ライフハック

デート商法に注意…関係ないと思ってる人へ、騙される前に!

「デート商法」について正しく理解している?

デート商法に注意…関係ないと思ってる人へ、騙される前に!

「デート商法」って言葉、聞いたことありますよね。でも多くの人は、「聞いたことあるけど、自分には関係ないな」って思ってるんじゃないでしょうか?
デート商法ってつまり、霊感商法とかそういうのと一緒の詐欺で、そんな怪しいものには騙されないし大丈夫、って思いがちなんです。でも実は、そう考えてる人がもっとも要注意!
今回は、デート商法に知らない間に巻きこまれないように、自分は関係ないと思ってる人へ、デート商法の解説と対策をお届けします!

「デート商法」って、そもそもどんなもの?

まずは、デート商法そのものについて知っていきましょう。
デート商法ってどんなものをいうの?と聞かれると、いまいち説明できない人が多いと思います。知らなければ対策しようがないので、ここでしっかり学んじゃいましょう!
デート商法とは、主に異性との出会いをきっかけにして、仲よくなった異性からものを買わされたりする被害をいいます。相手と親密になった辺りで被害に遭うので、恋人商法ともいわれているんですね。

デート商法のきっかけになる出会いって?

では、デート商法のきっかけになる異性との出会いはどこから始まるんでしょう?これもデート商法についてよくわかってないと「そんな詐欺師なら、どうせまともな出会い方じゃないでしょ」というイメージを抱く人も多いです。でもそんなことはありません。
だって、明らかに怪しい出会いなら警戒するし騙されないですよね?詐欺師はそれをよく知ってるので、デート商法の出会いは一見ごく自然な形で起こります。合コンや街コンにまぎれこんでいたり、恋活や婚活のサイトにいたりなど、普通の出会いの中に危険があるんです!

仲よくなるまでは普通の異性

デート商法の詐欺師は、異性を十分に安心させ、仲よくなって信頼関係ができるまでは本当にごく普通の相手です。なぜなら最初から騙す気まんまんで近づいたら、誰だって「おかしいな」って思うから。
ただ、この段階でデート商法の詐欺師かどうか見抜くとしたら、「いい人すぎないか」「うまくいきすぎていないか」という点を客観的に見ること。相手がやたら好印象だったり親切すぎる場合、知りあってから妙にトントン拍子で進展していく場合は、ちょっと警戒した方がいいでしょう!

どこから詐欺が始まるかはケースバイケース

デート商法の詐欺師は、ターゲットをよく観察して騙してきます。
だから、実際に詐欺が始まるタイミングは実はターゲット次第。恋愛経験が豊富で異性に慣れていそうな相手には、かなり時間をかけて信頼を重ねないと騙しません。
逆に、恋愛経験が少なくピュアな相手なら、最初からグイグイ押してペースを握り、相手を夢中にさせてあっという間に騙してしまうこともあります。

デート商法のカギは「信頼」

デート商法に注意…関係ないと思ってる人へ、騙される前に!

人間は、自分が信頼した人のことは大切に思うし、無意識に守ろうとします。
デート商法が成立するのはこの信頼を利用するから。信頼して愛している人にある日知らない店へ連れていかれても、「僕のお世話になってるお店なんだ」なんて言われたら警戒しないですよね?それに無意識に、「なら、私もここの人に気に入られたいな」って気持ちになるものです。
デート商法はこういう心理を利用し、高価なものを買わせたり契約をさせる詐欺なんです。

騙されてることに気づきにくい詐欺

だからデート商法は、被害に遭った本人が「騙されてる」と気づきにくい詐欺です。自分は普通に恋人と交際してる、恋人がお世話になってるお店から少し買いものをした、これもおつきあいの一環だ、と思いこみやすいんですね。
特に被害者が女性の場合、詐欺師から「結婚」をちらつかせられてると「少し高い買いものでもいずれ二人の財産になるし」と考え、多少のことには目をつぶっちゃいがちなんです。周囲から指摘されるまで、騙されてることに気づかないままの人もいるほどです!

金銭的な被害だけじゃなく、心が傷つく詐欺

そしてデート商法は、こんなふうに異性との出会いと交際を前提にしての詐欺だから、騙されてしまうとすごく心が傷つく詐欺なんですね。信頼した大好きな恋人が詐欺師なんて、想像するだけで辛いもの。
デート商法の被害に遭った人の中には、騙されてることがはっきりした後も相手を庇おうとする人すらいます。相手を詐欺師とは思えず苦しんだり、新しい出会いがあっても異性に心を開けなくなったり、デート商法が残す傷は根深いんです!

デート商法の被害に遭わないために①

デート商法の被害に遭わないためには、「自分は大丈夫」という思いこみを捨てておくこと。誰だって、たとえどんなに用心深い人でも、絶対騙されないって保証はないんです。詐欺師は「自分は大丈夫」と思ってる人の心の隙間を狙ってきます。
とはいえ、出会う異性全部を疑え、ってことではありません。ただ心の中にちょっとだけ、最初から相手を信用しすぎないこと、相手を美化して見ないことを注意として置いておくだけでも、詐欺師のターゲットから外れやすくなりますよ!

デート商法の被害に遭わないために②

デート商法は、本人が「騙されてることに気づきにくい」点がやっかいだと先にも話しましたね。そこで、デート商法の被害に遭わないために、少しでもおかしいなと感じたら、信用できる友人や家族に相談することを意識しましょう。
周囲の人から見れば相手は他人なので、客観的に見てどうなのか冷静な判断をしてくれます。恋愛中はただでさえ「冷静な判断」が難しいので、周囲のアドバイスには耳を傾けておくと安心です!

被害に遭ったら毅然とした対処を!

最後に、それでもデート商法の被害に遭ってしまった場合、騙されてものを買ってもすぐ対処すればクーリングオフがきくことがあります。また、すぐに気づいて対応できれば、詐欺師も逃げる前で捕まえることができるかもしれません。
デート商法の場合、ただの詐欺でなく恋人関係になってからの被害なので心理的なダメージも大きくなるし、結婚詐欺とも重なってくるので複雑ですが、毅然と対処することを決めましょう!

【PR】
アドバイスで彼の反応がここまで変わる!!

《ヤバい、好きな人がどう思ってるかわかるかもw》

「教えてもらったとおりにしたら、好きな人と話しやすくなった」(19歳 大学生♀)
「ずっと既読無視されてたのに、話し方を変えただけで返事がくるようになった」(26歳 事務♀)
「アドバイスされた通りのことを実践するだけで、ここまで彼の反応が変わるのかと参考になりました!!(笑)」(21歳 フリーター♀)

もう恋愛で失敗したくないあなたへ! 期間限定のチャンスを見逃さないで!

《お試しで診断してみる》

人気のキーワード

KEYWORD
今日のゆるにゃんタロット占い

ライフハックの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ