片思い中

好きな人に告白の返事を保留された時の、女子の賢い振る舞い方

勇気を出して好きな人に告白したものの、返事は、「ちょっと待ってほしい」とか、「少し考えさせてほしい」なんて言われてしまって……。いわゆる告白を保留されてしまったあなた。「付き合えない」とはっきり振られたわけでもなく、また、「お付き合いしよう」と言われているわけでもなく、女子としては一番宙ぶらりんの厄介な状態です。

好きな人に告白の返事を保留された時の、女子の賢い振る舞い方

告白を保留されました……

勇気を出して好きな人に告白したものの、返事は、「ちょっと待ってほしい」とか、「少し考えさせてほしい」なんて言われてしまって……。いわゆる告白を保留されてしまったあなた。「付き合えない」とはっきり振られたわけでもなく、また、「お付き合いしよう」と言われているわけでもなく、女子としては一番宙ぶらりんの厄介な状態です。時間が経てばOKしてくれるのか? それとも遠回しにお断りされているのか? 彼は簡単に待ってほしいと言うけれど、保留されている間の女子の気の張り方はたまったもんじゃありませんよね。好きな人への告白の返事を保留されてしまった時、女性はどういうスタンスで返事を待つべきなのでしょうか、ご紹介いたします。

男性が返事を保留する理由は?

そもそも男性が告白された時にビシッと返事ができればこんな悩みは生まれないのですが、男性というのは、時に今するべき重要な決断を先延ばしにしてしまう生き物です。こっちは頑張って告白したのに、その対応はちょっとずるいんじゃない? と言いたくなる女性の気持ちもわかるのですが、では返事を保留にする時、男性はどんなことを考えてあえて保留の道を選択をするのでしょう? まずはあなたからの告白への返事を保留してしまう理由と、男性心理をご紹介いたします。

恋愛経験が少なくて

男性に限ったことではありませんが、誰であれ自分に好意を持つ異性から告白されると、基本は嬉しいはずです。ですがそれは、多少なりとも恋愛経験がある場合の話。男性の中には、あなたからの告白が人生ではじめての告白だという人もいるはずです。そんな時、恋愛経験が少なかったり、普段の生活の中で異性とのかかわりが少なかったりすると、あなたの告白があまりに衝撃でどう返事していいのかわからずパニックになってしまう場合があります。少数派ではありますが恋愛経験が少ないゆえ、告白に対する上手な返事の仕方がわからず、結果的に保留のような対応をとってしまうわけです。もちろん、あなたが告白するくらいなのですから、素敵な彼なのだとは思いますが、男性側は実は今まで彼女ができたこともなく、「俺はモテない」と思い込んでいたり、恋愛を諦めているようなことって意外とよくあるので、そんな時にあなたから告白されて、戸惑ってしまった結果ということです。このタイプの男性は、時間が経って落ち着けば冷静にあなたのことを見つめ直すことができるので、あなたの告白に対して前向きならそのうち自分から何らかのアクションを起こしてくれるはずです。

遠回しに断っている

告白を保留にされて、その後に彼からOKをもらえる確率は、実はそれほど高くはありません。それもそのはず、彼がOKなのであればあなたが告白した時にすぐにお付き合いに発展しているはずですよね。返事を保留するということは、何かしらその場で保留にした理由があるわけです。そして、男性が女性からの告白の返事を保留にする理由で一番多いのがこれ。保留にすることで、遠回しにあなたからの告白を断っているというパターンです。女性からすればはっきり断ってくれた方が傷つかない、という人も多いと思いますが、男性の考えはまた違うようで、「傷つけたくないから曖昧に返事をする」という、あまり男らしいとは言えない対応をする男性も最近は多いのです。保留にされた後、急に彼がそっけなくなったり、LINEなどの対応もおざなりになってきたら十中八九このパターンと見ていいでしょう。保留という行為で、「言わなくてもわかるでしょ」、「悟ってよ」というお断りのメッセージが含まれているのです。

いい友達だと思っているから

告白の返事を保留にするのはネガティブな事情ばかりではありません。友情と愛情は似ているようで違うものですよね。彼があなたからの告白の返事を保留にしてしまったのは、あなたが彼にとって、とてもいい友達だったから、という場合があります。それこそ親友のようにあなたを慕っていて、あなたには何でも話せてしまう、……だからこそ恋愛関係になるのはどうなのか? と考えてしまうのが男性です。告白をOKして付き合ったとしても、今のあなたとの関係が壊れてしまったり、不安定にならないかを恐れているのです。友人として仲がよすぎるから、告白の返事にはより慎重になって、そのせいで保留になってしまうわけです。この場合は、あなたと彼の人間関係のバランスがすべてを握っています。友達として大切に想っているからこそ、中途半端に恋愛するくらいなら断った方がよいというのが、多くの男性が考えていることのはずです。

よく知らないから

あなたことをよく知っている仲だからこそ、告白の返事を保留にするということもあれば、逆に、告白された時点であなたのことをまだそれほどよく知らないから返事を保留にするというパターンもあります。出会ってまだ日が浅かったり、お互いをよく知らない状態で告白されると、無碍に断るのも申し訳ないけど、男性側は、あなたがどんな女性なのか今ひとつ測りかねているわけです。このパターンの場合は、断らなければならない明確な理由がない場合が多く、お互いが気に入れば意外にもOKをされる確率は低くありません。

他に本命の女性がいるから

告白の返事を保留にされることで、いわゆる、「キープ女子」になってしまうのがこのパターン。彼にはもともと、あなたの他に好きな女性がいて、彼もまた片思い中という時にあなたからの告白を受けてしまい、心が揺れて一旦返事を保留にしたわけです。この時、彼が本命の女性に対して本気なのであれば、あなたからの告白は保留されることもなく、素直にお断りされるはずですが、そうならないという部分がミソなのです。断られていないということは、あなたにもまだ彼とお付き合いするチャンスはあるということです。ただ、このパターンからお付き合いに発展するのはあまりおすすめはしません。告白を保留された時点であなたは彼にとって、「二番目の女」になってしまっているからです。本命の女性に告白して、失敗したらあなたと付き合えばいい、という何とも自分勝手な思考をする男性もいますので、見極めには十分注意して下さい。

返事を保留されたらどうするべき?

多くの男性は女性の気も知らないで告白の返事を保留にするものですが、では、保留されてしまった時、女性はどういうスタンスで待っているのが正解なのでしょうか。告白を保留されると、誰でも焦りがでるものです。「ねぇ、いつになったら返事くれるの?」と彼に聞いてしまいたい気持ちがやまやまですが、いい返事をもらおうと思ったら、告白が保留されている間、相手にゆっくりと自分のことを考えてもらう、見てもらうというのも大切なことです。早く返事をもらってすっきりしたい気持ちはわかりますが、一度返事を保留にされてしまったなら、彼に与えるべきは何よりもまず「時間」です。告白を保留している時に、返事を急がせるようなガツガツした態度をとってしまうと、多くの男性は「こんなに押しが強いと、付き合ったらしんどいかも」と考えてしまいます。では、上手な女子の待ち方は? ご紹介いたします。

「普段どおり」を心がけて

告白の返事を保留されてしまった時に、女子がやってしまいがちなNG行動が、「返事待ち」の状態を「拒否された」と思い込み、望み薄な接し方をしてしまうというものですが、これはやめましょう。まず、告白の返事を待たされるということは、その時点で相手はあなたのことを「なしではない」という状況です。少なくとも、彼があなたを嫌なやつだと思っているのならその場で断ればよいのですから、考えると言われた場合はあなたとお付き合いを見極めているということです。「拒否された」と思い込んで、ネガティブな行動ばかりとってしまうと、あなたのいい部分が相手にも見えないのは言うまでもありません。保留されても、その後ちゃんと考えた上で正式にお返事をもらい、お付き合いをスタートするカップルだっていくらでもいるのです。一時的に気分が下向きになるのは仕方ないことですが、早めに持ち直して普段どおりに振る舞い、彼に変なプレッシャーを与えないようにしましょう。

会話も自然に

告白の返事を先延ばしにされても、好きな人とメールやLINEで会話をすることはあると思います。その時も、「普段どおり」が一番大事です。特に、告白の返事を保留されている間は、相手からのメールやLINEのメッセージがそっけない気がしたり、返事が遅い気がしたり、無視されているような気になってしまうものです。ですが、これらは一時的にあなたの気分がそうなってしまっている場合が大半です。LINEの頻度や期間も、無理に多くする必要はありません。もし向こうが色々聞いてきたら、例えば「僕のどこがそんなに好きなの?」とか、そういった質問には丁寧に答えてあげる姿勢でいましょう。

返事を急かさない

返事を急かさない

次に女子がやってしまうNG行動が、「返事を急かす」ですね。もちろん、告白した後に何ヶ月も返事をもらえず、次の恋に進みたいのにもやもやしてしまう……。という時は急かして返事をもらってもいいですが、告白して返事を保留されたのに、一日二日で返事を急かしても、時間が少なすぎて彼からすればプレッシャーのはず。一度保留にされてしまって、でもあなたが待つと決めたのであれば、その間は一旦彼へのアプローチも控えめにして彼のペースに合わせてあげましょう。心の中では早く返事を下さいと思っていても、外面をそう装うだけでも、早く返事をしなければというプレッシャーを感じなくて彼からは好印象のはずです。

期限を設ける

相手が真剣に考えているのか、ただのキープだったのか、フェードアウトで逃げられたのか……、告白を保留されて、ただ返事を待つと言っても、ずっと待っていればいいというわけでもありません。ずっと返事がもらえないのに、一縷の希望にすがってズルズル待ち続けても、いい結果を迎えることはあまり多くありません。例えば半年も待たされるようならそれは待ち過ぎです。このさじ加減が難しいから多くの女子が悩むわけですが、基本的に保留にされた後ずっと待たされて何の進展もないのであれば、彼の心の中は多くの場合、あなたとのお付き合いには否定的なはずです。なので、告白を保留された時は、無駄に待ってしまうことがないよう、返事待ちに対する期限を設けることをおすすめします。では実際、何日くらい待つのが理想なのかという部分ですが、忙しい毎日を過ごしている相手のことを考えるなら、一週間は待ちたいところです。この一週間はどうしてかと言うと、その間に一回は休日、あるいはゆっくり考えるくらいの時間はあるだろうと考えられるから。休日を挟んでゆっくり返事を待つと言うあなたからの配慮です。もちろん一週間はただの目安ですので、あなたの意中の人に合わせて期間を設けてみましょう。

一線は越えない

返事待ちの間に、好きな人からキスや肉体関係を迫られても、応じるのはおすすめしません。告白の返事を保留されている間、女性がとれる大胆な行動は少なく、はっきり言って待ちの一手と言ってもいい状態です。あなたのことを待たせていると分かっているのに、男性がそういったアプローチをしてくる場合、あなたは彼にとってキープで、遊びの女になっていることが大半です。相手はそういう考えをする男性と思った方が賢明でしょう。

時には諦めることも大事

あまりにも返事待ちの期間が長かったり、彼が告白の返事をくれるような素振りもない場合、時には諦めて次に行くという選択をすることも必要です。先述しましたが、「女性を傷つけたないために、あえて告白の返事を保留にする」という男性もいるため、告白の返事がずっともらえないという場合は、ある程度男性の態度で答えを察することも重要です。自分が定めた一定期間をしっかり待って、それでも返事をもらえないとスッキリしないと言うのなら、もう一度彼に返事を求めてみるのもよいでしょう。もちろん、保留された上で結果ダメだったという場合もあるでしょう。付き合えない、ダメならダメで、もし聞けるようなら相手に、「自分のどこがダメだったのか」を聞いてみるのもひとつ。経験値にして、次の出会いに活かせるはずです。ネガティブなままで終わっても何のプラスにもなりませんからね。

気にしすぎないで

告白の返事を保留されてしまうと、誰でも気持ちが沈んでしまうものです。しかしそれで、「ダメだ!」と思い込んでしまうのはよくありません。何度も言いますが大切なのは彼に、「考える時間」を与えてあげることです。彼は、仲のよい友達に真剣に相談するかもしれませんし、何より、告白されたことで今までで一番あなたのことを考えようとしているはずです。それを信じて待つという姿勢もとても大事です。LINEの頻度や返事をくれるまでの期間なんて、人それぞれなので、あれこれ気にしてもしょうがないのです。ただ、告白の返事を一向にしようとせず、あなたという女性を待たせてただ振り回すだけの男性だった場合、そういう男だったと見切りをつけるのは決して失敗ではありませんよ。

人気のキーワード

KEYWORD

片思い中の人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ