婚活・結婚

結婚を諦めない!恋愛経験がなくても結婚を目指そう!

恋愛しようと焦らなくてもいい

結婚を諦めない!恋愛経験がなくても結婚を目指そう!

バブル全盛期のころは「恋愛至上主義」といわれ、恋愛から結婚が当たり前のようにいわれていました。
最近の若い人は「草食系」といわれてたりしますよね。
「恋愛にガツガツしていない」、「ゲームやSNSに依存している」などといわれがちですが果たしてそうでしょうか?
インターネットやスマホなど、コミュニケーションツールが昔と比べ圧倒的に便利になった現代。
あまりにも情報が多すぎて、何を選択したらいいのかわからなくなったり、便利になりすぎて、恋愛に一歩深く進むのが返って難しかったりするのかもしれません。

恋愛経験が少なかったり、また、恋愛経験が全くなくここまできてしまったという人多いと思います。
そんな自分を恥じたりする必要は全くありません。

「恋愛」イコール「結婚」と考える必要はない

ちまたでは、たまに、特別、男子受けが良かったり、コミュ力がずば抜けて優れた女子もいます。途切れなく、男子と恋愛している女子もいるでしょう。ですが、そんな器用な女子は一部であるといえます。
確かに、恋愛ができないよりは、できた方が楽しいことには間違いありません。ですが、恋愛の成就がゴールかといえば、そうではないのです。

恋愛の経験がない男子もたくさんいる

恋愛のスキルが低い、または、恋愛の経験がないなど、そんな自分は結婚などと縁がないと諦めるのは早計です。
一部の、キラキラして「見える」、男子と女子だけが恋愛をしているわけではないのです。
学生時代は勉強に、社会人になってからは仕事にと、夢中になることが多かったという理由で、恋愛経験がない、または、恋愛スキルが低い男子は意外とすごく多いのです。
確かに、恋愛経験がない、恋愛スキルが低い男子と、恋愛経験が豊富でモテる男子とでは見た目やコミュ力などに差があったりするかもしれません。
ですが、恋愛に慣れていないだけで、人間的には魅力がある男子はたくさんいるのです。
そんな恋愛に不慣れな男子は不器用ですが、誠実だったりもします。
そんな、シャイで優しい男子を見過ごすのはもったいなくないですか?

恋愛をとばして結婚を視野に入れて動いてみよう

いたずらに、無理に恋愛して、何年も付き合い、別れてしまうことになる。また、疲れてボロボロになる。
もちろん、それが悪いことではありません。
それも恋愛の醍醐味でもありますし、良い経験になります。
ですが、自分は不器用だな、恋愛には向いてないな、と思う人は思い切って恋愛を考えず、結婚を目指すのもありです。結婚を諦めることはないのです。

結婚した先が長い人生

身も蓋もないことを言ってしまうと、結婚とは生活です。
結婚は配偶者となる結婚相手と生活を共にし、長い人生を一緒に過ごす相手です。
一つのチームを作り、協同作業をしていくことが沢山あります。
好き、嫌い、などと、ずっと言っていられる期間ばかりではないのです。
恋愛中は好きで目をつぶっていたことも、いざ結婚生活が始まると、
我慢できないことがあったり、トラブルになってしまうことも多々あるのです。
だからといって、結婚を難しく考える必要はありませんが、必ずしも、恋愛と結婚を結びつけることはないのです。
恋愛にこだわらず、どんな形で出会ったとしても、
「この人と一緒なら人生頑張れそう」と思った人を結婚相手として考える方が結婚への近道だといえます。

結婚に結び付く出会い

では、恋愛の期間を過ごさずに結婚するにはどうしたらいいのかと考える人も多いでしょう。出会い方は様々あります。
もっとも、近道なのは、「お見合い」です。
「お見合い」なんて古い昔の話、と思っている人も少なからずいると思います。ですが、メリットが沢山。
まず、御世話をしてくれる人が間に入ってくれるので、身元がしっかりしている。結婚生活をリアルに考えるという側面から、自分の希望を事前に提示でき、釣書や御世話になる人から、写真や、性格、勤め先や、年収など、恋愛中だと相手に聞きにくいことも事前にわかっていることで話もスムーズに進みます。
また、身近にはいない、意外な好条件の男子に出会える可能性も。
お断りするときも間に御世話してくれる人がいるので断りやすいでしょう。
なにより結婚が前提なのが、「お見合い」。話が早いといえます。
普段から、周りの人に「お見合いしてみたい」「誰か良い人がいたら紹介して欲しい」などと、頼んで、声をかけておくといいでしょう。
御世話の好きな、職場の年上の女性や、上司、親戚など、良いご縁を連れてきてくれる人がいるかもしれませんよ。

結婚を諦めない!恋愛経験がなくても結婚を目指そう!

良い「ご縁」を見逃さずとりあえず動く

お見合いに限らず、友達の紹介、お見合いパーティー、お見合いアプリ、習い事、街コン、仕事での異業種セミナー、ボランティア、など、出会いの場は色々あります。
声をかけたり、参加したり、行動するのがイマイチ面倒だと思っていてはいつまで経っても何も始まりません。
恋愛から結婚したい!と思う気持ちは女子なら当たり前に思うもの。
受け身な女子なら、できれば、気になる男子から声をかけてもらい、お付き合いして、結婚を夢見る気持ちもわからなくはありません。
でも、恋愛にこだわるあまり、せっかくのまた、違ったチャンスを逃してしまうことも。
重ね重ねくどいようですが、結婚は生活なのです。恋愛とはまた、違います。
結婚を諦めず、「長い人生、この人となら」と思える視点を忘れずに良い出会いを見つけて下さいね。

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD

婚活・結婚の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ