彼氏持ち

彼氏との半同棲で考えるべきポイント、NG行為まとめ

半同棲というのは、カップルがお互いの家を行き来しているうちに、どちらかが相手の家に入り浸ってほとんど住んでいるのと変わらないような状態を指します。同棲と比べると気軽なイメージのある半同棲ですが、あなたの行動次第では、彼氏が嫌がるポイントもありますので、半同棲カップルが考えるべきポイントをご紹介いたします。

彼氏との半同棲で考えるべきポイント、NG行為まとめ

半同棲ってどういう状態?

半同棲というのは、カップルがお互いの家を行き来しているうちに、どちらかが相手の家に入り浸ってほとんど住んでいるのと変わらないような状態を指します。彼氏が一人暮らしだと、最初は一晩のお泊りだったのが、もっと一緒にいたくて気が付けば何日も彼氏の家にいた、なんていうのが半同棲のベターなきっかけですね。同棲と比べると気軽なイメージのある半同棲ですが、メリットばかりというわけでもなさそう。あなたの行動次第では、彼氏が嫌がるポイントもありますので、半同棲カップルが考えるべきポイントをご紹介いたします。

家賃や生活費はどうするべき?

半同棲でまず重要なのがお金の問題です。あなたが彼氏の家に半同棲している場合、彼氏は一緒に住みはじめたころは気にならなくても、長くなるにつれ、「これだけ家にいるなら多少の生活費くらい……」と考えてしまうのも致し方ありません。半同棲はなし崩し的にはじまることも多く、住んでいる方と住まれている方では、お金についての意識の差がでやすいのです。「半同棲」と言えば、響きはいいかも知れませんが、言ってしまえば、「居候」みたいなものですし、相手が大好きな彼女だったとしても、自分の家に他人がいるという状態はまったく負担にならないというと嘘になるはず。彼氏に無理をさせたくなければ、家賃や生活費のことはしっかり話し合った方が賢明です。

半同棲のメリット

一見中途半端に見えなくもない半同棲にももちろんメリットはあります。まずは半同棲だとお互いに帰るべき家がある状態なので、一人の時間をしっかりと確保することができる点。また、彼氏と喧嘩になってしまって相手の顔も見たくないなんて時にも、家に帰ればいいですよね。同棲だとそう簡単にはいかないですね。半同棲のメリットをご紹介いたします。

同棲に比べると気軽さがある

同棲となると、部屋探しから引っ越しの準備と手配、生活費のとり決めや住民票の移動など、やることがたくさんありすぎて正直めんどくさいという人も多いはず。それに比べて半同棲は、最低限の生活用具さえあればその日のうちからもはじめようと思えばはじめることができます。また、半同棲だと、今まで毎回デートで外食していた分を自炊に変えて、一緒にいる時間を増やしながら節約することだって可能です。映画館に行っていたのをレンタルに変えたり、お得、かつ手軽になるポイントがたくさんです。

自分の時間を持ちやすい

同棲に比べて圧倒的に自分の時間を持ちやすいのも半同棲のメリットです。同棲だと帰る家もひとつですが、半同棲だと自分の家に帰るのも自由、彼氏の家に行くのも自由です。自分一人で集中したい時は自分の家で、まったり楽しく過ごしたい時は彼氏の家で、なんてことが簡単に実現できてしまいます。もちろん、彼氏にも彼氏のペースがありますので、相手が一人で過ごしたそうな時は配慮するなど、お互い気遣うことができれば、より楽しい同棲生活になるはずです。

ちょうどいい距離感

離れてお付き合いしていると、連絡がずっととれなかったり、お互いになかなか会えない状況が続いた時はストレスが溜まってしまいます、でも半同棲なら、一緒にいる時間をしっかり確保することが可能です。スケジュールが合わなくても、家に帰れば寝てるけど彼氏がいるといった状態は彼女さんにとっては嬉しいことのはずです。このちょうどいい距離感が、多くのカップルが半同棲に至る理由のひとつです。

半同棲のデメリット

家賃や生活費のことを含めて、半同棲には避けて通れないデメリットもあります。彼氏との夢の同棲生活を思い描いていたけれど、現実は全然違った……、なんてことになるのは、気軽なメリットの部分にばかり目を向けてしまうから。半同棲はあなたが思っている以上にナイーブ、考えなければならないデメリットをご紹介いたします。

使ってない家賃や光熱費が無駄

半同棲だから、1ヶ月のほとんどを彼氏の家で過ごして、自分の家には必要なものをとりに帰るだけという女性も多いですが、あなたが彼氏の家に住んでいる間も、あなたの自宅の方に賃借料は発生しているのです。つまり、使っていない自宅の家賃を払い続けなければいけないということ。また、彼氏の家の方でも、家賃は変わらないかもしれませんが、光熱費や水道代、電気代、その他もろもろの支払い金額は、一人の時はそれほど気にしていなくても、二人分になると結構な額になるのを痛感するはず。あなたの部屋の光熱費は下がるかもしれませんが、それでも家賃は変動しません。この辺りは後々に喧嘩の種にもなりやすいポイントなので、半同棲状態になったら一度しっかり彼氏と話し合いを。

両親への印象が悪くなることも

半同棲というフレーズは、思っているより世間への印象はよくありません。お互いが真剣に交際していたとしても、半同棲というだけで遊び感覚だという印象を持たれてしまうことも。特にこの印象を持ちやすいのが両親です。両親への挨拶や報告もなく彼氏と流れのまま半同棲状態になってしまうと、彼氏のあなたに対する真剣さを疑われてしまっても仕方ありません。ご両親の世代だと、同棲や半同棲に対する価値観があなたとは違うというのもよくあること、お金や今住んでいる家についても突っ込まれやすくなりますので、できれば事後より前もって彼氏にも同席してもらい、先の展望と一緒に報告したいところ。

片方の負担が大きい

本来、一人で住む予定のところに二人で住むわけですから、半同棲になると、必然的に彼氏の負担は一人でいる時より大きくなります。家賃と光熱費は先述のとおりですが、他にも生活する上で必要なものはたくさんありますね。食費はもちろん、トイレットペーパーや洗剤などの日用雑貨も、折半していなければ彼氏の負担です。泊まる側がなかなか気づきにくい部分になるので、こういった部分も折半や分担を提案できると、彼氏もあなたと一緒に住むことにメリットを感じることができるでしょう。

半同棲でのNG行為

半同棲でのNG行為

その気になればすぐにはじめることも可能な半同棲ですが、彼氏の印象を下げてしまうようなNG行為もあります。考えてみると常識的なことばかりなのですが、彼氏の家で気が緩むとついついやってしまいがちになるものです。「同棲」、「半同棲」と、言葉を分けて呼ばれますが、それは恋愛的なスタンスというだけで、生活の水準としては本来同じであるべきなのです。彼氏の前でやってしまうと悪印象を持たれる、半同棲のNG行為もご紹介いたします。

家事を押しつける

自分が住んでいる家じゃないから、ついつい日常の家事や雑務も彼氏に任せてしまいがちですが、これは男性から見ると最悪です。洗い物やゴミ出し、風呂、トイレ掃除、洗濯などなど……。相手の家だから、で彼氏に任せていると彼氏の負担は単純に二倍になりますね。彼氏がこうした家事をこなしているのに、あなたはずっと寝転んでテレビを観ている。こんな姿を見ると彼氏はうんざしてしまいますので、逆にこういったタイミングで、しっかり協力する姿勢を見せて、彼氏にも家庭的な部分をアピールすることをおすすめします。

相手のモノを私物化する

半同棲していると、もちろん部屋には彼氏のモノ、あなたのモノがあるわけですが、許可もなく勝手に彼氏のモノを私物化してしまうのもおすすめできません。「自由に使っていいよ」と言われていない限りは、それは彼氏の持ち物です。また、彼氏が仕事などで家に一人でいると、ついついクローゼットや引き出しの中、パソコンなどを覗きたくなってしまうものですが、これも立派なプライバシーの侵害、勝手に見たことを知られてしまうと彼氏も気分はよくないはず。相手の気持ちになるとすぐわかることも、半同棲という響きで浮かれていると忘れがちになるのでご注意を。

相手の予定を考えない

半同棲でカップル間のすれ違いを生みやすいのがスケジュールに対する考え方の相違です。半同棲の最大のメリットは、一緒に住みつつもお互いに帰る帰らないは自由という点。合鍵をもって気軽に訪問できたとしても、彼氏の予定を考えない行動は絶対に避けましょう。彼氏にも彼氏の生活があります、仕事や飲み会で帰りが遅い日もあります、そんな時に彼氏が帰ってこないから拗ねたり、冷たい行動をとってしまうと、一気にめんどくさい女になってしまうのでご注意。息の詰まる半同棲は長続きしないものです。

自分の部屋と思い込む

半同棲で彼氏が最も嫌がるのがこれ、彼氏の部屋を自分の部屋だと思い込んでしまうこと。わかりやすい例でいうと、彼氏の許可もなく、あなたの友達を家に呼んでしまうなど、彼氏の部屋を私物化する行為がこれに当たります。半同棲という状態は、あくまでも相手の部屋に住まわせてもらっている状態ということを覚えておきましょう。自分の部屋のように自分勝手にふるまっていると、彼氏も愛想を尽かしてしまうかもしれません。

半同棲は中途半端になりがち

同棲しているカップルに比べて、半同棲のカップルはその気軽さゆえどうしても中途半端になりがちです。気軽にはじめることができるからと言って勢いだけで相手の家に住みはじめるのはおすすめしません、中途半端な同棲生活というのはいわばダムの中に空いた小さな穴のようなもの。ラブラブな期間が過ぎると少しずつ生活が決壊していく場合もありますので、半同棲といえど、お互いの生活のキモになる部分はしっかり話し合った上で進めていければベストです。

人気のキーワード

KEYWORD

彼氏持ちの人気記事ランキング

CATEGORY RANKING

今月の人気記事ランキング

RANKING
ページトップへ