは男性が運転して、帰りや途中から彼女に運転してもらえばビールが飲める!とか、普段の外食に車で行っても飲んでこられる!という点で、お酒が飲めない女性は信頼されるものです。

この場合、男性も女性も両方がお酒好きだと、どちらかが我慢しなければいけないとか帰りは代行を使わなくてはいけないので、彼女がお酒を飲めないことはお酒好きの男性にとって、大きなプラスになることでもあるわけです。

お酒で失敗されることがないので安心

また、心配性の男性にとっては、お酒が飲めない女性はお酒で失敗することがない点で安心・安全、ということもできます。

お酒が好きな女性の中には、毎度記憶をなくすくらい飲んだり、酔っ払って財布やスマホを落としたり、酒癖が悪く上司に絡んで怒られたりするような失敗をやらかしてしまう人もいます。その点、お酒が飲めない女性ならお酒の失敗がないため、先にも触れた「しっかりしていそう」という印象も相まって、男性からは安心して付き合える女性だと思われやすいのです。

このように、お酒が飲めない女性は男性から、しっかり者で安心して付き合える女性、と判断されるケースが多いといえます。

「お酒が飲めない女性」はなし

一方で、お酒が飲めない女性との交際はないな、と感じている男性も存在します。

そう感じている男性には以下のような意見が多く、それによって「お酒が飲めない女性はナシ」と考えているようです。こればかりはその人の考え方ですから、お酒が飲めない女性が気にすることではありません。もし、好きな人から以下のようなことを理由にフラれたら、それまでの男なんだと割りきればいいのです。

一ついえるのは、本当に人として尊敬できる人なら、お酒が飲めないことだけを理由にして交際を断ったりしないということ。「お酒が飲めない女性はナシ」と、その点だけで断言する男性は、中身も薄っぺらい場合が多いといえます。

つまんない

お酒が飲めない女性といてもつまらないからナシ、と本気で思っている男性も確かにいます。こういう男性の場合、お酒を一緒に飲むことが大好きで、他にそれ以上一緒に楽しめる趣味や時間の過ごし方を知らないと言っているようなもの。

お酒が飲めない女性としては、好きになった男性から「お酒が飲めない女性は一緒にいてつまらない」などと言われたら傷つきますが、その程度の男なのだと見切りをつけてしまった方がいいでしょう。無理をしてこういう男性に合わせて付き合ったところで、女性が幸せに生きられる可能性はあまりありません。

この場合は、お互いにもっとふさわしい相手がいるということですね。

一杯だけでも飲んで欲しい

一杯だけでも飲んで欲しい

また、お酒が飲めなくてもいいけど、せめて一杯だけでも飲んでほしい、と思う男性もいます。

これは雰囲気の問題で、例えば少し気取ったレストランにディナーへ行った際などに、ワインやシャンパンでなくいきなりソフトドリンクでは格好が悪い、と感じている男性がいるためです。居酒屋などでも同様に、「とりあえずビール」でもなく終始ジュースかよ、と思ってしまうのですね。さらに、自分だけお酒を飲むのでは何だか気まずい、と思う男性もいます。

これは本当に人によるテーマで、全く気にしない男性もいますが気にする人はかなり気にします。けれど、お酒でもジュースでも、飲みたい人が飲みたいものを飲めばいいことなので、お酒が飲めない女性は深刻に考えすぎないようにしましょう。

誘いづらい

そして、お酒が飲めない女性には誘いをかけにくいというのも、一定数の男性の本音のようです。

お酒好きな女性であれば、「飲み行かない?」と声をかけるだけで「いいよ!」と答えてくれるなど、全体的にフットワークが軽いことも事実あるためで、しかし、お酒を飲めない女性にはこの手は使えません。ゆえに、女性を誘いたい男性からすると、お酒が飲めない女性は誘いにくくて面倒、という本音があるわけです。

でも、当たり前ですが飲みに誘う以外にも、女性にお誘いをかける方法は他にいくらでもあるはずです。「お酒が飲めない女性は誘いにくい」というのは、飲みに行くくらいしか誘う手を持っていない男性の、独りよがりなこじつけといっていいでしょう。

一緒に盛り上がることができない

お酒が飲めない女性が相手では、一緒に盛り上がれないという声は、若い男性や大学生などに多い本音です。これは、単に一緒にお酒を飲んで盛り上がるのが好きだったり、それから本当はコミュニケーションに自信がなくて、お酒を飲まないと女性と話せなかったりなど、いくつかの理由を持っています。

お酒が飲めない女性の方でも、特に年齢が若いうちは一緒に盛り上がれないことを気にして、お酒が飲めない自分を引け目に感じてしまいやすいもの。でも、これは徐々に問題にならなくなっていくことです。

誰でも、そういつまでもお酒を飲んで盛り上がってばかりいられないので、お酒が飲めない女性は飲めないことを気にせず、毅然としているのが一番です。

店選びが大変

また、お酒が飲めない女性はナシ、と感じている男性の中には、お酒が飲めない女性が相手だとデートの際、お店選びが大変だと思う人もいます。

そう聞くと、お酒が飲めない女性としては「何で?」と不思議に思いますよね。お酒が飲めない女性が楽しめるお店はたくさんあるし、お酒を飲む人と一緒に行っても満足できるお店だっていくらでもあります。

バーやレストラン、カフェなどなら、アルコール類と一緒におしゃれなノンアルコールカクテルもあることが多く、お酒を飲む人とも素敵な雰囲気を楽しめます。それに普通のごはん屋さんや居酒屋だって、ソフトドリンクがないお店なんてありませんよね。

つまり、お酒が飲めない女性と行くとお店選びが面倒、というのは、そう主張している男性の単なる思い込みということになります。

飲めないからといって気にする必要はない!

お酒が飲めない女性に対する男性の印象・考え方はこのようにいろいろですが、いずれにしてもそのことを、お酒が飲めない女性が気にする必要は全くありません。

そもそも、パートナーがたとえお酒の好きな男性だったとしても、それに合わせて自分の好みや都合を変える必要なんてないのです。お互いに相手を尊重することは大切ですが、無理に相手へ合わせることはどんな場合でも必要ありません。

お酒が飲めない女性は、お酒が飲めないことを理解してくれて、尊重してくれる男性を見つけるようにすればベストですね。そして、そういう男性はたくさんいます。お酒が飲めないことを引け目に感じずにいられる男性と、ぜひめぐり会って下さいね。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ