彼氏持ち

彼氏の愛情表現が足りない! 原因はただ下手なだけかも?

彼氏の愛情表現が足りない! 原因はただ下手なだけかも?

彼氏の愛情表現、満足してる?

いくら愛していても、好きだと思っていても、それを表現しない事には誰にも伝わりません。彼氏が愛情表現が苦手だったり下手だったりする場合、彼女はやきもきしてしまう事もあるでしょう。「私はこんなに愛情を傾けているのに、彼氏からは何も感じられない」「本当に私の事、好きなの?」と不安になる人もいるはず。こういうことは彼氏に直接話しにくいし、どう説明してよいか分からない場合が多いものです。

しかし、これをそのまま彼氏に伝えないままでいると、結果的に彼氏から愛情が感じられない事で別れを考えなければならない状況に……。そうなってしまう前に、彼氏の様子をもう一度見直してみましょう。意外なところで彼氏は愛情を発揮しているかもしれません。

彼氏が愛情表現をしてくれない

長いお付き合いになればなるほど「付き合いはじめた頃は手をつないで歩いたり、いつでも見つめていてくれたりしたのに今はそういうこともなくなった」と考えて時々寂しくなったりしてしまうものです。女性側から見れば、以前より愛情を感じないし、そもそも彼氏からの愛情表現自体ないのではないかと疑ってしまいがちです。

しかし、彼氏はあなたを自分のものにした安心感とあなたとの関係が安定しているからこそ、このような愛情表現をしなくなってしまうのです。あなたに恋しているのではなく、あなたへの恋心が深まって愛になっているのです。時が経って付き合いたてのようなときめきが無くなったとしても、それは彼氏があなたに興味が無くなったからだ、とは一概には言えません。

彼氏の愛情表現は必ずしも彼女にわかるわけではない

彼氏の愛情表現は必ずしも彼女にわかるわけではない

男性と女性はまるで異なる生物で、気持ちの発信、受信の仕方も異なります。彼氏が愛情表現だと思ってやっている事が、彼女にはそう見えないという事もよくあることなのです。それは、愛情表現が下手な彼氏の本当ちょっとした行動に表れています。

例えばスマホの扱い方。友達といる時には平気でスマートフォンをいじって、時々話を聞き逃す、という彼氏が、彼女の前ではスマホを一切触らない。なぜなら、彼女の話をきちんと聞きたいからです。彼女にしてみれば「人といる時にスマホをいじらない」「人の話をきちんと聞く」というのは、当たり前すぎる事でしょう。でも、彼氏にとってはそうではない事があるのです。彼氏は「彼女といる時はスマホをいじらない」という形で、立派に愛情表現しているのです。しかし、それは彼女には届きません。このように、愛ゆえの彼氏の行動でも、彼女には特別感のないものに見えるものもあるのです。

他の人といる時との違いをよく観察しよう

恋人というのは他の人とは違う特別な存在です。ある程度の恋愛経験があれば、友人たちと差別化する方法を持ち合わせているはずです。それをよく観察して把握しましょう。情熱的に愛を語ってくれる男性ならば大変わかりやすいですが、おとなしい男性の場合は、本当に素朴な方法で、彼女とそうでない人との区別をつけているものです。それに気づけば、「あの行動は、愛情ゆえのものだったんだ」と納得する事ができるでしょう。ただ、そこに至るまでには根気強い観察や分析が必要になるもの。どうしても難しいと言う人もいるかもしれません。そんな時には、思い切って彼氏に聞いてしまうのも1つの手。

・「私にしてて、他の人にはしてない事って何?」とストレートに問いかけてしまうのもアリです

男性はわかりやすく言葉にして聞かないと、求める形の答えを出してくれません。ただし、喧嘩腰にならない事。イライラをぶつけるような口調で尋問してしまうと、彼氏に面倒がられるだけです。

こちらの愛情表現も案外伝わっていない事を自覚しよう

前述の通り、男性と女性は気持ちの発信、受信の方法がまるで違います。ですから、こちらが愛情表現だと思ってやっている事も、意外なほど彼氏に伝わっていません。そう考えれば、「愛情不足だ!」と感じるのもお互い様かもしれませんね。恋人関係に限らず人間関係というのは、「相手がどうしたら受け取りやすいか」を考えるものです。

手料理を振る舞っても彼氏に響かない。それなら、彼氏の好きなスポーツ観戦に誘ってみる、彼氏の気に入っているブランドのアイテムをプレゼントに選ぶなど工夫をすることも大事。一つの方法に凝り固まるほど、相手の愛情は見えにくくなってしまいます。彼氏の愛情表現に不満を感じる前に、自分の愛情表現を見直しながら、一緒に愛を育んでいけるといいですね。

LINEトーク占いをチェックする

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ