男が女に思うこと

結婚できない女の特徴、30代・40代になる前に抑えておくべきポイントは?

独身でも幸せになれる現代。それでも愛する男性と結婚できるのは素晴らしいことですが、一方でさまざまな要因が足を引っ張り、結婚したいのになかなか結婚できない女性もいます。そんな結婚できない女性にありがちなポイントにフォーカスしました。当てはまっている部分がないか、一度は目を通しておくことをおすすめいたします。

結婚できない女の特徴、30代・40代になる前に抑えておくべきポイントは?

結婚できない女性の共通点とは

独身でも幸せになれる現代。それでも愛する男性と結婚できるのは素晴らしいことですが、一方でさまざまな要因が足を引っ張り、結婚したいのになかなか結婚できない女性もいます。そんな結婚できない女性にありがちなポイントにフォーカスしました。「私は若いし、彼氏もいるからまだ大丈夫」と思っている女性の方も要注意。男性の中には結婚と恋愛を別ものとして考えており、「今の彼女は恋人、奥さんにするなら別の人」としている人も少なくありません。当てはまっている部分がないか、一度は目を通しておくことをおすすめいたします。

女性として完璧すぎる

経済的に自立していて、プライベートも充実。女性としての所作、振る舞いも完璧で隙がない。バリバリ働いているキャリアウーマンにありがちなこのようなイメージは、一見理想的ですが結婚できない女性の特徴に挙がることも。理由としては、隙がなさすぎることで、男性からすると庇護欲をそそられないのだとか。常に完璧であろうとするよりも、人はどこかで欠点、弱点があるくらいの方が魅力的ということなのでしょう。女性としての魅力に溢れていることには違いなので、少し肩の力を抜けば、いいお相手がすぐ見つかることも。

常に受け身

新たな出会いがあり、自分の中で少し気になる男性がいても、いつも消極的で受け身だと結婚できない女性になってしまいがち。周りから見ると、「気になるならお誘いすればいいのに」という状況でも、受け身なことでいつもいつも相手の出方ばかり気にしてしまい、せっかくのチャンスを無駄にしてしまうことが多くなります。年齢などを気にして思い切った行動ができなくなることは誰にでもありますが、結婚に関しては行動しなければ他の女性に気になる人を取られてしまうかもしれません。ベタですが、「当たって砕けろ」ぐらいの思いで相手にぶつかっていくことも、時には必要です。

理想が高すぎる

結婚できない女性の特徴として最も言われているのがこれですね。アラサー、アラフォー世代ともなるとそれなりに色んな経験も重ねてきて、結婚相手に求めるものも大きくなりがちです。今のアラサー、アラフォー女性にとって結婚の基準となる男性像は、「欠点のない男性」と言われています。「ある程度の学歴、収入があり、顔はイケメンでなくてもいいが、ある程度整っている人」文字にするとこんな感じですが、どれも抽象的なものばかりなので言い出したら止まらないはずです。そんな時は、相手の結婚向きな面を探してみましょう。例えば、顔はドンピシャでタイプというわけじゃないけど、それなりに悪くないし、いつも優しいとか、稼ぎはまだまだこれからだけど、普通に生活できるくらいは稼いでくれて、遊ばずいつも家に帰ってきてくれる、など。相手のポジティブな面を見ることは、何よりあなたが結婚した後に幸せに暮らすためにとても大切なことです。

女友達との時間を楽しみすぎ

新年会やゴールデンウィーク、忘年会など、何をするにも女友達と一緒で女子会が大好きというあなた。気の合う女友達といると気楽ですし、楽しいことは間違いありません。しかし、そんな人ほど女友達といる時間が楽しければ楽しいだけ、「結婚できなくても私には友達がいる」と開き直ってしまいがち。もちろん、友達との時間は大切です。しかし、ずっと女友達とつるんでいても、あなたの恋が進展しないのも見てのとおりです。もしあなたが、「女友達は私よりスペックが低いし、男の気配もないから大丈夫」と思っていても、その女友達と四六時中一緒にいるわけでもありませんし、人生何があるかわかりません。その女友達の方が先に彼氏を作ってゴールすることだって十分にあり得ます。アラサー前後で適当に遊んでいるといざ、「本気で結婚したい」、「周りもどんどん結婚してるし、私も」と思った時には、周りの男性も多くが結婚してしまっていて、いい人が見つからない、なんてこともありますのでご注意を。友達付き合いもいいですが、たまには好きな男性とデートに行くことも結婚したいのであれば必要なはずです。

素の姿がだらしない

デートの時は綺麗な服を着て、メイクもバッチリ。彼氏からしても、並んで連れ歩くのが自慢の彼女。恋人のうちはそれだけで幸せな時間を過ごすことができそうです。しかし、結婚すればひとつ屋根の下で暮らすことになり、お互いに相手の素の姿を日常的に目にすることになります。そんな時、家がゴミだらけ、洗濯物は溜まりっぱなし、食後の洗いものがうず高く積まれている……。「普段のイメージからはまるで想像のつかないだらしない生活の姿」がバレてしまうと、それはそのまま彼氏の中で結婚後の生活イメージとして定着してしまいます。外面だけよくても上手くいかないのが結婚です、思い当たる人は自分の生活を今一度見直しておきましょう。

金銭感覚が合わない

結婚を考えているカップルが意外と見落としがちなのが金銭感覚の問題です。彼女があまりにもケチだったり、逆に見すごせないほどの浪費癖がある場合、彼氏も結婚に対してポジティブに考えられないかもしれません。また、お互いのお金の使い方に不満がある場合も、後々に繋がらないよう早めに価値観をすり合わせておく必要があります。結婚してもお財布を別にしている夫婦も多いですが、それでも相手のお金の使い方には神経を使います。相手に何かあれば、自分の収入からお金を出さなければなりません。結婚生活は愛だけでは乗り越えられないお金の問題も発生するものです。

人に頼るのが下手

結婚できないと嘆くアラサー、アラフォー女性は、全員が高飛車で自己中心的、相手の年齢やステータスばかり気にしているのかというと、そういうわけではありません。むしろ、周りに気をつかいすぎるぐらいの人もいます。ただ、その気のつかい方が間違っていたり、人に頼ることを恥ずかしいことと考えているせいで、なかなか他人と心の距離が近くならないのです。自分で全て完結しようとせずに、人に頼ることも必要です。

過去にモテた女性

周りの友達や同僚から、「早く結婚しそうだよね」、「一番にゴールインしそう」こんな風に褒められる女性も一歩間違えると結婚できない女性になってしまうことがあります。そう言われるからには、女性としての魅力に溢れていて、それなりに恋愛経験も重ねているのでしょうが、ずっとそのままモテ続けるというわけにもいきませんよね。このタイプの女性は、「昔はもっと条件のいい男がいた」とか、「まだまだ今よりもっといい出会いがあるはず」と、モテていた全盛期そのままの自己評価なのです。二十代の頃はそれでよくても、アラサー、アラフォーになるとこんなことを言っている暇はありません。過去は過去と割り切れなければ、周りの女性が先に結婚していくのを眺めていることにもなりかねません。

口だけで行動が伴っていない

「結婚したい」と言っている女性の中で、実際に行動に移している人はどのくらいいるでしょうか。「出会いがないから結婚もできない」とよく耳にします。しかし、インターネットが普及し、婚活がこれだけ主流になっている現在、「出会いがない」は言い訳にしかなりません。むしろ現在は婚活サイトや婚活パーティー、街コンなど、出会いの場はどんどん増えています。まだ試したことがない、でも素敵な男性との出会いがほしいという方は、どれからでも構わないので、はじめの一歩を踏み出してみましょう。口癖のように、「結婚したい」とだけ言っていても、結婚できないのは言うまでもありませんね。

はじまってもいないことを心配する

はじまってもいないことを心配する

結婚という大きな決断をする上で、相手もいないうちから余計な心配ばかりしていると結婚が遠のいてしまうことがあります。人間は長く考えれば考えるほど、「しない方」を選んでしまう習性があり、それは結婚に関する選択にも当てはまります。アラサー、アラフォーにもなると若い頃に比べて色んな情報を持っているので、結局いいところまで行ったのに、「やっぱりやめておこう……」と尻込みしてしまうのです。しかし、好きな人との関係がはじまる前からそんな心配ばかりしていると、いつまでたっても結婚はできません。結婚をする上で何不自由なく完璧に……、というのはほぼ不可能だと心得ておきましょう。時には勢いも必要です。

同棲して長い

カップルがお互いの相性を知るのにいい方法として知られる同棲なのですが、一歩間違うと結婚できない状態に陥る危険を孕んでいます。というのも、同棲期間が長すぎると、お互いに今の生活に満足して、結婚のタイミングを見失ってしまうのです。また、同棲生活では、彼氏と彼女が毎日顔を突き合わせるようになるため、マンネリにも陥りやすく、付き合いたての頃のような新鮮味もなくなりがちです。「こんな生活が結婚してもずっと続く」と考えてしまうと、結婚できないまま同棲生活をズルズルと続けるハメになりかねませんので、同棲生活を通じながら結婚に向かう、二人の気持ちを高めるようなイベントやデートの計画を忘れずに。

35歳以上

女性は35歳を過ぎると、一気に結婚難易度が上がると言われています。その理由の最たるものは、男性が子どもを希望した場合に妊娠、出産のリミットを気にしてしまうというもの。結婚相談所でももっとも男性に紹介しづらいのがこの年齢層の女性で、「5年早く婚活、もしくは真剣に出会いを探していればすぐに結婚できたのでは……」という女性ほど、35歳を過ぎてから焦って駆け込むパターンが多いと言われています。この年齢になると、同世代の男性も結婚していることが多く、一気に結婚難易度が上がるというのも頷けます。手遅れというわけではないにせよ、早めの行動を心がけた方がいいのは間違いありません。

頑固な性格

「自分の意見を曲げない」、「相手の話やアドバイスを聞かない」、何ごとも譲ろうとしないこんなタイプの女性と結婚したいと思う男性は少数派。若いうちは外見の魅力も相まって、頑固な性格でもお付き合いしたいという男性もいたかもしれませんが、アラサー、アラフォーになってもこのような頑固な性格の女性はまず結婚できません。結婚して男性と一緒になると、自分の思いどおりにいかないことだってたくさん出てきます。育児や家事も助け合っていかなければならないのに、女性の方が頑固だと、男性も結婚生活が想像できなくなってしまいます。

早く結婚したい! でも……

早く結婚して幸せになりたいと思う気持ちはわかります。今のままでは……、と不安になり、「私は本当に結婚できるの?」と心配になりますね。しかし、彼氏ができたから焦ってすぐに結婚すれば幸せになれるのかというと、そうではないはずです。誰だって、「この人と一緒にいたい」と思うから結婚するのです。それは彼氏の方も同じです。焦る気持ちもいくらかは大切ですが、それで緊張してしまってはあなたの魅力も半減です。肩の力は抜いて、いい出会いが見つかるよう応援しています。

人気のキーワード

KEYWORD

男が女に思うことの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ